FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ムパタ塾のこと - 6 -

意外と興味のある方の多いムパタ塾の話の続きです。

これまでの話は、カテゴリー「アフリカの話」でまとめて読む事が出来ます。こちらからどうぞ。

鳥のリスト

日本でも自然の豊かなところにお住まいの方には笑止千万な話ですが、当時の私が同定できる鳥というのは両手で数えられるくらい、足の指は必要ない程度でした。実際に、東京でごく普通に見ることのできる鳥といったら、鳩、カラス、雀、ヒヨドリぐらいだったのです。こういう自然とは切り離された暮らしをしている人間が、マサイマラ国立公園内で暮らすとなると、その無知っぷりが大いにクローズアップされるわけです。

ムパタ塾の参加者の大半は「ゲームサファリが大好き」でネイチャーウォッチングの授業は「まあ、一回ならいいかな」ぐらいの興味しかなかったのですが、私はサファリ以上に興味がありました。

最初の日は、ホテルの庭のなかを一時間程度散歩しながら見た鳥の名前を羅列していく授業がありました。この時間は、もちろん講師に名前を教えてもらいそれをメモするだけだったのです。最初の週末(授業がなくて自由時間)に、ホテルの図書室にある鳥類事典を借りて、メモした鳥の絵を持っていった水彩色鉛筆で描いたのが上の写真です。とてもきれいな鳥がどんどん飛んでくるのですよ。

下の写真は、別の日にホテルの庭(といっても、周りに自生している植物と同じものがあるだけ)で、主にマサイ族が現在でも使っている植物についてのレクチャーで採取した植物や写真です。これらはみな私の「ムパタ塾スケッチブック」に貼付けてあって、いい思い出になっています。

植物のリスト

たとえば、「マサイの石けん」といわれる葉はもんでいると泡がでてきます。これで手を洗うので他に石けんはいりません。「マサイのトイレットペーパー」といわれる葉もあります。用途は、おわかりですね。「マサイの歯ブラシ」といわれる木の枝は先の薄皮を剥ぐと繊維がブラシのようになっていて、しかも殺菌効果もあるのだそうです。アガベの葉先の針になっている部分を折ると、繊維質がついていきて、それはまるで針と糸が一体になったようです。彼らはこれらで本当に繕い物をします。私の指にトゲが刺さってとれなくなった時、実際にこのアガベの針を使って刺を抜きました。

こうして人びとは、自然と一体化した暮らしをしています。もともとそこに生えている植物ですから、使い終わったあとにそのままぽいと放り投げてもそのまま自然に還っていきます。つまりゴミ問題も発生しません。

こうした暮らしを何十万年も続けてきた人たちが、プラスチックを突然手にしてしまったりすると、問題が発生します。アフリカ人がゴミ箱にゴミを捨てない、道に何もかも捨てていき問題になっていることには、こういう背景もあるようです。その一方で、毎日何十万トンというゴミを排出する私たち先進国の人間の当たり前の生活についても考えるきっかけができました。

スイスに来てから、ゴミ問題については、続けて意識して暮らしています。ゴミ箱に入れるからそれでいいのではなく、はじめから可能なかぎりゴミを出さないくらしを心がけるようになったのはこのムパタ塾での体験がベースになっているのです。
関連記事 (Category: アフリカの話)
  0 trackback
Category : アフリカの話

Comment

says...
 こんにちは。
素敵なスケッチブックですねーーーー
此れだけ 整理され詳細に描かれていると 後々も楽しめる いい思い出の品になりますね。

本当に アフリカは 多くの問題を突きつけてきますからね 色々と考えさせられます。
今も アフリカは 揺れているようですが どの様な接し方が よりいいのか 分からない。

今一度 もったいない ありがたいと言う 気持ちを考える必要があるのでしようね。
2013.01.22 08:02 | URL | #- [edit]
says...
思い出しました。
日本にもありますよ「石けん草」
もむと泡が出るのです。正式な名前は知りませんが、子どもたちはそう呼んでいました。
石けんのようにきれいに洗えるかというと、そうでもなかったです。
2013.01.22 11:59 | URL | #em2m5CsA [edit]
says...
水彩色鉛筆!絵上手じゃないですか。十分自力で書けると思いますー
2013.01.22 12:29 | URL | #- [edit]
says...
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.01.22 14:59 | | # [edit]
says...
こんばんは。

そうなんです、お宝なのです。
向こうから毎日送っていた絵はがきも、イラストも、レクチャーのノートも全部これにまとめてあるので、ムパタ塾の資料はこれ一本なのですよ。

世界がグローバル化して、物質的豊かさと、精神的なものと、それに政治やら宗教やら、何もかもごっちゃになって混乱していますよね。それと同時にとても大切なものがすごいスピードで失われてもいる。アフリカだけではないのだけれど、アフリカではよく眼に見える形で混乱しています。だから、考えさせられることが多いです。

すごく大きな問題でも考えますが、それと同時に、自分の生き方という、身近なところでも考えています。

コメントありがとうございました。
2013.01.22 18:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

へえ〜。さすが博識のしのぶもじずりさんです。そうなんですか、日本にも。
もしかしたら同じような植物かもしれません。
本当の石けんと同じようにはなりませんね。
でも、滅菌レベルまで求める日本とは違って、アフリカとしては、あれでOKな感じでした。

コメントありがとうございました。
2013.01.22 18:49 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

おお! 晩冬さんだ。お元氣ですか〜。ビール、楽しんでいますか〜。

いや〜、図鑑みて写生するのと、自分でイラストを描くのとのあいだには、日本海溝よりも深い溝が横たわっているのですよ。

コメントありがとうございました。
2013.01.22 18:52 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
アフリカですか
私は自然の中で生きてきた男なので、最近はおかしい事になってると気づいてきました。
まず、雪が降らない。
私の地域では、昔は腰ぐらいまで降ったのですが、最近は全く降らない。
やはり、地球は壊れていっている・・・と思います。
物をなるべくリサイクルして、地球の変動を押さえていきたいですね。
2013.01.23 14:20 | URL | #DNM/eCMo [edit]
says...
こんばんは。

Fランナーさんのところも豪雪地域だったのですね。同じことを私の連れ合いも言っています。昔は、冬と言えば一メートルくらい積もるものだったって。

エネルギー消費にしろ、地下資源にしろ、便利なのが当たり前になってしまって、どれだけ地球環境を害を与えているのかに氣がつかないことがたくさんあるみたいです。こうして時々、自分を振り返りながら生活するようにしたいです。

コメントありがとうございました。
2013.01.23 18:22 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/441-4e4b6d90