FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

パブが美味しかった話

さて、たった四日間の英国旅行、続きです。

ロンドンのパブにて

これまで出来なかったことが、ある日突然出来るようになることって、ありませんか? 

たとえば、日本で最初にバーのカウンターで普通に注文できるようになったのは30歳になってからでした。金沢旅行中にホテルのバーで和服のママに接客してもらったんですが、あれが出来れば他のバーなんて楽勝だろうと、それから一人でバーに入って注文も出来るようになりました。よく考えたら、仕事でそれより前に銀座のバーにも行っていてそこでウーロン茶を飲んだりはしていたから、ビビる必要なんかなかったんですけれど。

ヨーロッパでも、スイスやイタリアのバーに入って、ワインを一杯頼み、つまみを食べるくらいのことは移住してわりとすぐに全然問題なく出来るようになっていましたが、なぜかイギリスのパブには怖くて入れなかったのですよね。

で、前回、頑張って入ってみたんですが、誰も注文を取ってくれないし、一人で場違いみたいだし、尻尾を巻いて退散した苦い思い出がありました。

でも、今回は、取材です。パブのシーンがあるんです。中の描写をするためにもやはり入りたいなあと思っていました。で、そう思って入ると、そんなに怖くないんですよ。変だな。

そして、ようやく理解しました。パブって、カウンターで注文しないといけないシステムなんですね。そりゃ席で待っていても注文取りに来ないわ……。

それに、イギリスのパブってビール以外を頼むと怒られそうなイメージがありましたが、もちろんそんなことはなく、ワインを普通に頼めました。あ、私、ビールが苦手なんですよ。

ロンドンのパブにて

さて、驚いたのは、パブの料理が美味しかったことです。イギリスでは美味しいものは食べられないと覚悟していった、なめきった観光客の私ですが、どうしてどうして、入った二つのパブ、料理が美味しいと評判の所ではあったのですが、本当に美味しかったです。

写真はどちらもロンドンのヴィクトリア駅の近くにある「The St George's Tavern」です。このトマトのパイ、本当に美味しかったんです。お腹すいていなかったので、前菜にあるこれだけ食べたんですけれど、もちろん嫌な顔もされず、感じのいいパブでしたよ。
関連記事 (Category: 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内)
  0 trackback
Category : 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内

Comment

says...
 イギリス料理だって美味しいですよ。例えばフィッシュアンドチップスとか、フィッシュアンドチップスとか、フィッシュアンドチップスとか、フィッシュアンドチップスとか、フィッシュアンドチップスとか、フィッシュアンドチップスとか・・・。すみません、嘘言いました。



 と今回もいぢられるイギリス料理でした。
2019.03.24 01:14 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
 イギリス料理だって美味しいですよ。きゅうりだけはさまっているサンドとか…
ロシア人がやっているカスピ海料理が一番美味しかったなぁーーー イギリスでは。
イギリスの料理まずい認識は 世界共通だよなぁ。

2019.03.24 11:14 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

あはははは、じつは今回もフィッシュ&チップス食べ損ねちゃいました。美味しかった二つのパブ、どちらも「フィッシュ&チップスが美味しい」って評判の所だったんですけれど、食べきれる自信がなくって。いつか一人でない時に試してみたいです(笑)

まあ、ハングリーだった学生の頃にあれほど美味しいと思った「イングリッシュ・ブレックファースト」は「うーん。まあ、抜いてもいいか」に変わってしまう程度には舌が肥えたようです。でも、四年前にウルトラ高いホテルでご馳走になった「アフタヌーン・ティー」はとてもとてもとても美味しかったですよ。うん。

コメントありがとうございました。
2019.03.24 20:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、キュウリのサンドイッチ、確かに美味しい。今度作ろうっと。
スコーンとか、紅茶も美味しいです。ええ。

あ、ロシア料理やイタリア料理も美味しいですよね。あとギリシャ料理も。
今回は、一度も中華料理などのあからさまな他国の料理は食べなかったのですが、
トマトのパイはもともとイタリア料理かも。
好みの問題だと思いますが、キドニーパイなどは、どうやって調理しても美味しいと思えないのですよ、私。

あと、つい KFCには入ってしまったなあ。
スイスではなかなか食べられないので。

コメントありがとうございました。
2019.03.24 20:24 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
お店の人を呼び止めて注文するのって緊張しますよね
あっ…あの…ってなってしまって…
特にそれが大人っぽくて場違いなところだったりしたら…あうっ
でもおいしいものが食べれるなら…やっぱり無理そう
2019.03.25 10:44 | URL | #- [edit]
says...
夕さん、こんばんはです(^○^)

イギリスのパブってお料理も美味しいのですね。
日本のバー及びパブでは店にもよりますが大体がお酒メインで楽しむ感じで食べ物はおつまみのスナックくらいしか注文しない感じかな。
僕とかは逆でバーでビールは注文しにくくカクテルとかウィスキーとかたのみます。
一度、感動するくらい美味しいウィスキーを飲んだことがありまして氷と水の割合が絶妙だったんです。
ウィスキーなのに味がまろやか。
そのバーテンダーは確か資格も持っていて賞もとってる人でした。
やはり腕がある人が入れたものはただのウィスキーでも違いました。
それと日本ではおっパブたるものもあるのですが…
いや、夕さんはお調べにならない方がいいですねw
僕も死ぬ前にはおっパブとメイド喫茶は行きたいと思ってます、はい\(^-^)/
2019.03.25 18:52 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

システムがわかっていれば、そんなに難しいことじゃないのでしょうけれど
最初はやはり緊張しますねー。

日本でも難しいラーメン屋にいくのは敷居が高いし……。

美味しさは期待していなかったパブでしたが、めっちゃ美味しかったです。

コメントありがとうございました。
2019.03.25 23:19 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

イギリスのパブのどこでも料理が美味しいわけではないようです。
ま、イタリアのバーや、スペインのバルなどでも、美味しくないところはいくらでもありますしね。

「ここのお料理は美味しい!」と評判のいいところは、本当に美味しいみたいですね。
イギリス人は味覚が違うのかと思っていましたが、やはり美味しいものは美味しいらしいです。ひどい偏見(笑)

日本での「パブ」とイギリスの「パブ」は、言葉は同じでもたぶんジャンルが違うのでしょうね。
もちろんたらこさんが大好きな、下ネタ系のところは、もっと違うジャンルでしょう(笑)
これはたらこさん流ネタってことにしておきますが、きっと本音なんだろうな。
うちみたいな「今さらぶりっ子することないわな」系おばさんブログではノープロブレムですが、若い綺麗なお嬢さんのブログでそんなことを書くと取り返しがつかないくらい嫌われますよ! うひゃひゃ。

ちなみにうちの会社の日本アニメオタクの同僚は憧れの日本へ行き、メイド喫茶デビューしたそうです。しかも猫耳だったらしいです。
スイスの田舎の坊やにも先を越されましたね。

コメントありがとうございました。
2019.03.25 23:30 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
逆に。
私はカウンター以外に座ったことがないな。。。
バーとか、そういう場所では。
カウンターが酒を一番感じられるし、料理も感じられるので。
手を挙げたら、すぐに対応してくれるし。。。
そういうのが酒飲みの醍醐味です。
(●´ω`●)
2019.03.27 12:40 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ええとですね。英国のパブの問題は(私がわかっていなかったシステムですけれど)カウンターにいる人だけでなく、普通の席に座る人も自分でカウンターに行って注文しなくちゃいけなかったみたいなんですね。で、注文したものは、テーブルまで持ってきてくれるんですけれど。

ヨーロッパの他の国ではこういうシステムはないので、四年前は玉砕してしまったわけです。
これがわかったので、次回からは普通に注文できそうです。

コメントありがとうございました。
2019.03.27 20:07 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1674-3c88b50c