scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】夜のサーカス あらすじと登場人物

この小説は、当ブログの10000Hitを踏んだスカイさんのリクエストから読み切り小説「夜のサーカスと紅い薔薇」として生まれました。その後、スカイさんが篠原藍樹さんと始められた「月刊・ステルラ」用に連載として生まれ変わりました。

このブログではじめからまとめて読む
縦書きPDFで読む(scribe ergo sum: anex)




夜のサーカスと紅い薔薇


夜のサーカス Circus notte

【あらすじ】
イタリア。六歳の時、サーカスで皆に笑われるピエロから紅い薔薇をもらったステラ。彼は、前日におとぎ話と同じように白い花をくれた少年ヨナタンだった。運命を信じるステラは、ヨナタンを追って十年後にブランコ乗りとして「チルクス・ノッテ」に入団する。謎の多いヨナタンや個性豊かな仲間とともにステラのサーカス人生が始まる。

【登場人物】(年齢は第二話「夜のサーカスと金の星」時点のもの)
◆ヨナタン(26歳)
 道化師。ジャグラー。パスポートがなく、過去が謎に包まれている。
◆ステラ(16歳)
 ブランコ乗り。ピアチェンツァの近くの山村で育った少女。
◆ブルーノ(28歳)
 褐色の肌を持つ逆立ち男。アフリカ出身。
◆マッダレーナ(24歳)
 孔雀色の瞳とストロベリー・ブロンドの美しいライオン使い。
◆マッテオ(20歳)
 大車輪芸、ブランコ乗り。ステラを子供の頃から知っている。
◆ルイージ(46歳)
 バランス綱渡り男。
◆マルコ&エミーリオ(23歳)
 馬の世話と団長夫妻の下僕をつとめる双子。
◆ダリオ(38歳)
 チルクス・ノッテの専属料理人。
◆アントネッラ(38歳)
 コモ湖のヴィラに住む女性。
◆バッシ氏(イル・ロスポ)(50歳)
 大型トラック運転手。ひきがえるに酷似しているので《イル・ロスポ》と呼ばれている。
◆シュタインマイヤー氏(52歳)
 もと警察幹部で、現在は政治家。
◆ヴァロローゾ(4歳)
 「チルクス・ノッテ」の所有する雄ライオン。マッダレーナと相性がいい。
◆団長ロマーノ(58歳)&ジュリア(45歳)
 「チルクス・ノッテ」を率いる二人。団長は馬の曲芸師で、ジュリアはもとスター・ブランコ乗り。

【関連地図】
チルクス・ノッテ関連地図


【関連記事】
「Alegria」の歌詞を訳してみた
関連記事 (Category: 小説・夜のサーカス)
  0 trackback
Category : 小説・夜のサーカス

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/330-3259d749