fc2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【オリキャラ飲み会】こんなの飲んでる 黄金の枷 編

先週、唐突に立ち上げたしょーもない企画に、ご参加くださったみなさま、ありがとうございます。せっかくなので、うちからは、もうひとグループ参加させておきます。

オリキャラの飲み会

「オリキャラの飲み会」はオンライン上でそれぞれのキャラクターが勝手に飲んでいる記事です。期限はとくにありませんし、これといったルールもありません。

小説とか、詩作とか、マンガとか、わざわざ作品を用意する必要はありません。単に、うちの子が何を飲んでいる、というのをアップしてくださればそれでOK。写真や説明文も必須ではありません。ついでに、作品カテゴリーへのリンクや紹介を書きたい方はそれもご自由に。上のバナーは、よければご自由にお持ちください。もちろんバナーを使わなくても、この企画についての説明をしなくても問題なし。ゆるーく、飲みましょう、というだけの話です。もちろん誰でも参加OKです。



オリキャラの飲み会 こんなの飲んでるよ
黄金の枷 編


このシリーズもやたら多くの登場人物がいるんですけれど、とりあえず三部作の生存しているメインキャラと、外伝の便利なキャラたちに「オリキャラの飲み会」用の飲み物を選んでもらいました。

マイア
Vinho_Verde
あまりお酒には強くないけれど、楽しむのが好きなマイアはヴィーニョ・ヴェルデを選びました。少し炭酸のような泡のある若い白ワインです。小皿タパスと一緒に。

インファンテ323 = 新ドン・アルフォンソ (23、トレース)
Dão
23は、ポルトガルの赤ワインを好みます。ドウロやアレンテージョも好きですが、今回選んだのはダォン。すっきりとした赤で食事に合います。

インファンテ322 (22、ドイス)
Aguardente
この人が飲んでいる「アグアルデンテ(Aguardente)」というのは、イベリア半島とイベリア系アメリカで生産される29%から60%のアルコール飲料の総称。要するにグラッパや焼酎みたいなものです。今回この方が飲んでいるのは葡萄のアグアルデンテ。超絶甘いものが好きな22ですが、辛いお酒も嗜むのです。ええ、めっちゃ強いです。この方。

アントニア
Madeira wine
アントニアが飲んでいるのは、マデイラワインです。ポートワインと同じく、世界3大酒精強化ワインの1つで、マデイラ島で作られています。アントニアは、22ほど甘党ではありませんが、ポートワインやマデイラワインは好き。ただし、一緒にお菓子は一緒に食べません。この方は、スタイルを保つためにめっちゃ努力をしている模様。

マヌエラ
Douro
23やアントニアの母親であるマヌエラが選んだのはドウロの赤。こちらはボディーのしっかりした重めの赤で、色はかなり暗いもの。飲んだ後に喉に訪れる余韻は華やかなものがお好み。

アントニオ・メネゼス
cimbalino
《監視人たち》中枢組織の最高幹部で《鍵を持つ者》であるこの人はどんなときも寛がないので、1人だけノンアルコール。Pの街で「シンバリーノ」と呼ばれるこちらは、要するにエスプレッソです。

ジョゼ
Port wine飲み比べ
ジョゼは、小学校の頃から時おりやっていたポートワインの試飲の趣味が高じて、ポートワインの飲み比べをしている模様。これは飲みやすいけれど危険です。ガーンと来ますよ。

マヌエル・ロドリゲス
Chianti Classico
坊主になるつもりは皆無なのに神父見習いを続けるマヌエルは、イタリアでの勤務を思い出しながらトスカーナワインのキャンティ・クラシコを飲んでいます。ひと瓶は飲めないので、大好きなクリスティーナに「一緒に飲もうよ」と誘ってみましたが、振られてしまった模様。

チコ
Super bock
まだ外伝にしか登場していないチコことフランシスコは、世界各国を周る客船の楽団に勤務しています。こうした機会に飲むのはポルトガルのビール「スーパー・ボック」。わりと飲みやすい味で、小瓶なので氣軽に飲めるようです。ライサは、一緒に飲んでくれるかどうか、ちょっと微妙。






【参考】
「Infante 323 黄金の枷」『Infante 323 黄金の枷 』をはじめから読む
あらすじと登場人物
『Usurpador 簒奪者』を読む『Usurpador 簒奪者』をはじめから読む
あらすじと登場人物
『Filigrana 金細工の心』を読む「Filigrana 金細工の心」をはじめから読む
あらすじと登場人物
『黄金の枷』外伝
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター
Tag : オリキャラの飲み会 キャラたちの食卓

Comment

says...
マイアはヴィーニョ・ヴェルデですか。ちょっっと酸味のある発泡感がいいんですよね。小皿タパス、これも選ぶのが楽しいですよね。
23、マヌエラの選んだポルトガルワイン、日本でもたくさん見かけるようになってきてサキもよく飲んでいます。美味しいのはもちろんですが、なんと1本300円くらいの物もあって、これでも結構いけます。
22、やっぱりお洒落!「アグアルデンテ」?ワインを蒸留するのかな?ブランデーの親戚のようなものでしょうか?
マディラワイン、なんとなくアントニアのイメージかな?これも飲んだことがありますが、美味しいです(もちろんそんなにたくさんは飲めません)。
メネゼスがエスプレッソなのは彼の立場上納得です。
ジョゼ!まだこれを卒業出来ないのか!じゃぁミクは何を飲んでいるんだろう?
マヌエルはトスカーナワインですか?でも進展がないようだし、チコなんか全然ですね。サキはこのビールは飲んでないかも・・・。
2021.05.02 14:12 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

マイアはポートワインのトニックウォーター割もいいかなと思ったのですけれど、まあ、まずは簡単な方で。
タパスはスペインのものの方が有名で種類も豊富みたいですけれど、ポルトガルでもあるのです。もっともあのお館ではなかなかそんなものは食べられなそうなので抜け出して食べているのか。

1本300円とはお安いですね。
もちろん現地ではそのくらいのワインもありますけれど、インポートしてですものね。
スイスでもポルトガルワインはわりとお値打ちだけれどそこまで安いのはまだお目にかかったことないですねぇ。

アグアルデンテは、プランデーみたいなのもあるみたいですけれど、私が飲んだのはもっとグラッパに近い味でしたね。語源は「焰の水」という説もあるらしいのですが、本当に燃えるようなアルコール度数です。いや、たぶん火をつけたら燃えます。

マデイラワイン、私も好きです。焼き林檎にかけたりすると美味しいですよね!

ジョゼは死ぬまであのままではないでしょうか(笑)
ミクは設定がわからないので、書きませんでした。日本人は体質的に欧米人のようには飲めない方も多いので勝手に書くのは危険ですものね。
飲めるんでしょうかね。

マヌエルは永久に進展がないと思われます。クリスティーナには、相手にされていませんね。仲はいいみたいですけれど。

サキさんはポルトガルでは何を飲まれたのかな?
あの国のビールでは一番ポピュラーなのがスーパー・ボックで、次がサグレシュじゃないかしら。
私はビールは苦手なので1度も飲んでいないのですが。
滞在中はワインかポートワイン、コーヒーでは、シンバリーノではなくて、ミルクコーヒーのマイア・レイテか、ラッテマッキャートに近いガラオンを愛飲していました。

コメントありがとうございました。
2021.05.02 20:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ほほう、今回はドラガオン系の皆さんですか。ワイン系が多いですね。

マイアは飲み会でも呑んで酔っぱらうんじゃなく、会話とか楽しんでいそうなイメージです。
23とマヌエラは、好みが似ているのはやはり親子なんですかねぇ。上品そうなイメージがあります。
22とアントニアは、どちらも強い酒が好みなんですね。この二人は、どっちが強いんだろう? なんとなくアントニアの方が強そうな気がするけど。
そして、あらら、メネゼスさんはコーヒーですか。みんな呑んでいるのに、一人だけクールに佇んでいる姿が想像できます。彼らしいなぁ。
ジョゼはやはりポートワインですよね。ミクと一緒に飲んでいたりするのかな。たしか彼女も造り酒屋の娘だったし、飲めますよね、きっと。
マヌエルは一人酒、そしてチコはビールか。今の段階では、ライサよりマリアの方が一緒に飲んでくれそうですね。
2021.05.04 14:25 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

ええ、ポルトガルワイン、イタリアやフランスほど世界的にはもてはやされていませんが、彼らはかなり誇りを持っていますしね。

マイアはどちらかというとあまり強くないので、ヘラヘラ飲んでいそうです。
ま、みっともなくなる前に、23が止めてくれるので何とかなっているのかな?

23とマヌエラは、どちらも(強いけれど)酔うほどは飲まないし、上品に立場をわきまえて飲んでいる模様。
一方で、22は立場もへったくれもないので、楽しみのために好きに飲みます。でも、全然酔わないかも。
飲み比べたら22の方がアントニアよりもずっと強いかと思いますが、22はイケズなので飲み比べをするほどいつまでもアントニアと一緒にはいてくれません(笑)

メネゼスは、365日休まない人なので、飲んでもビールをコップに1杯程度かな。この人、本当に寛ぐことがないからなあ。
部下は、つらいでしょうね。こんな上司(笑)

ああ、そうでした、ミクは造り酒屋のお嬢さんでしたね。
ってことは日本酒をジョゼに仕込んでいるんだろうか。

そして、そうそう、ライサよりもマリアの方がずっと付き合いがいいです。
チコも、そっちにすればいいものを。(そういう話じゃないか)

コメントありがとうございました。
2021.05.04 21:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
 自他ともに認める違いの判らない男であります。先日某所でジョベナーレなるスパークリングワインを見付けまして(値段は聞かないで><;)開ける機会をうかがっています。と言うのも、1.5ℓという実に普通のボトル二本分のでっかい奴で、流石に一人で空けるには手強すぎるのであります。誰か付き合ってくれる人おらんかなぁと思いながら、しかし余りのお値段(笑)に、他の人を呼ぶ気にはなれません(笑
2021.05.05 14:00 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
こんばんは。

1.5ℓ、そしてもしかしてコルクじゃなくてビールの栓みたいなの……かな? いや、少なくともプラスチックっぽいコルクとか。
そういう安いのは……という方もあるんですけれど、飲んでみたら意外にいける味の場合もあるんですよ!

あ、それでも「ダメだ」だった場合は、大丈夫! 炭酸水で割るとオッサレ〜っぽくなりますから。氷とオレンジのスライスも添えれば完璧!
それでもダメなら料理酒として使えますし。

コメントありがとうございました。
2021.05.05 22:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
あ、そうか。今になって主旨を理解しました。オリキャラ飲み会に何を飲ませるかってことだったのですね。うちの連中、ただただ普段通りのみ散らかしてましたね。しかも、ちゃんとシリーズ別になってた(そのことにも今さらながら気がついて、TOM-Fさんちでも、あ、そういう主旨かと)。

ポルトガルはやっぱりワイン系が多いですね。
そういえば、この間ポルトを舞台にさせていただいた慎一のお話でも、ルシオがマデラワインを、慎一がヴィーニョ・ヴェルデを飲んでおりましたが、書きながら、どんな飲み物か全然分からん、と思っておりました。あ~あ。
日本酒以外の知識が乏しい私……(@_@)
イタリアでも、水代わりに樽出しワインしか飲んでなかったし(@_@)
もうちょっと勉強しようっと。

メネゼス氏のコーヒーに、思わずにやにや。そうそう、そういう人だよね。
2021.05.06 11:29 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。
前回に引き続き、美味しそうだとは思うのですが、違いの分からないのがもう一人通ります。
お酒は本当に多種多様でお国柄も出ますし、詰めて考えると面白いですね。
しっかりお酒っぽいものを好まれる方、楽しむために飲む方様々で性格が出てるなあと思いました。特にスパークリング系は甘くて飲みやすいイメージがマイアちゃんに合っている気がします。
飲みやすいので、うっかり飲みすぎて後悔しそうなあたりも含めて。
そう言えばドイツで発酵途中の新酒を買って、蓋ちゃんと締めてないのに気が付かなくて、空港の検疫でぶちまけかけたのを思い出しました。炭酸は危険。
うちのも参加できれば良かったのですが、残念ながらよりざっくりとしたイメージしか無いので、上手くいきませんでした。
代わりに自分が久方ぶりに何か飲もうかなと思いましたけれども。
これこそ拘りも何もないからジュースで良いんじゃないか。
二日酔いもないですしね。
2021.05.06 15:57 | URL | #yl2HcnkM [edit]
says...
こんばんは。
あ、いえ。主旨なんてとくになく、あれでいいんですよ、単にキャラが楽しく飲み散らかしていれば(笑)
うちは、ご存じの通り、とんでもなく作品群とキャラ数が多いんで、分けないと収集つかなくなりますけれど、別に大集合でノープロブレムです。
全部やっているといつまで経っても終わらないので、あとは『Bacchus』チームくらいで終わりにする予定です。

マデイラワインは、甘いヤツです。ポートワインやシェリーと目隠しされてわかる人は通かも。
ヴィーニョ・ヴェルデはとても若い白ワインですね。すっきりと飲みやすいし、私はフランスのヌーボーなどよりも好きかも。

日本のワインに詳しい方には蘊蓄がつきものなので、却って日本ではワインにとっつきにくくなっている感じがしますね。
ドイツはあきらかに「まずビール」の国ですが、スイスもイタリアもフランスもワインの方が馴染みがあって、でも、蘊蓄はあまり必要ないというかそれこそ水代わりに飲んでいる人たちもけっこう多いと思います。もちろんお金持ちの皆さんはそれぞれちゃんとしたワインを飲んでいらっしゃいますけれど、私の周りなんて……ねぇ。

たとえば、肉には赤、魚には白……ときちんと守るかというと、「ロゼでいっか」とか「まず白で、あとから赤に突入!」とかけっこう適当に飲んでいて、それでいいんですよね。「お、この組み合わせも、わりといけるじゃん」なんてのでもいいのかもと思います。

アントニオ・メネゼスは、ええ、寛がないので1人でああです。ま、周りも一緒に飲んで打ち解け合おうとは期待していないだろうし(笑)

コメントありがとうございました。
2021.05.06 19:38 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、志士朗さん、あまりお悩みにならないでくださいね。
全部ノンアルコールでも、細かい設定をしなくても、まったくノープロブレムですから!

そして、発酵途中の新種って、スイスでいうザウゼルみたいなものかな?
ドイツのものはわからないんですけれど、ザウゼルは蓋が全く閉まっていないので横にしたら最後全部びしょ濡れになります。
私は最初に買おうとしたときに、知らずに買い物籠の中で横にして、スーパーの中を紫だらけにしてしまいました。

飲み物にしろ食べ物にしろ、キャラごとに個性でますよね。
この手の催しは、自分が何が好きというよりも、キャラ紹介の一手法みたいな感じで使っています。
でも、結局自分が食いしん坊なので、食べ物や飲み物系のイメージはどんどんわくのですが、どんなファッションとか、必殺技があるとしたらどれ、みたいなのは漠然としちゃいますね。

ジュースだったら、いま私が飲みたいのはカルピスかなあ。
こちらで飲めないものが浮かんじゃいますね。

コメントありがとうございました。
2021.05.06 19:49 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ああ、ありますよね。
このキャラクターはこのお酒を飲むとか。
まあ、雑談&設定になるので書かないですけど。
そういうのも踏まえて書けれてもいいかな・・・と思うのですが。
私もお酒は大好きですからね。
そういう描写も踏まえて書きたいなあ・・・と思います。
2021.05.08 06:49 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

本文に書くかどうかは別として、それぞれのキャラクターが自分の中で確立していると、自然と何を食べているとか、飲んでいるとか、こんな余暇を過ごしそうだとか、細かい設定は浮かびますよね。反対に、通りすがりキャラだったりすると、そこまではピンとこないことも。

一方で、ストーリーの流れもありますから何でもかんでも細かく描写しないことがいいこともありますし。その辺のさじ加減はいつも試行錯誤して書いています。

コメントありがとうございました。
2021.05.09 20:51 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1915-403c26e1