FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

Canção do mar 海の歌

今日は、現在連載中の『Usurpador 簒奪者』の脳内テーマ曲にしている歌をご紹介しようと思います。

先日、エッセイでもご紹介したのですが、数いるポルトガルのミュージシャンの中でも特に私が入れあげているのは、ドゥルス・ポンテスです。この方は現在エンリオ・モリコーネをはじめとする世界各国の巨匠と仕事をしているのですけれど、世界的に名前を知られるようになったのはおそらくこの曲が映画『真実の行方』で印象的に使われてから。リチャード・ギア主演で日本でも公開されたのでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。



もともと、このメロディはポルトガルの伝統音楽ファドで使われていたようです。ここで説明しなくてはいけないのですが、ファドでは同じメロディに、自分が歌いたい別の歌詞をのせて歌うという伝統があるそうです。このメロディを使った『孤独』というタイトルの曲を、ファドの伝説的名歌手アマリア・ロドリゲスが歌った録音も残っています。

さて、ドゥルス・ポンテスは、このメロディに漁師と思われる男の悲しい詩をのせて歌いました。『海の歌』といってもフランスのシャンソンやハワイの音楽や、加山雄三の歌のようなポジティヴな海を歌うものもありますが、この歌は荒れ狂う厳しい海をイメージして歌われています。ポルトガルの海は、大西洋ですしね。

この"Canção do mar"は、とても有名になったので多くの歌手がカバーしていますが、この迫力はやはりドゥルス・ポンテスならではだなと思います。

さて、私の作品『Usurpador 簒奪者』の核となった筋は、この曲のイメージから生まれてきました。だから作品のバナーは荒れ狂う海のイメージなのです。こちらに歌詞と、それから私が訳したものを置いておきますね。

Dulce Pontes ドゥルス ポンテス
"Canção do mar" 『海の歌』
Frederico de Brito 作詞

Fui bailar no meu batel
Além no mar cruel
E o mar bramindo

Diz que eu fui roubar
A luz sem par
Do teu olhar tão lindo

Vem saber se o mar terá razão
Vem cá ver bailar meu coração
Se eu bailar no meu batel

Não vou ao mar cruel
E nem lhe digo aonde eu fui cantar
Sorrir, bailar, viver, sonhar…contigo



(和訳:八少女 夕)

俺はおのれの舟の上で踊ろうとした
荒れ狂う海のさらに向こう
海は吼えていた

海は言った。俺が奪ったのだと
お前のあんなに美しい
かけがえのない瞳の光を

ここへ来て、海の言葉に理があるのか確かめるがいい
ここへ来て、俺の心が踊っているのか見るがいい
もし舟の上で俺が踊るのなら

俺は荒れ狂う海には行かない
お前には言わない
どこで歌い、微笑み、踊り、生き
……お前を夢みていたか



この記事を読んで『Usurpador 簒奪者』が読みたくなった方は……

『Usurpador 簒奪者』を読む「Usurpador 簒奪者」をはじめから読む
あらすじと登場人物

関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界
Tag : BGM

Comment

says...
いつもながらテーマ曲があるのはいいですね
別の歌詞…フニクリ・フニクラが鬼のパンツになるような?
ちょっと違うかな…
自分で歌詞をつけて思いを歌うのは一般の人には勇気がいりそうだけど
ミュージカル映画もあるしそちらでは割と普通だったりするんでしょうか?
2020.05.11 09:03 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

この作品は、この一曲だけなのですけれど(笑)

鬼のパンツよりも、もっとかけ離れているというか、全然違う歌詞でも対等という感じなんですかねぇ。

ちなみにこの曲が映画などでヒットした後で、ヒット曲を見つけるのがとても上手なかのサラ・ブライトマンがやはり全く違う歌詞をつけて歌っています。その名も「ハーレム」

ヨーロッパは吟遊詩人などの伝統があるので、シンガーソングライター系はあまり躊躇しないのではないでしょうか。そういえば、メキシコ辺りでは、恋人に告るときに、バルコニーの外にマリアッチというバンド連れて行って歌うそうですね。勇氣のいる伝統だ。

コメントありがとうございました。
2020.05.11 22:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
音楽聴きました~~。
なかなか重い音楽だな。。。
この作品のテーマとしてはふさわしい感じですね。
普段はJPOPしか聞かないから、結構、新鮮な感じで聴くことができました。
(∩´∀`)∩

2020.05.14 02:32 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

洋楽をお聴きになる方でも、普段耳にするのはやはり英語が大半なのではないかと思います。
それだけ、英語のポップスが世界では好まれているわけですが……。

ましてや、ポルトガル語の音楽ともなると日本で耳にする機会はかなり限られますよね。
スイスでもほぼ同じです。
ただ、この曲に関しては、映画を通して日本で知ったという方もいらっしゃるようです。

たまには違う感じの曲もいいのでは。

コメントありがとうございました。
2020.05.14 20:37 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1801-e59e5c22