FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

トラブル転じて福となった話

昨夜、無事にスイスに帰ってきました。今回は、いつもより暖かくなったらと期待して四月に行ったのに雨だらけで、『四月にした意味ないぞ』ということになりましたが、七回目のポルトで「見たかったのに見られなかった」というものもそんなにあるわけではなく、雨の時はカフェでまったりとして、したければ買い物でもしてという楽しみ方をしていました。

そしてですね。近いうちにまた別記事で書くと思いますが、今年は途中でシントラへ泊まりに行き、またポルトに戻ってきていつもの「Hotel Infante Sagres」ホテルで豪華に三泊を予定していたんですけれど、とんでもないことが起こっていました。

なんと改装工事が私たちが泊まるまでに終わらなくなってしまったのです。さすがポルトガル(笑)

そこで路頭に迷ったら笑ってはいられませんでしたが、さすがにあそこまでのホテルともなるとそんなことはせず、同系列のホテルにそのまま泊まらせてくれてました。そのホテルというのが、私では到底泊まれっこない五つ星デラックスホテルだったのです。

The Yeatman

このホテルは、「The Yeatman」といって、ドウロ河を挟んだガイア側にありポルトを望むロケーションにあります。ワインツーリズムだのミシュランだのでたくさん「最高のホテル」評価や「ホテル・オブ・ザ・イヤー」などを受賞しまくっているだけのことはあって、綺麗なだけでなくサービスもいいし食事も美味しかったです。

で、「Hotel Infante Sagres」だけでも、私には少し背伸びをした金額なので、支払いまでドキドキしていたのですけれど、ちゃんと元の値段で泊まらせてくれました。「ごめんなさい」の意味もかねてなのか、部屋のアップグレードまでしてくれたんですけれど、それを普通に予約するとどのくらいかかるのか確認したら、三泊で1000ユーロ余計にかかる部屋でした……。

The Yeatman

「Hotel Infante Sagres」でも、毎年ウェルカムドリンクでポートワインはいただくんですけれど、こちらは部屋にボトル付き。ウェルカムドリンクは別にいただけるという徹底ぶりでした。ミネラルウォーターも毎日取り替えてくれるし、しかもこれは無料でした。

というわけで、天候の悪い時に美しいホテルの中でゴージャスな時間をのんびりと過ごすという、ものすごい贅沢をしてしまいました。

関連記事 (Category: 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内)
  0 trackback
Category : 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内

Comment

says...
夕さん、こんばんぽ(*´∀`*)ノんです♪

これはラッキーでいいのかな?(笑)
でもすごいラッキーでしたねヽ(´▽`)/
さすがヨーロッパは全てに関してお洒落です。
プールも光っていますし。
やはり建造物が美しいですよね。
でも日本も負けていなくて桜とか女性は一番だと思いますですヽ(´▽`)/
僕も今日は少しラッキーな事がありましてパン屋でカットピザを買ったのですがいつもよりカットが少なめと言うことで出来たてのカレーパンを一つサービスして下さったのです!!
前も何かとサービスして下さるのであのおばあちゃん自分に気があるかもです(笑)
ちょっと夕さんと次元は違いますがそんな感じのラッキーでしょうかね?

それとダメ子さんところの横槍で申し訳ないのですがストロングゼロ。
あれはですね、チューハイでアルコールが9%もあるのです。
普通の缶ビールが5%、缶ハイボールが7%です。
ジュースみたいに飲んでしまうのでかなり悪酔いして危険なのですΣ(゚д゚lll)
ジュースみたいに飲めちゃうので女性がよく飲むイメージのお酒ですね。
かえって危険なので日本酒やウイスキーをチビチビやってる方がまだましかなと。
宣伝ではないですがこちらが商品ですヽ(´▽`)/

https://www.suntory.co.jp/rtd/196/product.html

つまらない情報ですが興味ありましたらまた夕さんの創作に活かしてくださいましヽ(´▽`)/
2018.04.15 06:40 | URL | #- [edit]
says...
これはメチャクチャラッキーでしたね。
しかも写真によると部屋からリベイラ地区と一世橋が見えてるじゃないですか~。
最高ですね。
若干曇り空なのに、あのプールの青さとしたら、まるで晴天の風景のようです。
夜景もまた素晴らしい。
サービスも最高だったようで、やっぱり普段の行いのせいでしょうか?
人生こんな事もないと駄目ですよね。
シントラへも行かれたようで、サキも行ってますので、また感想をお聞かせくださいネ。
2018.04.15 10:51 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんにちは。

ラッキーでしたね。
いつもホテルを去る時には「また泊まりに来ますね」っていうんですが、ここはきっと無理(笑)
格下の客にも全く変わらない扱いをしてくれて嬉しかったです。
チップはいつもよりはずみましたけれど、標準よりもずっと足りなくてあきれられていたかもな。

できたてカレーパンのサービスもラッキーですよ!
たらこさん、熟女にもてるのは人徳ですよ!
チョイスがカレーパンであるところに、ご婦人の本氣を感じます。もう、ウーマナイザーには参るな!

そして、ブログを超えてストロングゼロの解説、ありがとうございます!
そうか、ビールよりも軽い感じの顔をして、実はとっても危険なドリンクなのですね。
女子会で飲ませると、いろいろと本音が絞り出されてしまう、そして、男に飲まされるともっとデンジャラスなことになるかもしれないのですね。危ない危ない。日本に行ったら注意せねば。

連れ合いは日本のウイスキーに煩悩しているので、帰国時には免税ギリギリまでウイスキーを買わされるのです。持ち帰りは難しいから、滞在中にちょっとだけ飲んでみようかな。

勉強になります!

コメントありがとうございました。
2018.04.15 14:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

そうなんですよ。
メイコの家に向かう黄色い線(笑)でGeneral Torresで降りたすぐのところにあります。
部屋の近くから外に出ると、Taylor'sのカーブがあって数分でガイアの河岸です。

写真は部屋のバルコニーから撮ったものでこの景色を見ながらくつろげる、またとない贅沢でした。
人生の節目節目で時々こんなラッキーがあります。
今回のラッキーは、神様からの贈り物であると同時に、おそらく六年間忠実に予約し続けたからかなとも思っています。
最終日は連れ合いの誕生日だったのですが、朝食にケーキまでつけてくださいましたよ!

シントラも行かれたんですね。
追々記事にしますね。
サキさんの感想も聞きたいです。

コメントありがとうございました。
2018.04.15 14:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さんとサキさん、本当にニアミスだったのですね。そして今年はけっこう雨が降っていたのですね。
そうそう、旅行の時に雨が降っていると、予定を変更しなければならなかったりして、ちょっと残念って気もするのですが(って、私が山の中に入っていくからだけど)、思わぬゆっくりタイムになったり、意外な発見があったりして、後になって思ったら、土砂降りの中、そこにいた思い出が強烈だったりして、忘れられない時間になることも。
しかも今回、雨を十分に活かした?というのか、否応なしにホテルライフを充実させる結果になったんですね。考えてみれば、晴れていたらホテルよりも出かけちゃうことが多くなるから、これは設えたような状況でしたね。さぁ、5ッ星だよ、ホテルでゆっくりしなさい、という天の声が?

とは言え、もう7日目のポルトとなると、観光ってこともあまりないでしょうし、もうほぼ日常? 雨も晴れも関係ないかぁ~。もう何十年か前の私のローマがそんな感じでした。あ、さすがに7回も毎年って設定はありませんでしたが、観光と言うよりも、ただ歩き回っているだけみたいな滞在になっていました。
これ、いつも同じホテルにってのがミソですよね。向こうの人にとっても、お帰りって感じなんだろうなぁ。最近、東京でも定宿を決めているので、そうすると、ホテルの人が同じ人かどうかは分からないけれど、会話の中に「いつも感」が混じるようになるんですよね。ちょっと気分がよかったりして。
でも、今回はきっと、そのいつも感が、「いやいやいや、そこまでしてくれなくても~」なサービスに繋がったわけで、ほんとラッキーとハッピーの溢れる時間でしたね。心もリフレッシュされたことでしょう(*^_^*)
はぁ~、いいなぁ、旅。
2018.04.15 17:16 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

まさにニアミスで、サキさんが戻ってきた翌日に私が発ったんですよね。
サキさんの時もそうだったみたいですが、今年のポルトガルの春は雨だらけでした。昨日から回復しているらしいですが(笑)

天候が悪いとどうしようもない旅先ってありますよね。例えばスイスはかなりそういう部分が多いんです。
でも、都会だとそれなりにやることがあるので、まあ、「行かなきゃよかった」ということにはなりませんよね。
特に今回は、おっしゃる通り雨だからせっかくのホテルをたくさん楽しめた面もあって、これでよかったのかもって思いました。
ホテルなんて寝るだけだし安ければ安い程いいって方もいらっしゃいますが、やはり高級ホテルって素晴らしいと思います。
とはいえ、自腹では泊まりたいと思えるプライスではないので、このホテルは最初で最後かなあ……。

雨だとなんだかなあなのは、写真だと思うんですよ。せっかくのポルト、どんよりの写真だけだともったいないとおもうのですが、私はもうかなりたくさん写真を撮りまくっているので、その残念さもなく。

さて、通って便利になるのが、地理感が身につくところですよね。
ポルトの地形やどこに何があるか、あそこに行くにはどの交通機関を使ってどこで乗り換えるべきかなんてことが全部頭に入っているので便利です。連れ合いと別れて回る時も「何時にあそこで」なんて具合に話も決めやすいですし。

それに、あちこちに「ああ、いつものあの人!」とわかってくれる人が毎年どんどん増えていて、今年もお宅に招待されたりしてそういう楽しみが増えましたね。そこのうちの男の子がもう三歳で駆け回っているといました。今年は少しポルトガル語で交流できたし。(三歳児とだとちょうどいい)

思い切りリフレッシュしてきました。明日から真面目に働きます。

コメントありがとうございました。
2018.04.15 20:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
五つ星デラックスホテル!
よくわからないけどかなりすごそう
すごいラッキーですね
セレブ気分になれましたか?

それにしても1000ユーロ…13万円?
工事の人は賠償金を取られたりしないのか心配です…
2018.04.16 14:21 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

もちろんセレブごっこしてきましたよー!
こういうホテルだと、何かとチップを渡さなくちゃいけないので、ドキドキしました。
でも、貧乏くさいので、ポートワインは飲まずに持ち帰ってきました。

これねー。どうやらシーズンオフでエグゼクティブルームの予約がなかったのでそこにアップグレードしてくれたみたいです。
そうでなくても800ユーロは、もともとの値段よりも高かった模様。
予約していたのが私たちだけということはなかったでしょうから、どのくらいの損害になっているんでしょうね。
工事会社がかぶるのかなあ。多分うやむやになるんじゃ。
横を通ったら、まだのんびりと工事していましたよ。延期後の月曜日のオープンに間に合ったのかなあ。

コメントありがとうございました。
2018.04.16 21:50 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ああ、確かにそういう話聞きますね。
同じ系列のところで泊まれるけど。
グレードアップするという話。
まあ、当たり前ですけどグレードが下がったら
「どうなっとんじゃあ!!」
<(`^´)>
って、クレームものになりますからね(笑)。
良かったですね。
2018.04.22 14:19 | URL | #- [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

まあ、「予約したホテルの改装が終わらなかった」なんて事態はそうそう起こるとは思いませんが
例えばダブルブッキングなどの事情で泊まれなかった時などには、そういうこともあるでしょうね。

これだけグレードアップしてもらえたら
文句はまったく言わないですよね。

ラッキーだったと思います。

コメントありがとうございました。

2018.04.22 18:17 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1561-364c9cbe