FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

この世は毒ばかり

企業のまわし者のような日本のテレビと違って、大胆なドキュメンタリーで消費者に情報を流すのがスイスやドイツ系のテレビ局です。日本だと、ネットで得るような情報でしょうか。

ベルトコンベアー式に「生産」されるひどい養鶏の話や、肉を新鮮に見せるためにガスを注入する大手スーパーの話、または大手通販のブラック企業ぶりなどをガンガン告発しちゃっているわけです。テストも「これはいい」「この部分はアウト」をはっきり言ってくれるので、値段との折り合いでどの商品を選ぶかは視聴者、消費者に任されるわけですが、このスタンスは日本のテレビよりもずっと信頼できるなと思うのです。

で、今日の本題。ビスフェノールAという物質をご存知でしょうか。食品の包装容器からレシートのインクにまで広く使われている物質です。神経異常を引き起こす可能性があり、特に胎児や乳幼児の影響が強いと言われています。日本語で、この物質のことを検索すると「有害とは認められない」という方向に近い書き方をされていますが、ヨーロッパではかなり黒に近いグレーで、妊娠中の人間はレシートに素手で触れるなという人もいます。

で、じゃあ、これを避けようかと思うとですね。本当に難しいのですよ。ペットボトル、旅行の必需品です。しかも、暖めると水中に溶けやすくなるってことは、ペットボトル入りのお茶暖めたのはアウトですよね。私が普段使っている計量カップ。プラスチックです。熱湯を計ってますね、アウト。缶詰のトマト。缶詰の錆び止めに使われているんだそうで酸味のあるトマトなどで溶け出すんだそうです。トマト缶、はい、大量に使っています。今月は仕事で、大量のレシートを印刷。料理の保存にポリ袋。もしくはタッパウェア。

たった一つの物質でこの騒ぎです。で、有害だといわれている物質は、これだけではないんですよ。さて、聞かなかったことにすればいいのか、それともできる範囲で生活を変えていけばいいのか。現代社会を生きるのは、いろいろと大変です。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
こんばんは、TOM-Fです。

うへぇ、その物質は、はじめて知りました。
PETボトルなんて、しょっちゅうお世話になっているのに。缶詰だって、知らないうちに口にしているでしょうし。……怖いですね。
厚生労働省も、中立の立場からきちんと調査して、しっかりと公表周知してほしいものです。

そういえば、乾燥ひじきに有害物質のヒ素が多く含まれている、という話もありますね。
ひじきの煮物、栄養もあるし美味しいので好きなのですが、その話を知ってから食べる量を減らしています。まあ、大量に食べ続けなければ健康に害はないようですけど。
知らないだけで、こんな話はいっぱいあるんだろうなぁ。

渡る世間は毒ばかり、ですね(笑……えない)
2013.04.18 10:51 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

最初は、たとえば「アルミニウムには氣をつけよう」だったんですよ、我が家では。ほら、アルツハイマーの原因かもしれないという話があったじゃないですが。で、計量カップはプラスチックにしたんですよ。そしたら、こんどはこれ。

肉でも、狂牛病の後に、鶏インフル、それから豚インフルと大騒ぎになって、「結局食べる肉ないじゃない」という話になり、今では全部食べちゃっています、私(笑……っちゃえ)

ひじきにしろ、砂糖にしろ、牛乳にしろ、「毒だ」って話がわわっと広まると「じゃあ、やめなきゃ」と思うのですが、結局、これなら安全というものはないんですよね。

なんにせよ、「そればっかり」は避けた方がいいんでしょうね。

コメントありがとうございました。
2013.04.18 18:12 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
私はどちらかといえば防ぎようもないし
気にしてもしょうがないかなあって方だけど
いろいろな情報が伝えられるってのはいいですね

日本だと(だけかはわからないけど)
みんなが安全(危険)だと思ってるから安全なんだ
と言う印象操作みたいなのが多い気がします
テレビに限らず…
そっちの方が効果があるからなんだろうけど
こういう情報とこういう情報とがあるけど
最後は自分で決めてね
の方がいいと思うし、そういうところはうらやましいです
2013.04.18 22:06 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

単純に「大げさだよ」ってことならいいんですけれどね。

日本の問題点は「100%大丈夫なもの」と「100%許せないもの」の中間がないことになっていることじゃないかしら。
例えば、節電に役に立つのでいきなり主流となった蛍光灯式の電球、あれ壊れると猛毒ガスが出るので危険でもあるんですよね。それを知った上で節電の為に購入するっていうのは消費者に任された自由なんですが、その辺が日本では曖昧かもと思ったりします。

ただ、あまりにも「あれも危険」「これも危険」ということばかりきいていると、「もう何でもいいやい」になってきてしまうのも現実(笑)

コメントありがとうございました。
2013.04.18 22:28 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/537-d096bff3