FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

寝ているには惜しい


この建物、何だと思います? 教会、修道院? そう昔は修道院だったのです。今は病院なのです。

Klinik St. Katharinental

写真だと、私がびっくりしたインパクトが伝わっていないような氣がします。門構えといい、秋の美しい樹々の様子といい、カフェテリアの横を流れていくライン川の光景といい、あまりの美しさに訪れた当初の目的を忘れそうになったほどです。そう、私たちはお見舞いに行ったのです。

病院と言っても、ここには大手術をするような施設はありません。そういう病院はもっと近代的な建物です。でも、術後の経過を見る、もしくはリハビリ目的で入院しているような人たちは、近代的な建物である必要はなくて、むしろこの美しい、静謐な空間でゆっくりと癒されていくのは素晴らしいことだと思います。

趣だけではない、けれど機能だけではない、そのバランスの作り方が、この国は本当に上手だと感心します。そう、スイスなので、たとえ昔に建てられた古い建物であろうと、超がつくくらいに清潔です。

追記



コメでウゾさんが、ちょうどそういう設定の建物の出てくる小説をお書きだというので、嬉しくなってもう一枚。中の写真。それっぽいでしょう?

修道院を改装した病院の中
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 こんにちは。
うっわぁーーーー リンクしてしまったぁーーーーー
僕の 探偵もどき二人組みの 猫探しと言うか 此の小説の メイン舞台
もと 修道院兼 病院であった 建物が 屋敷内にある 古い 幽霊屋敷なのですよ…
ああっ まさかの 妙なつながり 驚きました。
2012.11.05 07:04 | URL | #- [edit]
says...
こういう病院は、日本には中々無いですよね(´・ω・`)

落ち着いた病院で、診察を受けたいです。
キビキビしたところはどうも苦手で(^-^;
2012.11.05 11:55 | URL | #SIR.BgG2 [edit]
says...
こんばんは。

もう、具合はだいぶよくなりましたか?
湯たんぽが温めてくれたものね。

さて。まああ、なんて嬉しいシンクロでしょう。嬉しかったので、追記に中の写真もアップしちゃいました。
こんな感じでしたよ!

楽しみだなあ。「猫を探してください」の先、絶対あると思っていました。これは新カテゴリーですね!

コメントありがとうございました。
2012.11.05 19:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうですよね。日本の病院はいつも人がたくさんいて、待たされて、しかもキビキビ診察されますよね。
このクリニックは、看護婦さんが白衣でなかったら、「本当に修道院で隠遁生活を始めたの?」と訊きたくなるような、俗世界から離れた感じでした。退院したあと、通常空間に復帰出来なくなるかも……。

コメントありがとうございました。
2012.11.05 19:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます、TOM-Fです。

病院というところは、あまりお世話になりたくない場所ではありますが、なんとも素敵な建物ですね。
こんなところで働いている医師や看護師なら、ホスピタリティというものに近いところにいらっしゃるのでしょうね。

記事と写真を見て思い出すのが、堀辰雄の「風立ちぬ」ですが……学生の頃に読んで、ひどく影響を受けたことがありました(遠い目)。
あるいは、さだまさしの「療養所(サナトリウム)」とか。

失礼な言い分になりますが、もし自分が入院しなければならないことになったら、こんな病院がいいですね。
2012.11.06 01:40 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

ああ、サナトリウム。わかります。「風立ちぬ」は、みな通った道でしょうか。予定では、二十世紀のうちにああいう感じで儚くなるものだと漠然と憧れていたのですが、え〜と(笑)

こちらでサナトリウムと文学つながりでいうとダヴォスですかねぇ。「魔の山」ですね。

私も入院するなら、こういう所がいいのですが、但し書きがありまして、全額保険が払ってくれるなら、です。実費で払ったら即破産します。

コメントありがとうございました。
2012.11.06 19:51 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/346-bf8d8a2c