FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

霧の彼方から あらすじと登場人物

この作品は、主にアフリカのケニア中部を舞台に、動物学者と写真家の心の交流を描いた中編小説「郷愁の丘」の続編です。

【あらすじ】
グレッグと婚約しケニアに戻ってきたジョルジアは、結婚する前に彼が青春を過ごしたイギリスを訪れる。前作でお互いが必要な存在であることを確信した二人が、婚約中に更にお互いに対する理解を深めていく。

【登場人物】

◆ジョルジア・カペッリ(Giorgia Capelli)
 ニューヨーク生まれの写真家。イタリア系移民の子。人付き合いは苦手だが、最近作風を変えて人物写真に挑戦している。

◆ヘンリー・グレゴリー(グレッグ)・スコット(Dr. Henry Gregory Scott)
 ケニア在住の動物学者。専門はシマウマの研究。撮影でケニアに来たジョルジアと出会った。ジョルジアと婚約中。

◆レベッカ・マッケンジー(Rebecca Mackenzie)
 グレッグの実母。ケニアの動物学者ジェームス・スコット博士と離婚後、グレッグを連れてイギリスに戻りマッケンジー氏と再婚した。バース在住。

◆マデリン・アトキンス(Madelyn Atkins)
 オックスフォードに住む女性。

◆レイチェル・ムーア(Dr. Rachell Moore)
 ツァボ国立公園内のマニャニに住む動物学者で象の権威。

◆マデリン(マディ)・ブラス(Madelyn Brass-Moore)
 レイチェルとジェームスの娘。夫はイタリア人のアウレリオ・ブラスで娘メグと息子エンリコの二児がいる。

◆アンジェリカ・ダ・シウバ
 ジョルジアの妹アレッサンドラと、サッカー選手レアンドロ・ダ・シウバの娘。

◆マッテオ・ダンジェロ
 本名 マッテオ・カペッリ。ジョルジアの兄。健康食品の販売で成功した実業家。

◆リチャード・アシュレイ
 ナイロビの旅行エージェント。アウレリオ・ブラスの親友。グレッグとはオックスフォード大学時代からの知り合い。

◆ウォレス・サザートン(Dr. Prof. Wallace Zachary Sotherton)
 グレッグの大学時代の指導教員チューター 。現在は、教授。

【用語解説】

◆《郷愁の丘》
 ケニア、ツァボ国立公園の近く、グレッグの住んでいる地域の名称。


この作品はフィクションです。アメリカ合衆国、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国、ケニアの実在の人物、大学、飲食店ほかいかなる団体や歴史などとも関係ありません。

【プロモーション動画】

使用環境によって、何回か再生ボタンを押すか、全画面にしないと再生できない場合があるようです。

【関連作品】

郷愁の丘「郷愁の丘」を読む
あらすじと登場人物

「ファインダーの向こうに」を読む「ファインダーの向こうに」を読む
あらすじと登場人物

「ニューヨークの異邦人たち」
「ニューヨークの異邦人たち」
関連記事 (Category: 小説・霧の彼方から)
  0 trackback
Category : 小説・霧の彼方から
Tag : 小説 連載小説

Comment

says...
キターー新作発表!
今日はエイプリールフールじゃないぞ、よし。

ロンドン・ロケハンが活かされる作品ですね。
あらすじとPVを拝見するかぎりでは、めでたしめでたし&ラブラブカップルに、もうひと悶着ありそうな予感が……。

ともあれ、連載開始、楽しみにお待ちしています。
2019.04.03 08:44 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
この2人に悶着なんてあるはずがないじゃないですか。
あったとしても2人のお互いの理解を深めるためのエッセンスみたいなものですよ・・・きっと。
ねぇ、夕さん?
やっぱりちょっと心配・・・。
登場人物にも見かけない人が見えたり・・・。

イギリスロケの成果(特にストーンヘンジ)がどのように作品に反映されているか、とても楽しみにしています。

あ、アンジェリカの紹介部分にタイプミスがありますよ。
2019.04.03 12:04 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

ええ、これはマジです(笑)
ふだんは、三月中に新作が始まるんですけれど、今年はいろいろとあってずれ込みましたね。
全く書き終わっていないので、引き延ばしていたって説も……。

ははははは。ひと悶着ってほどのものじゃなく、まあ、犬も食わないっていうか、いや、べつに喧嘩をさせるわけでもないのですけれど。
でも、ほら、婚約中カップルのラブラブ模様だけなんて、誰も読みたくないでしょう?
少なくとも私はお腹いっぱいでごめんです。

PVではばっちりロンドンが見えていますが、よく考えたらばっちりロンドンのシーンって書いていない……orz

これまで以上にいろいろとアレな仕上がりになりそうな話なのですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

コメントと激励、ありがとうございました。
2019.04.03 21:55 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

いやー、どうでしょうね。
二人の間のあれこれはともかく、全体としてサキさんにはかなりドン引きな展開になるかも。
もともと書く予定もなかったことも、いろいろと開示することになったきっかけはサキさんのコメントですから、ドン引きになっても我慢していただこうっと。

初登場のキャラクターが何人かいますね。
それに大した人物じゃない人は紹介していませんが、外伝で名前の出た人も登場したりします。

それと、ロケはバースとオックスフォードだけで、ストーンヘンジは途中にあったので私の趣味で行っただけです(笑)
つまりこの作品にはストーンヘンジは全く出てきませんよ。
ストーンヘンジなら、TOM−Fさんのところの姫君がぶっ壊してくれましたし。

> あ、アンジェリカの紹介部分にタイプミスがありますよ。

あ、ありがとうございました! さっそく直しました。慌てて書くとだめですね。

コメントとご指摘、ありがとうございました!
2019.04.03 22:00 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1680-814e2340