FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

こっそり、報告

もうそろそろ、カミングアウトしてもいいかな。

マイ・ギター

二週間前の土曜日に、ギターを買いまして、毎日少しずつ練習しています。といっても、本当の素人でまだまだ本当に続くのかわからない状態なのですが。

実は、「大道芸人たち Artistas callejeros」を書いている頃から、何か楽器がやりたいなあと思っていました。私は合唱以外は音楽をまともにやったことがなくて(両親が音楽家だったにもかかわらず)、楽譜もぱっと見ただけでは追えないのですが、でも、老後に何か音楽を奏でられるようになっていたいなあと。

まあ、稔ぐらいちゃんと弾けるようになる日は永久に来ないでしょうが、自分が楽しめる程度にはなりたいなと秘かに夢みていたりするのです。

そういうわけで、ここ二週間、ずっと左の指が痛いままの私なのでした。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
 こんにちは。
楽器は 好きな曲 何時か弾きたい曲があると 俄然練習にやる気が出て 続きますよ。
僕は ピアノ程度ですが 続けています。

ああっ ギターいいですよね。
何処にでも持って行って 弾ける ピアノは 持ち歩き出来ないので 決められた処でしか弾けない…
今後 八少女さんの小説に 如何様な影響を及ぼすのか 楽しみです。
2013.04.27 05:22 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは、TOM-Fです。

ギターですか、私もちょっとだけ練習してたことがありました。
やはり才能がないということを、再認識させられましたけど(笑)

えっと、クラシックギターでしょうか?
「アランフェス協奏曲」とか、「アルハンブラ宮殿の思い出」とか、「禁じられた遊び」とか。
弾けるようになったら、動画でアップして下さいね。
って、すみません、注文多くて。
2013.04.27 06:42 | URL | #- [edit]
says...
今度はギターまで…
どこにそんなに時間があるのかふしぎ

動画期待してますです
2013.04.27 07:53 | URL | #- [edit]
says...
楽器が使えると、作曲なんかもできるようになりますよ。
うちのブログで、恥ずかしげもなくさらしている曲は、初めにギターで作ったものです。

左手の指、お大事に。
私も痛くて、弦を軟らかいコンパウンドにしていました。
音の迫力より、指を選びました。
2013.04.27 10:03 | URL | #em2m5CsA [edit]
says...
こんにちは。

老後の楽しみにしようと思って。何曲か「いずれは」という曲があるのですが、エベレスト登頂よりも遠い道のりでした。

ギターにしたのは実はその持ち運びでした。どこか外国に引越すことになっても、ずっと持っていける、どこでも弦が手に入るし、楽器が壊れてもまた買える、外で一人で弾いていてもおかしくない(マンドリンやハープじゃ……)。

これだけ多くの人が簡単そうに弾いているので、もっと簡単なのかと思いましたが、初心者にはいろいろとハードルが高いです。ま、のんびりと頑張ります。

コメントありがとうございました。
2013.04.27 10:42 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

そんなすごいのが弾けるようになるには、100年くらい必要です。たぶん、FC2がもうないから(笑)
(っていうか、私も消滅している)
エレキではないですよ〜。(あたりまえ)

CコードとGコードの切り換えが出来なくて、既に泣きそうです。

コメントありがとうございました。
2013.04.27 10:45 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

執筆を削るか、それとも家事を削るか。後者ですかね。
ま、田舎だから、他の方よりも暇なんですよ。

動画……。稔に代りに弾いてもらうことにします。

コメントありがとうございました。
2013.04.27 10:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

作曲なんて、そんな遠い道のりです。
まずは、まともに音が出るようにならないと!
こういう風に弾きたいと頭が思うと、自然に指が動くようになりたいです。(いつのことやら)

子供の頃、一年ほどコントラバスを習わさせられたのですが、あの時は血が出ました。
それに較べれば、ナイロン弦のギターはかわいいものです。
ただ、24時間、この感覚がないままなのは、いつまで続くのか……。

コメントありがとうございました。
2013.04.27 10:51 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは(*´∀`*)
おお、楽器・・・!!いいですね!
私は音楽方面はからっきしで、音楽の授業ではヒーヒー言ってた記憶しかないのですが(笑)
音楽に触れて、ますます八少女さんの作品が鮮やかになる予感です^^!!

楽器って何ともいえずカッコイイ!
私も、ギターレベルは無理でもせめてピアノを片手だけでも引けるようになってみたい・・・
現実は、譜面?楽譜の読み方がわからずいつも挫折ですが(笑)
2013.04.27 13:14 | URL | #- [edit]
says...
俺は小学生の時にブラスバンド部でトランペットとドラムを、中学生の時にクラシックギターを少しだけかじりました。


まぁどれも中途半端のまま放置しちゃってますが(笑)



今は三味線、バイオリンに興味があります。
上手く弾けるようになれたら、さぞカッコイイんだろうなぁ。
2013.04.27 13:25 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

「やるやる詐欺」っていうんでしょうか、「今年の抱負」に「ギターをはじめる」を書き出してかれこれ三回目になります。ようやく、今ごろ。

弾けるとかっこいいんですが、いまはとってもかっこわるい状態です。でも、買っちゃったから、しばらくは頑張ります。黒歴史になりませんように!

コメントありがとうございました。
2013.04.27 14:19 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

ドラムも素敵ですが、トランペットはかっこいいです!
音を出すまでがとても大変なんですよね。

三味線もバイオリンも敷居が高そうです。その分上手に弾ける方を心から尊敬します。
ブログのお友だちに三味線を弾ける方が何人かいらっしゃるのですよ。
ああ、うらやましい!

コメントありがとうございました。
2013.04.27 14:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
私が三味線、それも津軽を始めたのは〇〇歳…(とても言えない^^;)
中学生までピアノをやっていましたが、弦楽器は触ったこともなかった、まるでど素人。
最初の2年ほどは毎日練習しました。
三味線ってほとんど目印がないので、ツボ(勘所)を感覚で覚えるのが大変で、なおかつ気温やちょっとしたことで変わるので、本当に目からうろこでした。絶対音感なんて、何の役にも立たないし(ないけど)。
津軽はものすごく音が響くので(弦楽器と言うより打楽器なので)、しかもヴァイオリンの弱音器に相当するものは一応あるのですが、今いちで…
夜はもうどうしようもないので、週に何回か、カラオケボックス(それも結構遠い)に通いました。
京都に住んでいたら、鴨川で弾けたんですが…^^;
ギターと三味線は兄弟楽器。いつかコラボができたらいいなぁ(^^)

ある時期一生懸命やると、ある程度は何とかなるみたいですが、そこから先は結構大変ですよね。
もうすぐ8年になりますが、山あり谷あり、滝壺あり、って感じです。
でも、今年はついに、唄(むろん民謡)をかじろうかと思うようになりました。
何か一つ始めると、世界が広がることは間違いがありませんよね(*^_^*)
私自身は、津軽三味線を始めて、民謡の勉強もして、ついでに東北学(東北の歴史)に嵌りました。
ついでに、もったいないので、作中人物に三味線を叩かせました^^;

きっと夕さんも世界が広がって、新しい表現にたどり着かれるのでは…と期待大です!!
何事も思い立ったが吉日と申しますので…始めるか始めないかは大きな違いだけど、始めてしまったらきっと何か発見があるはず!と思います。
でも…確かに、時間は結構とりますよね(三味線の場合は金も…皮が破けるので…)。
何を優先するか…は難しい。
仕事は犠牲にできないので、いささか他のものは犠牲に…^^;
2013.04.27 16:17 | URL | #XbDIe7/I [edit]
says...
こんばんは。

「山あり谷あり、滝壺あり」(笑)
深そうですよね。その瀧壺。

そういえば、私が最初に弦楽器に触れたのは、幼児の頃です。そして、本格的に父親が教え込もうとしたのは彼の専門であったコントラバスでした。中学生の頃だったでしょうか。猛烈反抗してやめましたが、あのおかげで弦楽器の左手の指の痛みにだけは慣れています(笑)

今さら自らやろうと思うようになったきっかけは、一つには「大道芸人たち Artistas callejeros」の執筆ですが、もう一つはドイツ語とイタリア語をやったことでした。学生の間を通して、私は語学に向いていないダメな脳みそだと思っていたのですが、本氣で取り組めばそんなことはないとはっきりわかったのです。で、音楽もやる氣がなかったあの頃は全くものにならなかったけれど、今ならもしかしたらと思ったのです。

「大道芸人たち Artistas callejeros」はまだお読みいただいていないと思うのですが、しょーもないことに津軽三味線奏者がでてくるのです。クラッシック音楽の話はある程度の予備知識があって書いているのですが、津軽三味線は全くわからずに書いていまして、彩洋さんや他の三味線の弾ける方が読んだら頭を抱えるかもと怯えております。

音楽をはじめる時に、日本人なのだから邦楽をという方向もあったのですが、楽器が手に入る、修理や弦なども簡単に地元でなんとかなる、習いにいくとしても出来るだけ近場でと考えたらギターに辿りつきました。これまでと違った新たな世界に扉が開かれるといいなと思っています。少なくとも、三日坊主だけはやめたい……。一年くらいは毎日頑張ってみようと思っています。がんばろっと。

コメントありがとうございました。
2013.04.27 17:45 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おぉ、そうなんですね。津軽三味線奏者が…読むのが楽しみになりました(^^)
うちのほうは、真が叩いています。もっとも彼の場合、お祖母さんが民謡歌手で、孫との共演を人に見せつけるのが嬉しくて仕方がないばあちゃんと、孫に三味線を教えるのを生きがいにしていたじいちゃんのせいで、独奏者としてではなく伴奏者として…なんですが。そもそも津軽はじめ三味線は、本来の姿は唄付け(伴奏)。これがものすごく難しい。呼吸見て、唄い手が節を伸ばしたら臨機応変に伸ばさなきゃならん…という。なんせ、あ~~~~だけの部分が結構あったり^^;

そうそう、それから、前から気になっていたのですが、夕さんのお父様は音楽家でいらっしゃるんですね…
何だかすごい…羨ましいような、でも、反抗期の夕さんが想像できるような…
実は私、ドレスデンの音楽監督をしていたりチューリッヒのトーンハレにもいたことのある指揮者の若杉弘さんの大ファンで、追っかけていたこともあるという…追っかけと言えば、ポルトガルギター奏者さんも追っかけてたなぁ…
…夕さんのギター、何だかやっぱり楽しみ(^^)

長いコメント書いちゃってごめんないコメントを書こうと思ったのに、また長くなった…^^;
2013.04.27 18:46 | URL | #XbDIe7/I [edit]
says...
こんばんは。

コメはとても、とても、とても嬉しいのですが、お風邪はどうなったのでしょうか。そして、この神出鬼没のお時間、風邪には睡眠が一番のお薬だというのに!

本人のギターもそうですが、「大道芸人たち Artistas callejeros」の方も、期待しないでください! 本当にこればっかりは、まずいかも……。普通の三味線だと「家元制度などのわかっていなさ度がバレバレになるので」津軽三味線にしたというくらい、本当にわかっていない世界なので。まあ、本人は現在ヨーロッパの大道芸人なのですが。

真が弾けるのは、納得です。出てきても安心して読めるし、参考にさせていただこうと、そのシーンを狙っております。あ、ここでお詫びを。勝手に呼び捨てにしています。他のブログのお友だちの小説でも、のめり込み済みの大好きキャラは「深い敬意を持って呼び捨て」ルールを適用させていただいています。どうぞうちのキャラも、呼び捨てでどうぞ。「摩利子さま」には笑いましたが。

それと、そうなんです。父はすでに鬼籍にはいっているのですが、コントラバス奏者だったのです。しかも、この父からどうして私のようなヘタレ娘がというくらい、練習の鬼かつ芸術家(ということは社会的には変人)でございました。ええと、変人としての遺伝子だけは受け継ぎましたが、それ以外の血はどこにいってしまったやら、逃げ足の速さと諦めの良さを美点に数え上げるような情けない私でございます。

追っかけ。彩洋さんは、行動の人なのですね。自己完結して出不精になる私。その行動力が羨ましいです。

彩洋さんと、興味対象が近くて、とても嬉しいです。いろいろと「こいつ、わかってないぞ」が目につくかと思いますが、寛容なお氣持ちでご指導いただければ幸いでございます。

コメントありがとうございました。寝てくださいね!
2013.04.27 19:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
風邪は治りかけています(^^) ご心配頂いてありがとうございますm(__)m
実は、普段は、仕事が終わるのが大体9-10時くらい、朝は普通に始まるのですが。
で、帰ってあれこれすると夜中を過ぎてしまい、あれこれのあいだに目が冴えちゃって眠れないのですね…
で、時々、ブログを覗きに行って、いつのまにか寝る、という…
でも、先日は風邪で10時に寝てしまって、そうしたら1時過ぎに目がさめちゃったんです…
あれあれ…熟睡できないんですかね…
そしてその時間が、たまたま夕さんの普通の活動時間・・時差ってやっぱり不思議ですね…

それから、登場人物の呼び捨て、実は結構嬉しいです。
身内にしてもらったみたいで(*^_^*)
では、遠慮なく愛情込めた呼び捨てでいかせていただきます。
でも、『摩利子さま』だけは譲れませんね(゜-゜)

津軽三味線、確かにルールがないかも…
私も家元とかよく分かっていません。でも、一部の流派には、津軽でもあるみたいですが。
いえいえ、もう、なんでもありですよ。物語は『それっぽく』『大きく振りをする』ってのが大事ですものね。
私の話なんて、なんちゃって○○ばかりです^^;
真が三味線叩いているのは、【死者の恋】(5)山背(山背風から取られた民謡酒場の名前)でちょろっと書いてみました(^^)【雨】の第5節の冒頭でも出てきます。またお楽しみに。

それから、なんだか夕さんのルーツも少しわかって嬉しいです。
そうなんだ、だから大道芸人たち、みたいなお話が生まれるんだなぁ。
またじっくり読ませていただきますね。

本当にこれは、コメ辺、不要ですので!!
2013.04.28 14:27 | URL | #XbDIe7/I [edit]
says...
こんばんは。

返事は喜んでやっておりますので……v-290

そうなんですね。日本のお仕事、すっかり忘れていましたが、かなりエンドレス……。
プログラマーなのに、五時きっちりに会社を出てしまう、この生活に慣れてしまって、九時十時なんて時間にぎょっとしてしまいます。

お風邪が治ってきたというのは、ひと安心ですがくれぐれもご無理をなさいませんように。
日本はゴールデンウィークに突入したみたいですが、お休みになれるのでしょうか。

キャラへの敬称も、けっこう難しくて、私のように大半が外国人キャラの場合は、みなさんもかなり簡単に呼び捨てしてくださるのですが、日本人キャラについては戸惑うみたいで。臨機応変でいいのですが、私もうちのキャラを呼び捨ててもらうのはかなり嬉しいです。あと、キャラのあだ名を呼んでもらえるのもけっこう嬉しい。「大道芸人たち」はあだ名がものすごい勢いで出てくるので、読者さまも大変なんですが。

津軽三味線の家元制度についてですが、普通の三味線ほど「こんな名前の流派はありえない」とつっこまれないのが津軽だと勝手に解釈してました。いま連載している「Dum Spiro Spero」と「大道芸人たち」は一部キャラが被るので、時間軸で言うと近未来小説でして(今から四半世紀ぐらい後)、その時期に存在しているという設定の「なんちゃって流派」安田流というのが出てくるのです。まあ、「フィクションだし!」「未来だし!」で逃げ切れるかなあと。かなり強引だけれど。

あ、そうそう。【雨】が追いついたので、今度こそ【死者】を読めるぞと……。実は一度、読みはじめて、「清明の雪」読んでいないし、と封印していたので。三味線が出てくるんですね。勉強させていただきます。

「大道芸人たち」は、ほぼ資料のいらなかった作品で自分の好きなものばかりを詰め込みました。大半を妄想だけで書けたのはとても楽でした。まだ第二部が書き終わっていないので、「Dum Spiro Spero」が終わるまでに何とかせねばと思っているんですけれどね。

すみません、コメが嬉しくて語りすぎました。
ありがとうございました。
2013.04.28 16:45 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
すごいすごい!!

夕さんのバイタリティーに脱帽です!^^
忙しいと、言い訳している場合じゃないなぁと気を引き締めたり^^
今は試験勉強にまい進したいと思います^^

わたしもがんばろー!

こっそり報告、ありがとうございました^^
私が頑張る気持ちを貰えました^^
2013.04.29 11:50 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
全然すごくないです。

要するに田舎なので、暇なのですよ。
五時きっかりに帰宅してますし……。

コメントありがとうございました。
2013.04.29 19:54 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/546-e339ae13