FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

大道芸人たちの見た風景 - 19 -

評判のいい海外の写真をエサに、読んでほしい小説「大道芸人たち」のアピールをしまおうという無茶な企画としてはじまった「大道芸人たちの見た風景」シリーズ。その「大道芸人たち」も来週はいよいよ最終回でございます。思えば、こわごわ連載を始めたのは、ブログを開設してまだ間もない三月。はるばる来たなあ。こんなに長いのに、辛抱強く読んでくださった皆様、ありがとうございました。来週も、どうぞよろしく。

パラドールの部屋は……

パラドールに泊らなかったら、たぶんカルロス・マリア・ガブリエル・コルタド(カルちゃん、ギョロ目、イダルゴ)というキャラクターは生まれてこなかったと思います。コルタドというバルセロナにほど近い架空の土地の領主さまである、裕福な実業家のイメージは、かなり早い段階に固まりました。彼はメインキャラではありませんが、Artistas callejerosの存続には必要不可欠の存在。優しくて愉快でラテンな父親役です。

パラドールはご存知のようにスペイン各地にある半国営の宿泊施設で、昔のお城や修道院の建物を利用した豪華で歴史の重みのある建物も多く、そのスペインらしい美しい建物や王侯貴族になったような気分を味わえるサービス、とても美味しい料理の数々を楽しめる贅沢なホテルです。近年のスペインの経済危機で存続が危ぶまれているそうですが、どうかいつまでも残してほしいと願っています。

この記事を読んで「大道芸人たち」を読みたくなった方は、こちらからどうぞ
関連記事 (Category: 大道芸人たちの見た風景)
  0 trackback
Category : 大道芸人たちの見た風景

Comment

says...
 こんばんは。
本当に 歴史あるホテルは 其の値段以上の思い出を齎してくれますよね。
画一的な 快適さを追求したホテルよりも 多少不便でも 趣のあるホテルでの滞在は素敵!!!!

僕のホテルの一番は エジプトのオールドカタラクト そして 二番は アテネの 
既に名前すらわからない 謎すぎるホテル。
ああっ 遠いなぁ でも 再び 訪れるのだろうなぁ きっと…

2012.12.22 10:15 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは。
ひよっとして 鍵コメになっている?????
そうなっているのならば ミスなので ごめんね。
2012.12.22 10:18 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

氣づくのが遅れちゃって、ごめんね。ブロとも以外のコメの公開は手動なの……。本当はウゾさんをはじめリンクしているブログのお友だちのコメントは承認なしで公開したいのだけれど、FC2ってアカウントごとには設定できないのよね。全コメントを完全に承認なしにするのもちょっと怖いので。(前、ウルトラエ口いのが来たし)

ヨーロッパには、そういうホテルがけっこうたくさんあるのですよ。で、うちの連れ合いも、そういう歴史あるホテルの方が機能的なビジネスホテルよりも好きで、利害が完全一致なのです。

日本だと由緒ある旅館はいいですよね。ただ、お値段が……。

アテネの謎のホテル、行ってみたいなあ。どこなんだろう(笑)

コメントありがとうございました。
2012.12.22 11:07 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
部活でよくホテルや旅館に泊まっていましたが、
夏に、とあるふるい旅館に泊まったら、風呂が部屋についていない、食事はお味噌汁魚ご飯だけ、クーラー壊れてる、虫が入ってくる・・・

やはり、一番安定しているビジネスホテルが楽です・・・
2012.12.22 12:57 | URL | #DNM/eCMo [edit]
says...
こんにちは。

おやおや……。たまにありますね、大はずれの旅館。もっともホテルとは言うものの「ええっと……」な設備のところもありますから、実際に行ってみるまでは油断できないかもしれませんね。

パラドールは安定して施設は素晴らしいですよ。王侯貴族のように滞在できます。お値段も十分高いですが。一番有名なパラドールはあのグラナダのアルハンブラ宮殿の中にあるのです。よかったら一度是非。

コメントありがとうございました。
2012.12.22 14:18 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/412-5175877e