FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

キャラクターバトン【恋愛編】

今日は、バトン大臣ことTOM−Fさんがやっていた創作系バトンをやってみようと思います。(山西左紀さんも回答しておられましたね!)TOM−Fさんにどの作品でやって欲しいかリクエストを訊いたところ、なんと予想外の「森の詩 Cantum Silvae - トリネアの真珠」というお答えでした。あれって、「自作品」というより「書く書く詐欺」の筆頭なんですけど(笑)

というわけで、この記事を読んでくださる方を完全に置いてきぼりにして、全く書き上がっていない作品の脳内妄想全開でお送りします。しかもこの二人、たぶん、TOM−Fさんの知りたいとおっしゃったキャラたちじゃないと思うんだよなあ。でも、あの人たち、深刻で面白くないんだもの……。それに、この二人なら既出なので、ギリギリ「自作品のキャラ」と言い切れますし。




◆キャラクターバトン【恋愛編】

1、このバトンは作者が指名された自作品のキャラクターになりきり、質問に答えるバトンです。

作品名『森の詩 Cantum Silvae - トリネアの真珠』
(まずは、キャラの自己紹介から)

ア:こんにちは。アニーです。ルーヴラン生まれですが、今はフルーヴルーウー伯爵夫人ラウラ様の侍女として、主にグランドロンの王都ヴェルドンに在住です。ラウラ様が旅をなさる時には、同行します。来るなと言われても!

フ:私は、グランドロン国王レオポルド二世陛下の護衛の責任者を務めているフリッツ・ヘルマン大尉です。陛下がお忍びで旅をする時には、もちろん同行させていただきます。ところで、陛下。なぜ私がこんなバトンに回答しなくてはならないのか、合点がいきません。

レオポルド:やかましい。余はいろいろと忙しいのだ。旅の準備や、馴染みの女たちとの別れなどもあるしな。この程度のことはそなたが適当に処理しておけ。


2、今好きな人、または恋人はいますか?教えて下さい。

ア:好きな人も、恋人もいません。あ、でも、兄から聞いたんですけれど、ルーヴランの紋章伝令副長官のエマニュエル・ギース様が、私の贈ったスダリウム(作者注・ハンカチのような布。貴婦人から騎士へ贈り安全を祈る風習がある)を大切にしてくださっているって。ロマンチックでドキドキしてしまいました。

フ:(憮然として)インゲという妻がいます。いたんです。いや、まだ離縁はしていないんですが、出て行ってしまい愛人ドライス伯爵と派手に付き合っているようです。こっちは真面目に仕事に励んでいるのに、まったく。


3、その人のチャームポイント(見た目)はどんなところだと思う?

ア:ギース様は、おしゃれな貴公子が多いルーヴの宮廷でも、どなたにも見劣りのしない素敵なお方です。まっすぐな淡い栗色の髪を後ろで一つに縛っておられ、緞子の上着は松葉色をお好みになるようです。レースの使い方は多すぎず少なすぎず、非常にセンスがおありになります。

フ:ふん。レースをひらひらさせて陛下を守れるか。お前も、私の妻と同じで外見にしか興味がないんだな。

ア:グランドロンの方(特にここにいらっしゃるヘルマン大尉など!)は、流行の衣装に身を包んだ素敵なルーヴランの騎士様をバカになさる傾向がありますけれど、ギース様は、見かけが素敵なだけでなく、とても有能な方でもあるんです。それをおっしゃるなら、あなた様だって外見でお選びになって失敗なさったのでしょう、ヘルマン大尉。

フ:外見で選んだわけじゃない。恥ずかしくない程度の家柄で、家政をそこそこ切り盛りできそうな性格に見えたから、申し込んだだけだ。お前のように、文句が多い女ではなかったしな。しかし、何も言わないから、満足しているのかと思ったのが、間違いだったらしい。


4、では性格はどんなところが好きですか?

ア:ギース様ですか? えっと、優しいです。大人です。(ぼそっと)誰かさんとは大違い。

フ:聞こえているぞ。腹立たしい女だ。インゲは、好きなところ……。あったかな。ああ、きれい好きなところ。それに整理整頓が得意だったな。ま、公平を期するために言うが、この侍女も整理整頓はちゃんとしているがな。


5、嬉しかったエピソードありますか?本編以外のことでも良いですよ(*´ω`*)

ア:いつだったか、ギース様に砂糖菓子をいただいたことがあるんです。ギース様とはたまたま同郷なんですけれど、お戻りになった後に懐かしいだろうからって、わざわざ届けてくださったんです。あ、そういえばヘルマン大尉、あなた様にも栗をいただきましたね。

フ:落ちていた栗を焚き火に入れて焼いたのだったな。お前は本当に食い意地が張っているな。もっとも、自分の分を我慢して、伯爵夫人に差し上げようとしていたのは殊勝な心がけだと思ったので、たくさん拾ってやったのだ。あ、インゲの話をしろだと? 嬉しかったエピソード……特にないな


6、逆に嫌なところは?

ア:ヘルマン大尉、そういう女性に優しくない態度でいらっしゃるから、奥様に逃げられるんですよ。少しはフルーヴルーウー伯爵に、女性への接し方をご教授願った方がいいんじゃないですか!

フ:お前こそ、誰彼構わずにポンポン言うな。伯爵夫人に憧れている割には、しとやかに振る舞おうという努力が見られないぞ。あ、インゲの嫌なところ? もちろんあの詐欺師みたいなドライス伯爵ごときにうつつを抜かしたことに決まっているだろう!


7、その人としたいことはありますか?

ア:ギース様と? いえ、もうお目にかかることもないでしょうし、特にないです。

フ:インゲと? 離縁だな。


8、ではその人に愛を叫んでください!

ア:ですから、そういうのは、いいですからって。今忙しいんです。(しつこい司会者ね!)ヘルマン大尉。今はまだこんなですけれど、私、絶対にラウラ様みたいに素敵な貴婦人になって見せますから! その時に「あの時の無礼を許してくれ」っておっしゃる羽目になりますよ!

フ:よくもそんな妄言が言えるな、アニー。そういう口ばっかりなところが、一番貴婦人から遠いんだというのに、わからぬ女だ。あ、インゲに愛を叫べだと? どこからそんな発想が出てくるんだ、愚かな司会者め。


9、最後に次にバトンを渡したいキャラクターを作品名、作者名と共に指名してください。(※アンカー可、何人でも可)

(作者です)
というわけで、思いっきりフラグの立っている二人でお送りしました(笑)

バトンの渡し先ですが、例によって、具体的には指定しません。せっかくなので創作者みなさんの「今、この子たちが一押し!」という子たちを、ご紹介いただけると嬉しいですねぇ。






ちなみに、TOM−Fさんが氣になっているとおっしゃっていたのは、おそらく「《黒騎士》ヴィダル」と「ルシタニアの娘アナマリア」か、「《トリネアの黒真珠》ことペネロペ」と「人狼と怖れられている男トゥリオ」のどちらかではないかと思うのですが、リードでも書いたように、この四人は超深刻キャラなので、このバトン向けではありません。というわけで、この二人で我慢していただこうと思います。まあ、そのうちにまた我慢できなくて外伝を先に書いてしまうかも……。

【参考】


プロモーション動画です。(「Coming soon」詐欺ともいう)
上手く再生されない時は、動画画面内右上の「別タブで開く」アイコンで大きくして再生するといいみたいです。
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター
Tag : キャラクター紹介

Comment

says...
あ、お久しぶりのアニー。
そしてあの堅物、ヘルマン大尉。これは奇妙な組み合わせですね。
そしてこれじゃぁ第一問から終わっちゃいそうな雰囲気、ヘルマン大尉なんかすでに終わってますよ。逃げていったレオポルドのせいですね。ヘルマン大尉、可哀想。
かろうじてアニーに“ドキドキ”と言ってもらえたことでなんとかなったようですが、アニーの配慮かな?相変わらず気転の利くしっかりした子ですね。
でもアニー、ギース様に気があるんだか無いんだか・・・上手くはぐらかされてよくわかりません。
新編でのギース様との出会い、その後の展開に期待しましょう。
ここに出てくるエピソードは新編の予告も兼ねているのかな?

でも最後まで読んでふと思ったんですけれど、この2人、案外相性が良いのかも。
お互いにポンポンと遠慮無く本音を喋っているみたいだし・・・。
どちらも真面目そうだし・・・。
こんな無茶な質問に最後まで真面目に答えてますものね。
プロモーション動画をみていると、こんな呑気なことを言っている場合じゃないような気もしますが・・・。
2019.04.21 11:33 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
ご無沙汰しちゃって済みません(@_@) 何となくあれこれめどがついて(来週どんでん返しさえなければ)、ちょっとひと息です。夕さんのブルーストーンの効果か、86歳の(もうすぐ87)の父は、まだおなかの中に膿瘍とでっかい血腫を抱えつつ、とりあえず抗生剤漬けから抜け出しつつはあります。来週、何はともあれ救命センターからリハビリ病院に転院できそうかな、というところまできました。あれこれ、ご心配くださって、本当にありがとうございました。
そして、すごく待って頂いているscriviamo!ですが(わ~ほんと、すみません(;_;))、GWにがっしり仕上げたいと思います! 誰が出てくるか、ってのもお楽しみに~~~(うしし(o^^o))

そして。『霧の彼方から』も楽しく読ませて頂いておりました。あ、内容は楽しく、じゃないですね。でも、ジョルジアの溢れるような感情が出てきていて、すごく入り込める世界になっています。こちらのコメントは次回分がアップされたらまとめてします!(わ~すみませんx2)

それはさておき。バトン大臣さんからの宿題バトン? まさかのキャラで回答されましたね!
TOM-Fさんも、「え? そこに来ましたか」って思われたか、いや案外「やっぱり夕さんだな」と思われたか。それに、わざわざこの2人が回答してるってことは、もしかしてそういう展開? いやよいやよも何とかの世界? 
ヘルマン大尉の「離縁」に思わず笑っちゃったけれど、それでも真面目に回答しているということは、根は真面目なのかな。2人とも、恋愛バトンになっていない辺りが面白いけれど、これはこれからの展開に乞うご期待って、ってことに1票します。(え。そうじゃない、か)

夕さんがコンスタントにブログを更新しておられるのがすごく支えになってます。私もがんばろっと!
2019.04.21 15:37 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

何を書いてもネタバレになるので、被害の少ないモブキャラの情報漏洩でごまかしました。
これは「森の詩 Cantum Silvae - トリネアの真珠」の流れ(のごく一部)をちゃんと意識しています。
ま、モブ同士の話なので、あらすじには何の関係もないんですけれど。

この二人がある意味似た者同士なのは間違いありません。
二人ともとにかく忠義者ですね。

しかし、問題がないかというと、そうでもなくて、フリッツが嫁に逃げられたのは、本人があんぽんたんのせいです。
やはり釣った魚にもちゃんと餌はやらないとね。

さて、アニーは、別にエマニュエル・ギースを好きだったわけではないんですけれど、あれですよ、「隣のクラスの●●くんがあなたのこと好きだって噂だよ」とか言われて、急に意識してそのままハマっちゃう、みたいな感じ? もっとも本人は二度とルーヴランには戻らない(戻れない)ので、生涯逢うこともないと思っています。

アニーにとって、ヘルマン大尉は、えーと、今のところ「論外」ですかね。
「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」の最後では、暴れるアニーをサーベルで脅していましたしね。
しかも、当時でいえば親子ぐらい歳も離れているし(笑)
そこが変わっていくのが、作者の腕の見せ所なんでしょうけれど。

プロモーション動画のあれこれは、どっちにしてもモブキャラにはどうすることもできないですしね。あれはあれということで(笑)

コメントありがとうございました。
2019.04.21 18:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

わああ、わざわざありがとうございます。
どうなさったのかなと心配しつつ、メッセやLINE送ったりすると「返信しろ」圧力になってしまうかなと思ってオロオロしておりました。
そうですか、お父様少しずつ快方に向かわれていらっしゃるのですね。よかった! まだまだご本人はもとより、お母様や彩洋さん、それにお家のみなさまには大変な日々かと思いますが、どうぞご無理はなさらずに!
ゴールデンウィークは、お仕事の方は少しお休みできるのでしょうか。

あ、関係ないんですけれど、たった今、テレビでストーンヘンジについてやっていたんですよ。ブルーストーン、他のみなさまからのお守りと一緒に、少しでも力を発揮してくれることを祈りつつ。

さて、「scriviamo!」全然問題ないですから! とにかく休める時には身体を休めることを優先してくださいね。もちろん楽しみにしていますけれど! コメントの方も、本当に無理のない範囲で大丈夫ですから。

このバトンですけれど、ちゃんとそういう展開なんですよ。
どうせネタバレが避けられないなら、せめて読む楽しみをそがないように、筋に全く関係ないモブキャラのネタバレにしてみました(笑)

二人とも、真面目は真面目なんですよ。ものすごい忠義者ですし。でも、旅の間、喧嘩が絶えない。そして、他のメンバーは「はいはい」って感じで相手にもしない感じです。

コンスタントにブログを更新できるのは、やはり日常に問題がないからですよね。こればかりは、自分の意思ではどうにもならないことで、七年もほとんど平穏に過ごせていることは、本当にありがたいことだと思っています。彩洋さんも、焦らずに、ご無理なさらずに、できる時にできる範囲でゆっくりと復帰なさってくださいね。

まだまだ大変な時に、コメントありがとうございました。
2019.04.21 18:29 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
あ、そっか、「自作品」ってそういう意味でしたか。これは失礼。
でも私の中では、コラボしていただいた『トリネアの真珠』は、すでに動き出しているお話だったので。
そしておっしゃる通り、目当ては黒騎士とか黒真珠姫とかの方々でして、彼らの設定の一端でも覗き見れればくらいの気持ちでした。
そうですか、深刻キャラでしたか。まあたしかに、黒騎士ヴィダルもなんか重そうな感じでしたね。恋愛など犬に食わせてしまえ、くらいなこと言いそうな(勝手に妄想)

で、ヘルマン大尉とアニー、そういう関係になりそうなんですね。
これは楽しみ。アニーはてっきりギース卿と……みたいに思ってたんですけどねぇ。
ヘルマン大尉は、奥さんに愛想をつかされる典型的なタイプですね。読んでいて、こりゃダメだと思いましたが、こういうふうに、本音を偽らないところから関係が変わっていくと、お互いに理解が進んでいるだけに、一気にゴールインしそうですね。そのあたりも、『トリネアの真珠』の楽しみのひとつですね。
しかし、賑やかそうなご一行ですね。隠密行には向かない感じがします。いずれにせよ、商人のふりをした怪しいお転婆姫がその辺をうろついていますので、お気をつけくださいませ(笑)

バトン、楽しませていただきました。
本編の連載開始をお待ちしています。
2019.04.23 08:27 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

そして、なんだか、ご希望からかなり外していてすみません……。

さて。「自作品」の定義ですけれど、「できてる」「間違いなく完成させる!」から「書けるか不安」「っていうか、かなり口先だけ」までパーセンテージで表現すると75%ぐらいまでなら「自作品」って感じするんですけれど、この作品の場合はまだ40%くらい? まさに「coming soon詐欺」なんですよ。本当にいつか発表できるのか?

で、このバトンにはいかにも不向きだったんですが、ご希望はわかりましたので、そのうちにキャラクター紹介かなんかで少し開示しますね。
ま、大した設定じゃないんですけれど。
とくにヴィダルなんて、例の外伝以上の設定はほとんどないかも。

そして、アニーとヘルマン大尉は、別にくっつくこと確定というわけではありません。
なんか、こんな感じで、いつもギャーギャーやっている感じ?
そんな簡単にくっつけてやるほど、親切な作者じゃ……(以下自粛)
そして、エマニュエル・ギースとのフラグですか?
アニーは「二度と会わない」とか言っていますが、そんなわけ……(自粛その2)

この二人のじゃれあいは、ストーリーには全く関係ないんですけれど、そんな感じで出てきますので(笑)

そして、例の姫君はずっとあの辺りで遊んでいらっしゃるんですか?
だったら例えばうちの婚活王なんかいかがでしょうか。家柄合うし。
って、お互いのストーリー滅茶苦茶になる縁談を進めてどうする。

また、場外で遊んでくださると嬉しいです。
バトンのお題に、コメント、どうもありがとうございました。
2019.04.23 21:27 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1687-38295c13