FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】Once Upon a Time ...

この作品は2018年のエイプリルフール企画です。念のため。

今日の小説は、西部劇ものです。先日テレビで「ウェスタン(原題:C'era una volta il West、英題:Once Upon a Time in the West)」を観まして、ちょっとああいうのを書いてみたいなあと思ってしまったわけです。といっても、知識が足りないので、それっぽく、短めに……。



Once Upon a Time ...

 乾ききった風が、赤茶けた粉塵を撒き散らしながら通っていった。回転草タンブルウィードが虚しく転がっていく。見渡す限りの荒野を、一頭の馬がけだるい足取りで進んできた。

 風は、いっそう無情に吹く。馬上の男は口許に咥えている小枝をぷっと吹き出した。それは土埃や他の小枝とともに、カラカラと音を立てて荒野へと消えて行った。

ウェスタン

 灼熱の日差しがようやく遮られた。ぽつんと立つ酒場だ。あるいはここなら……。男は、カウボーイハットの下から、そのハシバミ色の瞳を見せて看板を見上げた。そっと腰の辺りに手を伸ばす。彼の愛用のガンは、きちんとホルダーに収まっていて、早撃ちの瞬間を待っているようだった。

 外からでも中の騒がしさを聴き取ることができた。この辺りでは唯一の酒場だ。この様子では、荒くれ者も多いだろう。

酒場

「悪いが、少し待っていてくれ」
彼は愛馬に低い声で話しかけると、柵に繋いだ。そしてスイング・ドアを押して、暗い店内に入って行った。

 客たちの注目が一度に彼に集まった。よそ者を歓迎するつもりはないらしい。古い木の床はミシッと不必要に大きい音を立てた。男たちはざわつく。

 彼は、まっすぐにバーへと進んだ。小柄で険しい目つきの店主がじっと彼を見つめる。バーに立っているがたいの大きい男の前にグラスを置くと、ジロリと彼を眺めた。
「注文はなんだ」

酒場の男

 彼は臆せずにしっかりと店主を見つめて言った。
「ミルクをもらおうか」

 店内が騒ついた。
「聞いたか」
「なんて注文だ」

 隣に立っていた男が、あからさまに振り向く。男は、これからいつもの侮蔑が始まるのかと身構えて男を睨み返した。

酒場

「あんた、よそ者だな」
「そうだが。それが何か」

「この店ではそんな注文はご法度だ」

 彼はムッとした。
「ノンアルコールを飲んで何が悪い」

「そうじゃねえよ」
荒くれ者たちが近寄ってきた。酒場に緊張が走る。

「ちゃんと種類とフレーバーを言わないとさ」
「そうそう。ミルクだけじゃ、どの家畜の乳かわかんないでしょ」

「え?」
男は隣の男の手許にあるグラスに初めて眼を向けた。

「これは、北海道の三歳の雌から絞ったジャージー牛乳に、とよのか苺を混ぜたイチゴミルク」
「しぼりたてのヤギの乳のストレートも、けっこういけるよ」
「おやっさんも忙しいんだから、ちゃんと事前リサーチして、注文方法を覚えてくれないとさ」

 店の奥から、次々と新しい注文が聞こえた。
「おやっさん。『白雪姫と七人の小人のときめきハンバーグセット』をひとつ!」
「俺は『やさしい人魚姫に捧げるエビドリア』!」

 なんだよ、この奇妙な店は! 男は、後ずさりをしてスイング・ドアから転がり出ると、愛馬に跨って這々の体で逃げ出して行った。

「あれ、なんで行っちゃったんだろう。こんなに感じのいい店って、滅多にないのに。よそ者って店の選り好みがうるさすぎるよね」
「ま、いいじゃん。この先80マイルくらい行けば、しょっちゅう喧嘩している、荒れた酒場にたどり着くだろうし」

 立派な体格をした荒くれ者のような街の男たちは、おやっさんの作るファンシーな食事とこの辺りの酒場ではなかなか味わえない特製ドリンクを楽しみつつ、仲良く午後を過ごした。


(初出:2018年4月 書き下ろし)

追記


というわけで、今年のエイプリルフール用の掌編小説でした。毎年のことで、もうだまされる人もいないと思うので、だまそうというつもりも全くなく……。単純に、西部劇のお約束『ミルクをもらおうか』『ミルクだと、笑わせんじゃねぇ』で遊んでみたかったんです。
関連記事 (Category: 読み切り小説)
  0 trackback
Category : 読み切り小説
Tag : 小説 読み切り小説 エイプリルフール

Comment

says...
ああ~~~、またやられた。
さっきまで「今日はエイプリルフールか~」なんて思ってたのに。
毎年夕さんが何か仕掛けて来るっていうのを、すっかり失念していました。

「お!今回は珍しく西部劇か」と、気を引き締めながら読んだら……。
とんでもなくファンシー劇場でしたww
でもすごく面白かった(笑)
こんな騙しならいつでもOKです(´▽`*)

いやあ、夕さんも凄いけど、学習しない自分もほんと、凄い( ;∀;) 
2018.04.01 00:44 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
夕さん、こんばんぽ(*´∀`*)ノんです♪

最初、西部劇と聞いて夕さんもこのような作品も手がけられるのかとくいつきましたよ(笑)
ほら、うちにも一応ウェスタンみたいな奴が一人いるでしょヽ(´▽`)/
最初の緊張感があって写真もどこから手に入れられたのかわかりませんがよく合ってました。
そこでですよ「ミルク」で僕も一度は吹き出してしまいましたがおそらくここから喧嘩になっておっぱじめる流れだろうなと思いきや話がそれてるぞ?みたいな感じになって。
早い話、騙されました(笑)
正直、ちょっと期待していましたのでものの見事にやられましたよ♪
そうか~エイプリルフールでしたね~
こちらでは桜が咲いております。
辛気臭い日本でも桜と女性だけは世界一の美しさだと僕は誇りに思いますです(*^^)v
2018.04.01 10:09 | URL | #- [edit]
says...
ぷぷぷ^^ かわいいかわいい^^
そうそう。ミルク…だけじゃわかんないよね。フレーバーは大事です。
けど、ウエスタンから北海道ミルクぅ~~^^
一気に世界観が分からなくなりました(笑)
オッサンたちの笑い声が勝手に響き、うるさいったらないっ^^
楽しかったです!
2018.04.01 11:31 | URL | #- [edit]
says...
「注文はなんだ」
 彼は臆せずにしっかりと店主を見つめて言った。
「バーボンをもらおうか」
 店内が騒ついた。
「聞いたか」
「なんて注文だ」
 椅子に座ってリラックスしていた男が、あからさまに振り向く。男は言いがかりに身構えて男を睨み返した。
「あんた、よそ者だな」
「そうだが。それが何か」
「この店ではそんな注文はご法度だ」
「だったら何を注文すればいいんだ?」
「ミルクに決ってんだろーが。男なら腰に手を当て上斜め四十五度、一気に飲み干せ新鮮ミルク!!知ってるか?此処は銭湯って所なんだぜ。」

 失礼しました
2018.04.01 14:51 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
しまった、昨日まではちゃんと意識していたのに、肝心の今日になってすっかり忘れていた。
お、今日もなんかアップされてるって、途中までマジ読みしてましたよ。
というか、ラストまで読んでも、普通に面白いギャグ小説でした。

そうですよね。最近は食品トレーサビリティというか、産地や生産者の情報って大事ですよね。そういう意味では、この店、店主も客も、最先端を行っているじゃないですか。

そうそう、知ってました? いちごミルクは、日本の新潟が発祥なんですよ。
8世紀頃、越後国から朝廷に献上された牛乳を、野苺とともに滋養強壮の薬として食べたものを「越後みるく」と呼んだのが、はじまりなのだそうです……(4/1限定コメ)


すみません、他人様のブログで遊んでしまいました(めずらしく反省)
2018.04.01 14:54 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

あ、忘れていてくださいましたか!
今年は、もう誰も騙されてくれないだろうなって思いながら用意していたので、ちょっと嬉しいなー。

西部劇も時代劇と同じで、「ここからこうなる」的なお約束があるので、そこから遊んでみました。
荒くれ者の男たちばっかりの西部でも、ひとつくらいこういうファンシーなお店に集う人たちがいてもいいかなーって。
関係ないですけれど、ファンシーなお店で注文するのって、ハードボイルドな人にはハードル高いでしょうね。

また来年も、頑張って何かやろうと思います!
楽しんでいただき、ありがとうございました。

2018.04.01 17:41 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あははは。
写真はですね。著作権的に改変もオーケー、書かなくてもオーケーってやつを探して、全部モノトーンにしました。
文字だけよりも、その世界っぽくなるかなと思って。

そうなんですよ。
西部劇のお約束で「ミルクだとぉ、ママのおっ●いでも飲んでやがれ」からなぜか意味不明に喧嘩になるってのがあるんですけれど、そこからの発想です。

一瞬でも騙されていただけたなら嬉しいなー。
エイプリルフールは、ブログ開設から欠かさず何かをやっているので、最近はネタに苦労しています。

今日は、イースターでもあるので、義母を招いてフルコースを作ったので一日それで終わりました。
桜はまだまだだなあ。
日本の桜の写真でお花見しています。本当に綺麗ですよねー。
綺麗な女性もいっぱいですか? そっちも眼福ですねー。

コメントありがとうございました。
2018.04.01 17:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうですよね。
今は、単なるミルクだけでなく、ソイミルクとか、高い牛乳とか、いろいろフレーバーもあるし。
筋肉ムキムキの男たちが、みんなで
「僕は夕張メロン味」
「新発売のココナツマンゴー、試した?」とワイワイやっていたら
かなり平和だと思いません?

おっさんワールドを楽しんでいただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2018.04.01 17:51 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはははは。
先頭といったらミルクですよね。
あ、今はないのかもしれませんど「パンピー」ってのは邪道?

どういうわけか、腰に手を当てて飲まなくちゃいけない、というのがおかしかったなあ。
あ、でも、私、実物一度も見たことないんですけれど。

楽しかったです。
コメントありがとうございました。
2018.04.01 17:53 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

わーい。一瞬でも騙されてくださったのは嬉しいなー。
普段量産しているので、突然、連載と関係ないのがアップされていてもわかりにくいのはラッキーかも。

実際の西部は知りませんけれど、日本だったらかなり田舎でも、こうやって企業努力で差別化を図っているお店はありそうですよね。
まあ、荒くれ者は日本だと絶滅危機みたいですけれど。

「越後みるく」って、私が書く前にATOKが学習しちゃったんですけれど!!
これから越後と書くたびに越後みるくが第一候補に……。
TOM−Fさんのせいだ(笑)

反省せずにまた遊んでください。

コメントありがとうございました。
2018.04.01 17:59 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
わたしも普通にだまされました!
今回は相当意識して挑んだんですけれど、冒頭で「おや、今日は水曜日じゃないけど小説があるのか〜」なんて思いましたから。
って後半からどんどん壊れてきてる〜
最初は、正当派ハードボイルドな西部劇だと思っていたのに、
変な方向にミルクで絡まれてる(笑)
この酒場、相当通ですよ。
わたしも◯◯牧場的なところにいくと必ず牛乳とかプリンとか買うくらい
乳製品好きなのでこの酒場ちょっと行ってみたいなと思ったり。
そうですね、わたしは阿蘇の濃厚ミルクとかのんでみたいですね。
(ってあるかな?)
2018.04.02 02:19 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

うおう。一瞬でも騙されていただくと、やり甲斐があります。
ない脳みそを、絞って考えますし(笑)

せっかくのギャグ小説だから、ちょっとしょーもない方へと壊れたりして。
日本だと、ハードボイルドな方って、ハードボイルドなものしか召し上がらない感じですけれど、こっちだと「甘いものを食うと酒がまずくなる」などとは言わずに「どっちもOK!」な方が多く、イメージはしやすかったかも。
でも、日本みたいに「大の大人が注文するのはちょっと勇氣がいる」みたいなネーミングのメニューがあるお店ってあまりないんですよ。
だから、そういう注文もさせてみたかったし。

実を言うと、平均的スイス人って、平均的日本人のように舌が肥えていないように思うんです。
だから「●●牧場の美味しい牛乳」みたいな味はわかんないんじゃないかなあと思ったりも。
日本の美味しい乳製品って、本当にレベルが高いですよね。
ちなみにミルクプリンって何であんなに美味しいんでしょうね。

この店はファンシーな上にグルメなおやっさんがこだわっているので「阿蘇の濃厚ミルク」もあるかも!
って、私が飲んでみたいです。それ。

コメントありがとうございました。
2018.04.02 17:24 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
スタバ以上に注文の難易度が高そう

西部劇らしき小説を読んだばかりなので
私は「トイストーリーの冒険カレー」にします
ってこれは子供向けかな…
2018.04.03 13:31 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ああ、そういえば、スタバもちょっと難易度高いですよね。
それに「ラーメン●郎」みたいに、ちゃんと注文できないと客なのに罵倒される、みたいな店もあるみたいですし。

おお、「トイストーリーの冒険カレー」いい感じです。
甘口カレーっぽい?

コメントありがとうございました。
2018.04.03 20:00 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ふ。
やはりミルクですね。
しぼりたての濃厚ミルクにかける砂糖は格別においしい!!
・・・って違うか。。。
2018.04.06 12:49 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

ええ!
ミルクに砂糖入れて飲まれるのですね。
それは新鮮な飲み方です。
私はストレートかも。
イチゴミルクやカフェオレは砂糖加えるのだから
ミルクに砂糖加えるのもいいかも。

コメントありがとうございました。
2018.04.07 08:43 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1553-270a2bda