FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

パンが余るので

すみません。最近、食べる話ばかりですよね。でも、実際、他にほとんど記事にするようなことがなかったりして。

基本的には、食材はある物を把握して買い足すべきなのです。が、パンだけは連れ合いが職場で勝手に買うことが多くて、しかも、かなり固くなってから持ってきたりするのです。で、そのままではなかなか終わらない固いパンに悩まされることがけっこうあります。

スイスは基本的に乾燥しているので、パンはカビることはあまりありません。(ビニール袋に入れておかない限り)

でも、石みたいに固くなってしまうのです。すぐに固くならない茶色っぽいパンをメインで買いますが、それでも1週間もすればカチカチです。そうなってからも、1度水にくぐらせてからオーブンで加熱すると焼きたてのようになりますが、食べきれずに冷えると再びカチカチになります。

なので、「これは食べきれないわ」と思ったときは、たくさん消費するメニューを優先させることになります。

ごく普通にフレンチトースト(スペイン風に甘くないパン・コン・アホにすることも)にしたり、ガーリックトースト、エスカルゴバター・トーストにすることもあるのですけれど、それでも終わりそうにない時は、まだナイフで切れるときにカットして、パン粉にしたり角切りにして冷凍します。

冷凍した角切りパンの使い道は、エスカルゴ・バターと一緒に炒めてクルトンのようにしてサラダと一緒に食べたり、スペイン料理のミガスにしたり。

ミガス

ミガスは、辛いチョリソというソーセージと、にんにく、オリーブオイルと共に野菜とパン屑を炒め合わせトマトの水分を吸わせて作ります。私は、軽く炒めた後に溶き卵と一緒にオーブンに入れて作ります。写真はチョリソがなかったので、フランス語圏スイスの特製ソーセージを別に茹でて、添えています。

ココアワッフル from パン屑

パン粉は、カツレツなど普通にパン粉として使うことが大半ですが、実はこんな使い方もできます。小麦粉ではなくてパン粉を使った生地でワッフル。先日ご紹介したワッフルメーカーで作りました。たぶんケーキっぽいものもできると思いますが、ワッフルの方がパン粉の粗さが目立たないのではと。色も目立たなくするためにあえてココアも混ぜて作りました。

関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
ベーコンとキャベツ、塩コショウを加えてミルクで煮ます。お皿に盛ったらチーズとバジルとパセリを振ってオーブンで焼いたら出来上がり。腹が減っていれば、まあ食える。
2021.04.18 11:39 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
こんばんは。

なるほど。ミガスがトマト味なら、こちらはクリームグラタン系ですかね。
今、バジルはないけれど、代わりにイタリアンハーブミックスにしてやってみようかな。
情報ありがとうございました。

2021.04.18 16:52 | URL | #- [edit]
says...
ウチは基本的にご飯党なので、ご飯が多いのですが。
たまには食パン~~って日はあります。
・・・・が、ほぼ100%その日に食べて終了という。。。
残った食パンは食べてカビる運命にある。。。
まあ、何にしても残飯問題ありますよね。
2021.04.23 12:52 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

日本だと固くなることは稀でたいていカビてしまいますよね。
もちろんビニール袋などに入れる習慣も関係しているのですけれど。

食パンなどだと冷凍しておけばカビるのは防げますが、日にちが経つと味が落ちてしまうんですよね。
でも、残飯を出すのはもったいないですものね。
一生懸命、工夫続けます。

コメントありがとうございました。
2021.04.23 19:51 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1911-49d856f1