fc2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

大雪降った

さて、早くも師走。スイスももちろんバッチリ冬が来ています。

大雪の朝

日本にもあると思うんですが、ここスイスにも農民の歳時記というのか、言い伝えカレンダーみたいなものがあります。おそらく地域ごとに少しずつ違うんだと思います。私がいま書いているのは、この地域の言い伝えです。そのうちの1つに「聖マルティヌスの日までにラインの川底に雪が届いたら、その冬は半分終わったも同然」というのがあります。

聖マルティヌスの祝日は11月11日。この日から歳時記的には冬で農民は仕事じまいをするとか、その年の債務をすべて払う日とか、いろいろと重要視されている日なのです。そして、これより早くライン川の流れているあたり(標高700メートル前後)に雪が降ったら、その年は暖冬になるということらしいです。私にそれを教えてくれた方は、101歳で亡くなりましたが、ご自分でもそのルールを毎年チェックして98%くらいの確立で正しかったと言っていました。

それで、私は毎年11月11日までに雪が降るとけっこう喜んでいるのです。残念ながら今年はまったく降らず、「普通の冬かあ」と思っていました。10月はスイスでの天候観測開始後もっとも暖かかった10月だそうですが、11月からは急に寒くなり氷点下の日々もなんとも思わなくなっていました。

それでも、庭にはまだほうれん草、のら坊菜、そしてかなり大きくなってきていた白菜が残っていて、不織布でカバーはしていますが、これでも育つんならもう少し残しておこうと思っていたのです。

そしたら、突然大雪がやって来ました。雪が降ることに文句は言ません。12月ですもの。降ったら雪に決まっているんですよ。でも、そんなに降らなくてもいいんだけどな。金曜日の午後から降り始めて雪かきをしてもしてもどんどん降り続け、翌朝には太ももが埋まるほどの高さに積もってしまいました。

雪に埋もれた家庭菜園

土曜日の朝としては早起きして、白菜を救おうと家庭菜園の方に向かったのですが……。ご覧の通り完璧に埋もれていて、そもそもたどり着けない状態でした。白菜をピンポイントで探そうにも、どこにあるのかもよくわかりません。

そして、雪はまだ降り止まず……。ああ、もうダメか。諦めて戻ってきてしまいました。やはり東京などの家庭菜園とは違い、冬には何もできないんだなと学びました。

関連記事 (Category: ガーデニング)
  0 trackback
Category : ガーデニング

Comment

says...
今晩は。
随分降りましたね〜 スイスと関東では当たり前ですが、気候が違うのだなあとしみじみ。
此方は全く雪の気配の欠片もありません。
白菜もすっかり埋まってしまったそうですが、そのまま保存は出来ないのでしょうか。
貯蔵には0度以下で適度な水分が必要だけれども、雪から適度に得られるので瑞々しく、野菜が凍結から身を守ろうとデンプンを作るので甘くなる、雪の下野菜という一種のブランド品として聞きますが。
ただ、掘り出すのはかなりの重労働らしいですね。
そして、場所がわからないのでは……うーん。

寒いからこそ出来ることや美味しいものもあるので、どうせなら楽しみたいところですが、体調を崩しやすい時期でもありますので、どうぞご自愛ください。
2023.12.02 15:54 | URL | #yl2HcnkM [edit]
says...
私のところよりずっと降ってる
雪かきが大変そうです
早い時期に雪が降る方が暖冬になるんですね
なんだか不思議どういう仕組みなんだろ?
2023.12.03 12:57 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

連れ合いが子供の頃は、雪と言ったらこのくらいが普通だったらしいのですが、私が移住後はこんな感じで降るのは年に1、2回程度でしょうか。
幸い降りまくっているときに車で仕事に行かなくちゃ行けない用事が無くて助かりました。
しかし、やっぱり冬の家庭菜園は無理でしたね(笑)
いつもより重い雪だったせいで一夜明けて、雪の重みで映っているトマト用の簡易覆いが崩壊していました(笑)
私のほうれん草のあるあたりに。

白菜、まだ結球まで入っていなかったんですよ。
でも、不織布の下でけっこう青々と育っていたんです。もう少し溶けたら様子を見にいこうと思っていますが、ずっと氷点下のままだから当分無理かも。このあたりでフェーン現象でもあるといいんですけれど。

来年からは冬野菜を考えずに家庭菜園をしようと思いましたよ。
そうすれば晩秋から日本にも行けるし。うん、そうしよう。

そちらもお忙しいご様子ですが、どうぞご自愛くださいませ。
コメントありがとうございました。
2023.12.03 19:25 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

毎回、こんなにいっぺんに降るわけではないのですが、年に1、2回ほどこういうどかっと降ることがあります。
でも、今回のは重い雪でちょっと迷惑でした。雪かきも大変だったし。しくしく。
ダメ子さんのところももう雪景色でしょうか。

たぶん早い時期に降るということは、その年の気象がいつもと違うって事で暖冬になる確率が高くなるんじゃないかなあ。
たまに8月に雪降ったりもするんですよ。その年は不気味なくらいポカポカの冬でした。そういうの歓迎。

コメントありがとうございました。
2023.12.03 20:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おお、ものの見事な冬。そして、雪景色。大自然の光景ですね。
やはり、スイスの冬は凄いものを感じますね。
お身体をご自愛の上、お過ごしくださいませ。


こっちも冬将軍は突然にやってきましたね。
暖冬、暖冬と言われていても、
やっぱり寒い日は寒いし、雪が積もる所は積もる。
世界共通ですね。


野菜は残念でしたが、仕方ないですね。。。
・・・というか、
その中でも野菜を回収しようとする気概の
夕さんはマジで凄いですね。


写真もありがとうございます。
恐らく、私が赴くことがない国ですから、
こういう写真はとっても嬉しいです。
2023.12.04 08:51 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

冬といったら降るのは雪なんですけれど、毎回ここまでたくさん降るわけじゃないんですよね。
今回はドカッときました。
で、めちゃくちゃ重い雪がどっかりと積もってしまったら、私ごときにできることはほぼないんですよ。
畝までたどり着けない時点で諦めました(笑)

日本は夏から秋を通過せずに冬になったみたいな話を聞きますがもう12月ですものねぇ。

冬らしい光景が今のところ広がっていますが、毎年クリスマス前になると溶けちゃったりするんですよねぇ。
まあ、どうなるか見てみましょう。

コメントありがとうございました。
2023.12.05 20:12 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/2216-86a2774e