FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

樋水龍神縁起の世界 - 5 -

写真を使って、連載小説「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」に興味を持っていただこうとするコーナーです。

八重桜

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」は、本編の方が完結して放心した後に書いた小説です。実をいうと、本人としては本編で書きたいことを究極に書ききってしまったつもりだったので、もう何も書けないのではないかと思っていました。小説を書くことも、これでおしまいかと思ったのです。でも、「もう一度だけ、ここまで行かない、人間視点の物語を書いてみよう」と思ったのが、この作品の誕生のきっかけでした。これがなんとか書けたので、それから「大道芸人たち」が生まれ、そして、ブログをはじめて現在に至ります。反対にいうと「Dum Spiro Spero」を書かなければ、このブログは存在しなかったということになります。だから、私にとっては、かなり思い入れの深い作品なのです。

さて、樋水龍王神社で咲く桜のイメージは、実は八重桜です。ソメイヨシノでもいいのですが、禰宜がぶつぶついいながら掃いている絵柄からすると、儚さの象徴のソメイヨシノよりは、ピンクの鮮やかな八重桜がイメージなのです。

それに、今回の連載とはあまり関係ないのですが、本編の方でとても重要な役割を持っていた、龍王の池のほとりに立つ二本の桜が絡み合った夫婦桜も八重桜です。この桃色は、媛巫女瑠璃を象徴する色でもあります。

スイスの田舎である私の村にも、たくさんの八重桜が咲きます。真っ白いアルプスと、青空をバックに花見をするのは最高の贅沢です。五月までお預けかな……。



「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」を読む この記事を読んで「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」が読みたくなった方はこちらへどうぞ

官能的表現が一部含まれるため、成人の方に限られますが……「樋水龍神縁起」四部作(本編)は別館にPDFでご用意しています。
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(scribo ergo sum: anex)
関連記事 (Category: 樋水龍神縁起の世界)
  0 trackback
Category : 樋水龍神縁起の世界

Comment

says...
>樋水龍王神社で咲く桜のイメージは、実は八重桜

うんうん。と何故か納得しました。
儚いイメージより、桜の中でも艶やかなこのピンクが私もイメージにしっくりきます^^

夕さんでももう書けないという想いを抱くことがあったのですね。
いえ、人間ですからそれはそうなんですが……そうですよね(一人納得)

私は先に「大道芸人たち」を読んでいましたので、この「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」が生まれて
その後に湧き出てきたお話だったとは驚きでした。
書くことへの情熱が、出し切った後に出てくるなんて本当に凄い。
でももしかすると、やりきったと思えるからこそ、また違う世界が見えてくるのかなとも思ったりしました。

夕さんの作品がますます愉しみです^^
2013.04.02 11:24 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」誕生には、そんな事情があったんですね。
たしかに、ひとつの地平線を越えてみたら、じつはその先にもっと広い世界があった、っていうのありますよね。
これは、ますます連載の続きが楽しみになってきました。
第2話、明日ですよね。わくわくします。

ソメイヨシノの儚さ、八重桜の艶やかさ、どちらも美しいですね。
私の住んでいる関西では、今が盛りの満開です。


2013.04.02 13:09 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

そうなんです。
構成も、思想も、キャラも、自分としては究極で作ったつもりだったので、出来上がってからふと困ってしまったのです。
「これから何を書いても、これと同じになってしまうか、それ以下になってしまうんじゃないか」って。

で、この「Dum Spiro Spero」を同じ世界観の中で、しかも違う(思想的には下の)レベルで書いてみて、自分の中では「下の」作品ではなくて「違う」作品になったと感じたので、「あ、まだ書けるかも」と思えたんですよね。敢えて言うなら「神の世界」はもう書かないだろうけれど「人間の世界」はまだいけるって感じでしょうか。

作品の順序でいうと、「樋水龍神縁起」(四ヶ月)→「Dum Spiro Spero」(一ヶ月)→「大道芸人たち」(五ヶ月)になるのです。しかも、その間に十数日しか空白がないんですよね。こんなに書きまくったのはこの時期だけだったかも。

はじまったばかりの「Dum Spiro Spero」、どうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございました。
2013.04.02 17:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうなんです。YUKAさんへの返信でも書きましたが、何をどう書いていいのか途方にくれちゃったのです。
とっても、間を置かずにトライしたおかげで、すぐに勘が取り戻せましたが、あれを放置したらたぶんブログデビューもしないまま引退だったことでしょう。

そうなんですよ。新連載の二回目。ようやくもう一人の主役も出てくるのです。ヒルシュベルガー教授と俺様の新連載なんてはじめている場合ではないのです(笑)

満開なんですか。いいなあ。うちはようやく蕾が膨らんできた所です。まあ、五月でしょうね。今週末は雪なんだそうで(しくしく)

コメントありがとうございました。
2013.04.02 17:19 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/518-89989203