fc2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ポルトガルののど飴

今日はちょっと特殊なポルトガルの飴の話です。

Rebucados Peitorais

実は、今週はぶっ倒れていました。月曜日に発熱。夕方には子供の時以来なったことのない39℃を記録、ビビりました。その日は何も考えられなくてほぼ24時間ずっとベッドでグースカ寝ていました。

翌日にはずいぶんと下がって朝は38.7℃あったものの、夜には36.6℃とほぼ平熱近くまで降りてきました。それど同時に全身の痛みも消えてくれて助かりました。

そこまで下がると脳も働くようになり、これはアレかな、と調べてみたら本当かどうかはともかく簡易抗原テスト(去年タダでもらったものの残り)ではくっきり陽性。あちゃーと木曜日の日本語教師の仕事のキャンセルなどに追われました。

異論があることは百も承知ですが、私は病の時は自分の自然治癒力を最大限発揮できるようにする主義です。発熱しても(42℃を越えたりしたらそれはもうしかたないかもしれませんが)39℃では解熱剤は使いません。免疫戦士たちが頑張っているのを邪魔してどうする、というスタンスです。もう20年近く西洋の薬は服用していません。今回も2日目にホメオパシーのベラドンナ・レメディを摂り、あとは生姜紅茶をがぶ飲みして、食事も取らず爆睡だけしていました。そして、自分の免疫を下げるような注射もしていません。

水曜日からは、自宅からのオンラインで仕事に復帰しました。熱は下がり仕事をするのには全く問題ないのですけれど、もちろん5日間は職場には顔を出せません。そして、それだけでなく、私の場合どんな風邪でも同じなのですけれど、治りかけの数日間のひどい咳き込みが同僚を怯えさせるレベルなのです。

そんな時に引っ張り出してくるのが、ポルトガルで買ったのど飴です。Dr Bayard社の『Rebucados Peitorais』なるのど飴ですが、なかなかの優れもので、かつてポルトに通っていた時期はいつも自分用に買い込んでいました。パッケージや包装は、全然可愛くありません。でも、ポルトガル語がひと言もわからなくても、なんのための飴かひと目でわかります。

そして、スイスのポルトガル専門店でも置いてあることが多いように、どうやらこの飴は現地人にも有名な優秀な飴みたいです。そして、別にまずくもないし、格別効きそうな味でもないのに、舐めている間は咳の発作が起きないのですよ。

問題は、さすがに24時間舐め続けるわけにもいかないこと。なので、いまはどうしても咳の発作を起こしたくないというここぞというときにだけ舐めています。

ポルトガル、行きたいなあ。州都のポルトガル専門店が潰れてしまったのを横で眺めながら、ぼんやりと思っています。
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
実は、まさに今、私も自宅療養(というのか隔離)中です。
その前2週間、職場と自分ちしか往復していないので(買い物は行くけれど)、感染源はどうやら職場?と思うのですけれど、実は、低気圧が(でっかい14号)近づいてきていて、私の片頭痛は苦痛のピークにあり、鎮痛剤をがぶ飲みしていたので、熱があったのかどうかもよく分かりません😅
私はロキソニンと喘息の吸入が手放せないので(喘息はそれでも1年半放置はしていたのですが、コンサートにも行けなくなって←咳が止まらなくなるので、諦めました)、夕さんと違って西洋のお薬に頼りっぱなしです😅
ただ、37度台の微熱は私には何時もよりかなり高いという感じだったのと、のどの痛みが半端なかったのと(飲み込めない)、最近は改善していた痰におぼれそうな状態、節々が痛くて歩けないので、調べたら案の定でした。
日本の療養期間は無駄に長いので何かしようと思ったけれど、しんどくてだらだらしています。まだ3日もある……で、しょうもないと思っていた中国の探偵ドラマに嵌まっておりました。
母と新潟旅行予定だったので、楽しみにしていた母に申し訳ないです。
あと3日。なにか書こっかな。
2022.09.25 06:28 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
中々収まらんようですが、欧米はだいたいの人が罹患して抵抗が付いてるとか。こうして新しい病気も克服していくんですかね。ポルトガルも地続きですし、スイスからなら国境は無いも同然。ちょいと遠征のつもりで行けるの羨ましい。スペインとポルトガルの世界一安全な紛争地とか見てみたい(笑
2022.09.25 10:54 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
基本的にはそのスタイルでOKかと。
免疫戦士が頑張っているので、それを邪魔すると長引きます。
医療従事者が言っているのですから、間違いありません(笑)。
基本的には、発熱が出たら経過観察です。
40度を超えたら死ぬ可能性があるので駄目ですけど、
39度代までなら、免疫戦士が頑張っているので、様子を見る。
発熱が下がり始めたら、解熱剤を投与。
そして、食事を食べる。
・・・という形が理想ですね。

流石夕さん!!正しいお考えです!!

2022.09.25 13:44 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

おやおや、お揃いでしたか。でも、つらい時期はお互い過ぎた、ということですよね。
引き続きお大事に!

日本の隔離は確かにちょっと長すぎるかもしれませんが、でも、それがないと彩洋さんのようにすぐに頑張ってお仕事に戻ろうとなさる方が多いので、天からもらった療養時間だと思ってゆっくりなさるのがベストかもしれませんよ。
とはいえ、お買い物などにお困りなのかなあ。
お役所からもらえる食品、あまり健康的でもなさそうだったしなあ。

私は普段は全くなんですけれど、記事にも書いたようにどんな風邪の治りかけにも必ず数日間はとんでもない咳の発作が続き、喘息の発作っていうんじゃないかしらというくらいひどく咳き込んでしばらく止まらなくなるのです。コロナ禍以降、全く風邪をひいていなかったので久しぶりでしたが、これがかなりキツいです。幸い自宅でできる仕事なので同僚に迷惑をかけずに何とかなりますが、接客だったら本当に困るだろうな。

久しぶりの高熱と、それに伴う身体の痛みは驚きましたが、なんせたったの2日だったのでもう『喉元過ぎればなんとやら」ですが、咳はようやくそろそろ終わるかもというところで、まだうんざり中です。

結局1度もお医者さんにかかっていないし、簡易抗原テストだけでPCR検査も受けていないので、本当にコロナかどうかもわからないのですが、社会的に以前ほどコロナに敏感でもないので、2019年までのインフルにかかった感覚で大人しくしています。

お母様とのご旅行は残念でしたけれど、ご高齢のお母様にうつしてしまったり、もしくは旅行先で大騒ぎになってお母様がお困りになったりすることを考えたら、早めに発覚したのもラッキーだったのではないでしょうか。お元気になったら、また親孝行たくさんできますしね。

3日、わりとお元気でお時間があるなら、ぜひ「あれ」や「これ」を完成なさって読ませてくださいね!
お互いに今後も健康に留意して頑張りましょう。

コメントありがとうございました。
2022.09.25 14:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

急に寒くなったからなのか、また、けっこう増えてきているとか。
感染力は強いけれど、毒はそんなに強くないと言われている通り、周り中伝染しまくっていますが、医者にかかった人は周りにはいません。
少なくとも2019年までだったら『風邪』、悪くても『インフル』と呼んでいた類いの感じですね。

スペインやポルトガル、地続きで、国境ないも同然も正しい認識なんですけれど、やっぱり遠いですからねぇ。
車で行くとなるとやはり休みが1か月くらいは欲しいところです。
速く定年になってのんびりそういう旅もしてみたいけれど、どうやら本日の国民投票で定年の年齢が上がっちゃったような。
しくしく。

コメントありがとうございました。
2022.09.25 14:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

お。蓮さんのお墨付きをもらったぞ!
熱のあった2日間は全く食欲がなかったので、水分と塩分などは切らさないようにしてあとは絶食していました。
平熱になった途端、めちゃくちゃお腹がすいてきたのは驚きました(笑)
身体のサインに耳を傾けるのは大事かもしれませんね。

あとは咳さえなくなれば……。

コメントありがとうございました。
2022.09.25 14:43 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おっと、アレにかかちゃいましたか?
まあ、これだけ流行していれば、不思議ではないですが。
私も感染大国日本で普通に満員電車通勤しているので、すでに2~3回は感染しているのではなかろうかと思います。アレルギー鼻炎持ちなので、軽症ならわからないと思うし……。
なんにせよ、仰るように、自力で治すのがいちばんですよね。わかってはいるのですが、ついつい目先の安楽を求めて、西洋のお薬に頼ってしまうんですよね。ただ、風邪に関してだけは、私も自力治療派です。生姜湯+餃子+クエン酸、これが最近の定番になっています。
この飴、包み紙(?)の絵がなんかアメリカンな感じですね。でも、たしかに文字が読めなくても、何に効くのか一目瞭然ですね。
ともあれ、まだ症状があるのでしたら、お大事に。
2022.09.26 12:00 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

本当にcovid-19かどうかは確認していないんですよ。つまりPCR検査を受けてはいません。
昨年、タダでもらえた簡易抗原テストでチェックしてみたらくっきり『陽性」とでたので、熱が下がっても5日間の自主隔離したという話でして。
でも、もう今年の春ぐらいから、スイスでは『恐怖の伝染病』モードは終了してしまいまして、「ちょっと面倒な風邪』という感じです。

ただ、2019年までと比べて、氣楽に風邪も引けなくなりましたよねぇ。
アレルギーをお持ちの方もさぞやりにくいこととお察しします。
私自身は2020年1月以来、初めて病欠したんですけれど、やはり健康は大切ですね。

生姜湯+クエン酸はともかく、餃子ってなんですか、餃子って(笑)
めちゃくちゃおいしそうな治療法なんですけれど。

この飴、ちょっと古くさい感じの包み紙ですよね。
でも、このインパクトのある絵柄のおかげで私も注目し、じつはかなりメジャーな飴だと氣がついたというわけです。
空港でも売っているんですよ。

1週間以上かかってようやく喘息みたいな咳の発作は治まってきました。
あと数日で、ハスキーになってしまった声も元通りになるといいのですが。

コメントありがとうございました。
2022.09.26 22:00 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/2085-484e3084