FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

今年もサン・ジョアン祭に行けないけれど

さて、6月23日です。せっかく夏至関連の話を書いたばかりですし、サン・ジョアン祭のことを書いておこうと思います。

サン・ジョアン祭の風船

私が大好きで毎年通っているポルトで一番大きな祭りがサン・ジョアン祭です。サン・ジョアンとは日本語でいうと「洗礼者ヨハネ」のこと。キリスト教ではとても大切な聖者ですが、日本だとサロメの逸話が一番知られているかもしれませんね。先日発表した小説でも触れましたが、6月24日の「聖ヨハネの祝日」にヨーロッパ各地で大きな祭りが開催されるのは、洗礼者ヨハネが重要な聖者ということもありますが、やはりキリスト教以前に祝われていた夏至祭の影響が強いのでしょう。

サン・ジョアンの祝日の前夜祭は、私の小説でも何度か書いています。「Infante 323 黄金の枷」本編でも、主人公たちのデートに使いましたし、外伝でも書いています。だから、一度は行きたいなと思っているのですが、まだ実現していません。今年行こうと思っていたのですけれど、実は母が三月にポルトに来るかもという話があって、実際は来られなかったのですが、この祭を訪れるのは別の年にしたのです。結局、母はポルトガルを見ずじまいになってしまいました。残念。

ポルトガルのバジル

サン・ジョアンの前夜祭で大事な役目を果たすのが、バジルとイワシの塩焼き。今年は、そのバジルの種を買ってきて自宅で栽培しました。ほら、こんな風に育ちましたよ。スイスにももちろん普通のバジルはいくらでも売っているのですけれど、このバジルは葉がとても小さくてその分くせが少ないのです。香りはそのままに、苦みが少ないのですね。

サン・ジョアン祭の風船

こちらは、紙風船を飛ばす時の、やり方。昨年の三月に、向こうで友達になって自宅に招いてくれたミゲルが季節外れだけれど飛ばしてみてくれたのでした。やはり一度は本番を見たいですね。

なんとなく、日本の灯籠流しにも近いものがあって、夏の趣があります。実は、これと同じ風船をいただいてきたのですけれど、やはり火事が怖いので私は飛ばせないので、ランプ的に使えないかななんて考えています。


「Infante 323 黄金の枷」「Infante 323 黄金の枷」をはじめから読む
あらすじと登場人物

小説・黄金の枷 外伝
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
あ、あの23とマイアのデートのお祭りですね。
確かイワシを焼く匂いが漂っていた・・・。
紙風船もそうでしたが、ニンニクの花やピコピコハンマーも確か・・・。
見てみたいですが、町中が大騒ぎなんだろうなぁ。
サキにはちょっとキツいかも・・・。
夕さん、是非体験してきてください。

紙風船は台湾のお祭りでも同じものを見たような気がします。
こっちはお盆だったかな?テレビで見たと思うのですが、かなり記憶が曖昧です。
人間の考える事って、遠く離れていても同じようになることがあるんですね。
まさかポルトガルから伝来したとか?

あ、ミゲルさんって、ミクのおじいさんと同じ名前だ。
2018.06.24 13:29 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

そうです。あの「来るのか、来ないのか」でヤキモキしたお祭りです。
一年くらい前から予約しないとホテルとれないらしいです。
それも朝まで騒ぐのがお約束らしいので、多分ホテルが取れても安眠できません(笑)
いつも年が代わってから予約するので、全然行けた試しなし。
でも、いずれは一度くらい行ってみたいです。

紙風船は、あちこちであるみたいですよ。
もともとはどこの風習なのか、実は知りません。
「黄金の枷」は現代物なので、検証していないんです。
ただ、そんなに古いものではないような。

ミクのおじいさんもミゲルでしたっけ。
とても多い名前ですからね。
マティルダと結婚した同僚のミゲルは、この友人から名前もらったんです。
ほかにも知り合いからつけた名前結構ありますね。

マイアだけは地名ですけれど。

コメントありがとうございました。
2018.06.24 14:58 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夏至を境にライトエルフの季節が来る。それを祝って一晩中の大騒ぎ。北部ヨーロッパの夏の始まりですな。
2018.06.24 15:10 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですか?
なんかの作品で、そういう設定?

メイポールを立てる祭りと、夏至祭りって、一ヶ月くらいのタイムラグがあるんですけれど、どうも民俗的にごっちゃにして祝っている感がありますね。どっちにしても「●●を祝ってどんちゃん騒ぎ」は、全世界でのお約束でしたね。

で、今の我々からしてみると、そろそろ学校が夏休みになるので、子供たちのお世話に共働きの親たちが頭を悩ます季節、みたいです。これもライトエルフみたいなもん?

コメントありがとうございました。
2018.06.24 20:37 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1582-0df1dc71