fc2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

納豆作った

「なければ作れの海外生活」の1つ、手作り納豆の話です。大豆さえあれば作れるんですよ。

自作納豆

日本にいたらまず自分で作らないものはいろいろあります。梅干し、味噌、蕎麦つゆなど、どこでも簡単に手に入りますものね。スイスの田舎では、まず手に入らないし、入ってもめちゃくちゃ高いので私は自作するようになりました。

スイス人の連れ合いが日本食に興味が無いうえ、もともと日本の実家がわりと洋風の食事が多かったこともあり、移住してから和食はほとんど作っていなかったのですが、健康のために和食の食材を探し始めて上に書いたあれこれを自作することになったわけですが、同じことをしている海外在住者はいるもので、いまはなんでもネットで作り方を調べることができます。

そして、納豆ですよ。これは調べもせずに無理だと思っていました。麦わらに特別な秘密の菌を入れて作るものだと思っていたので。ところが、調べてみたらその菌はまったく特別でもなんでもなく、世界中のそこらへんにあるというのです。草を枯れさせる枯草菌というのが納豆の元だというのです。

ヨーグルトメーカーを使うと確実らしいですが、我が家にはないので「シャトルシェフ」を使うやり方を試してみました。

作り方は簡単で、まず大豆カップ1くらいを指で潰せるくらいに茹でます。まだ熱いうちに、小さいタッパの底にそこら辺の草(ハーブなど食べられるものがいい)を敷き、茹で大豆の半分、また草を敷き、さらに残りの大豆、また草という感じで重ねます。私は増えて困っているセージや、パセリ、西洋ヨモギなどを利用して作っています。

軽く蓋をした状態で、シャトルシェフの内側の調理鍋に熱湯400mlと水200ml(つまり65℃〜70℃くらい)を入れてから、そっとタッパーを浮かします。外側の保温容器に入れて24時間保温します。だいたい12時間くらい経つと温度が下がっていると思うので、私は1度お湯を作り直しますね。温度が低すぎると失敗します。

これだけ。24時間経つと上の写真のようにバッチリ納豆化しているんですよ。ちなみに草だとできるか不安とか、面倒とか、イヤだという方は、粉納豆を使っても同じようにできます。海外だと入手が大変かもしれませんが。

さて、ここからが悩みどころでした。せっかくの糸引きが、翌日にはなくなっちゃうんですよ。味は納豆のままですからネバネバが嫌いな方はそれでいいかもしれませんが、健康のために作っているこちらとしては、ネバネバを維持したいじゃないですか。

調べてみたところ、お湯から出して冷蔵後も納豆菌はそのまま仕事を続行しているらしいのです。でも、食べるものがなくなっちゃうので、自分で作りだしたネバネバ成分を食べちゃうらしいのですね。それで、そのプロセスを止めるのが鍵だなと考えました。試しにひと晩冷凍してみたところ、ビンゴでした。解凍したあとは数日間経ってもネバネバは残っていました。賞味期限は1週間くらいだと思います。
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
相変わらず凄いな。夕さん(笑)。
世界広しと言えども、海外で手作り納豆を作っている人は、
多分、そうそういない(笑)。


確かに、私も手作りが大分増えましたねえ・・・。。。
やっぱり、物価高騰があるんで、
手作り出来るものに関しては手作りするようになりましたね。
その方が圧倒的に安く済むんですよね。
野菜を食べるのに、ドレッシングや浅漬けの素を使っていたんですけど、
物価高騰を受けて、手作りしてます。



この辺、私の完全なるその日の気分によって作成するので、
「中華なドレッシング(漬物)を作ろう!!」とかなって、
家族から不評だったこともあった(笑)。
文句言うなら、自分のお小遣いで買ってこい、って言い返してます(笑)。

2023.11.29 21:02 | URL | #- [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

わたしも驚きましたよ。
納豆作りに成功していた海外在住組の先人の執念に。
ナットウキナーゼのものすごい効果を知らなかったら、私は納豆作りまでには手を出さなかったと思います。
お味噌、納豆と作ることにしたので、結局大豆5㎏も購入しちゃいました。
頑張って消費します。

ああ、ドレッシングの手作りはいいですね。
面倒がらなければ、お酢と油とで作れるんですものね。
私も、いろいろな調味料を○○麹みたいな発酵調味料にしたらそれまで買いそろえていたいろいろな調味料が不要になって
同時に断捨離もできるんだなとわかりました。
お財布にも優しいんですよね。

あ、私もまずかった系の失敗もあります(笑)

コメントありがとうございました。
2023.12.01 13:32 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/2214-90de31c0