FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

おじさま好きのはずが……

今日は、本当にどうでもいい記事です。あらかじめ断っておきます。

昨年のオフ会で話題になったのですけれど、「どんな対象に萌える」みたいな質問に私は速攻で「おじさま!」と答えたんです。昔からの傾向なんですけれど、お目々キラキラ、お肌つやつやの美少年にはあまり興味がなく、いや、可愛いなあとは思いますけれど、恋愛対象としては「特に何も感じない」だったのです。(あ、私は誰がどんな方を恋愛対象にしていてもいっこうに問題ないのですけれど、本人としては異性以外には恋愛感情を持たないタイプです)

で、学生のころから、周りがアイドルなどにキャーキャー言っている時におじさま好みを口にしてドン引きされていました。

最近、「ああ、この人、追っかけたいぞ」(リアルじゃないですよ! あくまで心のアイドルとして)と思った芸能人は、英国のスーパーモデルのデイヴィッド・ギャンディです。服着てもこの通りダンディですが、脱いでも素晴らしい。眼福です。

David Gandy by Conor Clinch (2013) - cropped
David Gandy by Conor Clinch (2013) - cropped.jpg
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

で、あいかわらず「なんてオヤジ趣味なんだ、私」と思っていたのですけれど、実はこの方、1980年生まれです。えっと……ずっと歳下だわ。それを認識した時に、自分がものすごく痛い存在だとがっくりきました。

あ、でも、ファンは辞めませんけれど。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
おじさん好きですか?
そういえば以前書いてた作者の性別の話ですが
渋いおじさんが登場すると「作者は女性なのかな?」ってなります
枯れてるのに色っぽいおじさんだったりすると特に

私もだいぶ痛いかもだけど…
たとえ痛かったとしても心の内で思ってる分には
何だって自由なはず!///
2019.05.12 12:41 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

あ、そうですよね!
若い時に、六十代くらいの男性は、「男」だとは思っていませんでした。
今、連れ合いも含めて周りの六十代の男性と話すと
「男」ですよね〜。そんな簡単には枯れません。当たり前。

そういえば、十代の時、三十代で恋をするような女は痛いと思っていたけれど、今書いているのはそういう話だしなあ。
ま、いいんですよ、きっとこれで。

で、ダメ子さんが心の中で思っているのは、どんな?!

コメントありがとうございました。
2019.05.12 17:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おじさま、いいじゃないですか。しかもちょい悪系なら、なおいいです。
そこそこ人生経験を重ねていて、酸いも甘いも噛み分けるとまではいかなくても、傷のひとつやふたつ持っていて、それが容貌や言動に出ている。そんなところが魅力ではないかと。

この方は存じ上げませんでしたが、なんとなくイチロー選手に似ているような……。
四十歳くらいですよね。ジャケットに中折れ帽というコンサバなスタイル、英国紳士っぽくてかっこいいですねぇ。
タレントとして追うだけじゃなく、キャラのモデルにして一本書いてほしいですねぇ(ちらっ)。
2019.05.14 10:41 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

ちょい悪系、いいですよね。
本当の極悪は嫌ですけれど、いろいろな人生経験がありそうな人、しびれます。

モデル系だと、わりと中性的な男性が多くて、それはそれで見ていてきれいなのはいいんですけれど、私はあまりぐらっとこないのですよ。
どちらかというと、俳優の方が、しかもアクの強い方がぐらりとくるんですけれど、この方は立っているだけで何かドラマが感じられて、やられました。え、結局、面食いじゃないかって? その通りです。うむうむ。

英国紳士の装いすごく似合うのですが、ドルチェ&ガッバーナの広告でも売り上げに大貢献しているみたいですよ。
この人をフォローしたくて、インスタのアカウント作っちゃいましたorz
えっ。こういう外見の誰かさんの話を、一本書くんですか。ああ、えっと……そのうちに(笑)

イチローですか? そっか、そう思ったことはありませんが、イチロー氏も素敵な方ですよね。
生き様がウルトラかっこいいです。

コメントありがとうございました。
2019.05.14 20:55 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
あ~、わかります。
私も中高生の頃は20以上年上の俳優さんに憧れていました。
日本人なら寺尾聡。
アメリカ人はクリントイーストウッド。
ダーティーハリーが好きで好きで、小説版も読んでました。
渋くてちょい悪……いいんですよね!
そしてその中に、茶目っ気とかあったら最強。

だけど小説のキャラにしようとすると、なんか難しいんですよね。
2019.05.14 23:47 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
めっちゃカッコいい!!
全然おじさんとかじゃないですよ、きっとダンディな大人がいいんです。
落ち着いた雰囲気がいいとか、そういうことだと思いますよ。
年齢ではなく、物腰とか・・・。

私は往年のショーン・コネリーが大好きです。
年齢を重ねてなおカッコよくなるってすごいことだと思って・・・って、私の方がおじさん好みなのかな(笑)

好みの男性のタイプっておもしろいです、私もブログでお話してみようかな。
2019.05.15 04:06 | URL | #- [edit]
says...
まあ、要するにダンディなところが良いのでしょうね。
ダンディズムではないですが。。。
そういうところに憧れる男性もいるものです。
ジャニーズのようなアイドルに憧れる人がいるように、
ダンディさに憧れるアイドルもいるものですよね。
ダンディさを維持するのも大変そうだな。。。
( 一一)
2019.05.15 14:02 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ええ! 意外です。limeさんの萌え対象は昔から美少年オンリーなのだと思っていましたよ。
寺尾聡! 渋いですね。いぶし銀の魅力……当時から。
でも、憧れる感じわかります。

ちなみに私は中学生の時に藤岡弘好きを公言して同級生にドン引きされていました。
あ、でも、仮面ライダーじゃなくて、「特捜最前線」の方で(笑)

ピッチピチの十代などにはない、余裕と遊びと年輪とがいい味を醸し出すんですよね。

> だけど小説のキャラにしようとすると、なんか難しいんですよね。
あ〜、難しいですよね。
「渋い人です」とは書けなくて、その渋さをどう表現するか、その具体的なエピソードや描写で勝負するのは本当に難しいですよね。

コメントありがとうございました。
2019.05.15 19:38 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

本当にかっこいいのですよ、この方。
著作権関係なく載せられる写真がこれだけだったのですけれど、ネットで検索するともっとかっこいい写真がわんさか出てきます。

もともとは、お行儀のいい紳士よりもアントニオ・バンデラスみたいなわかりやすいラテンな男が好みだったのですけれど
この方はダンディと色氣がみごとに同居していて打ち抜かれました(笑)

ショーン・コネリーもいい歳の重ね方をしていますよね。
年齢が劣化ではなく、年輪的な意味合いを持つタイプの人。

どうぞどうぞ、是非記事で存分に語ってくださいね。

コメントありがとうございました。
2019.05.15 20:39 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

この方、ダンディな姿もよく似合うのですけれど、セクシーの方もすごいのですよ。
両方備えもつって珍しいなと思います。
ジャニーズ系のアイドルや、海外の俳優でも美少年系や美青年系もポピュラーですけれど
ああいうキラキラした存在よりも、私は眼光鋭いクセの強い男性にキャーキャーいうタイプでした。
ま、その対象が歳下になってしまったというのは、歳取ったからですよね……。

コメントありがとうございました。
2019.05.15 21:06 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1677-c98b9d10