FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

シヨン城のお話

つい先日、リクエスト置き場(ネタ提供のお願いともいう)を新設しまして、ウゾさんから早速リクエストをいただきました。ウゾさん、どうもありがとう。

早速 リクエストさせて 頂きます。
バイロンの詩集 「シヨンの囚人」 の舞台になった シヨン城 
其れと ムゼック城砦の時計塔等の スイスの建築物に付いての記事を
読みたいです。



で、まずは、シヨン城について。といっても、全然詳しくないんです。たぶんウゾさんと知っている事は同じ程度。旦那の生まれ故郷から帰ってくる時にバイクで横を通るので、何度も目にしているのですが、なんせ誰かが停まってくれないので写真もないじゃない! で、WikiMediaのフリー画像をリンクしておきますね。

Gustave Courbet - Le château de Chillon
Gustave Courbet [Public domain], via Wikimedia Commons

さて、おさらいしてみましょう。モントルーにあってレマン湖に浮かんでいるこのお城は現在のフランス、イタリア、スイスの一部にまたがるサヴォア王国のお城でした。その地下牢に修道院長フランソワ・ボニヴァールが六年間繋がれていたのです。それを19世紀にバイロンが「シヨンの囚人」という詩に謳って世界的に有名になった訳です。

もう少し掘り下げてみましょう。サヴォアは、ジュネーヴとは時々戦争なんかもしていた国です。いまでも、ジュネーヴではサヴォアの急襲をスープで撃退したという「エスカラード」のお祭りを毎年祝っています。で、ボニヴァールはジュネーヴの宗教改革と独立を支持したので捕まえられてしまったのです。それをベルンをはじめとするスイス連合軍が解放したのという宗教改革とスイス独立を象徴するお話なのですね。

スイス人のプロテスタントの方々は、カトリックと王制や貴族制が嫌いなので、宗教改革や抵抗してスイスが勝ったという話が大好き。「そんなに鬼の首を取ったように……」と思う事もあったり。まあ、そんなわけで、「シヨンの囚人」もその手のスイス人の大好きなストーリーである訳ですね。

とはいえ、私だけでなく、本当にお城を訪ねたというスイス人が周りに全然いないので(遠いんですよ、要するに)、中がどうなっているのかは謎です。たぶん、ボニヴァールが繋がれていた地下牢も見学出来ると思います。バイロンの肖像のついた「シヨンの囚人」ワインもここで買えるとか。周りには葡萄畑が広がっているので、きっと美味しいんだろうなと思います。

行った事のある方は、ぜひコメントで教えてくださいませ。
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス
Tag : リクエスト

Comment

says...
 こんにちは。
おおっ シヨン城 綺麗なんだよなぁ 此の城 写真でしか 見たことないけど…
横を幾度となく 通って 見ている 羨ましい限りです!!!!!!

へぇ… そうなのですね プロテスタントの方々には 複雑な心境があるのかぁ…
面白いですね
シヨン城の人気から スイス人の気質が 垣間見えるのですね。

バイロン肖像つき ワイン… おそらく 凄く美味しい でも バイロン…
普通の 城のラベルも売っているのでしょうか。 

スイス人が垣間見える 面白い記事でした 取り上げて頂いて 有難う御座います。 
  
2012.10.29 06:57 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。
黄色の紅葉のお写真に見とれちゃいました~♪
2012.10.29 14:21 | URL | #- [edit]
says...
HIZAKIです☆

ここ数日間、眠り病がひどくてご無沙汰してます。
気が付くと一日スキップ状態で… 

あきれず、お付き合いお願いいたします@@

NH美乳党など打破せぬことが目白押しですね!!わがひんぬ~党には!!

とりあえず、ゆぅくり読んで感想描きますね^^ 遅作&遅読なのでご勘弁を…

あっ木馬は嫌です!!!!党首!!木馬だけは!!!!(笑)

HIZAKI
2012.10.29 18:03 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

スイスの約半数がプロテスタントで、40%強がカトリックなのですが、だいたい州によって、プロテスタントとカトリックに別れているのですね。(うちの州だけ違うんですが。この話はいずれまた記事にしようっと)
で、いまだにいがみ合いがちなので、ちょっと前までは結婚するのも厄介だったんですって。家族同士で「あいつらはどうせ……」になりますしね。

お城よりも、バイロンの方が有名なんで、もしかしたらバイロンラベルしかないかもしれませんね(笑)

コメントとリクエスト、ありがとうございました。
2012.10.29 18:06 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ああっ。チビmomoさん、こんばんは。
こ、こちらこそ、いつも素敵な写真の数々に見とれて、さらにコメントするのが遅れては見送っている日々、恐縮です!
今日こそ、コメントの波に上手く乗れるといいんですけれど……。

コメントありがとうございました。
2012.10.29 18:10 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
眠れる森のHIZAKIさんなんですね。
寒くなってきましたから、ちゃんと毛布をかけてくださいね。(なんだそりゃ)

NH美にゅ〜党のM党首も病床から完全復帰なさったみたいです。

「夜のサーカス」畳み掛けるように、ハロウィンバージョンが水曜日にも出るんですけれど、ご無理なきよう。それが終われば、次は一ヶ月後ですので。

木馬? 木○責め? そうか、和風なごーもんなんですね? 私はまた「鉄の○女」など、そっちのかと想像していました(笑)

コメントありがとうございました。
2012.10.29 18:16 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
『拷問器具』というより『処刑器具』では!?氏んじゃいますってばッ(汗!!?!
さすが鉄の掟ですな、なかなかに容赦がない(笑)
横レス失礼いたしました……。
2012.10.30 04:01 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。
そっか。確かにあの仕組みだと復帰は難しいですね。西洋式は容赦ないんですね〜(^-^)/

スペインの怪しい博物館で本物見ちゃいました。
コメントありがとうございました(笑)
2012.10.30 06:39 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/355-1e839292