FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

樋水龍神縁起の世界 - 7 -

三つの記念リク、書き終わりました! 日曜日から、順次発表する予定です。そういうわけで、私も通常空間に復帰しました。

さて今日は、写真を使って、連載小説「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」に興味を持っていただこうとするコーナーです。


玉造温泉にて

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」に当たり前のようにポンポンと出てくるフレーズ、「生まれ変わり」「オーラ」「龍」などなどに抵抗のある方って多いんじゃないでしょうか。ラノベで「魔法」が出てきてもすんなりと受け入れる方でも「なぜこの話で、この単語?」と戸惑われるんじゃないかと。

基本的に、私の書く小説でこの手の話がでてくるのは、「樋水龍神縁起」関係だけです。私自身はこの小説でいうところの「見えぬ者」です。つまり霊感ゼロ。前世の記憶なんてものも全く持ち合わせていないし、つぎに何かに生まれ変わろうと野望に燃えているわけでもありません。

でも、「フィクションだから、ありえない」と完全否定しているわけでもありません。「見えている」とおっしゃる方々の意見が一致しているなら「存在しているかもね」と思うのです。

そもそも、私は小説の世界をフィクションとノンフィクションにわけて考えたことはありません。反対に言うと、現実に起らないことを単なるエンターテーメントとして書くために長編を書くことはありません。それは私が小説で伝えたい事ではないので。(短編や掌編ならありですが)

話がどんどんずれていますが、要するに、瑠水や摩利子が見ているように世界を見ている人たちも存在するんじゃないかなと思っているのです。

言葉で表現する時にそれはさまざまな形をとります。例えば東京からやって来た摩利子は「オーラ」という表現をつかう「何か」を平安時代の記憶を持ち続けている(という設定の)次郎は「氣」と表現します。見方によっていろいろな形をとるという意味では、ある人には「樋水川」である存在が別な人には「龍王」であることもありえるのではないでしょうか。そう、日本の現実の河川である斐伊川が神話の世界では「八岐大蛇」という形をとったことがあるように。



「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」を読む この記事を読んで「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」が読みたくなった方はこちらへどうぞ

官能的表現が一部含まれるため、成人の方に限られますが……「樋水龍神縁起」四部作(本編)は別館にPDFでご用意しています。
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(scribo ergo sum: anex)
関連記事 (Category: 樋水龍神縁起の世界)
  0 trackback
Category : 樋水龍神縁起の世界

Comment

says...
 こんにちは。
確かにねーー 僕自身としては オーラーと言う類は 脳の何か 脳が勝手に作り出しているモノ程度
又は まったくの商売の為に作り上げた手段でしょうか。
でも 人の脳には 古い古い 爬虫類の頃の脳を包み込んで 馬鹿でかい大脳があるので…
爬虫類の頃の脳の悪戯かなと… 
将来的には 科学的に解明されるかもしれないが 基本 胡散臭いと思っている と言うのが 
今でしようか。

龍は カミナリの形が 龍の飛ぶ姿になり 滝が 龍の泳ぐ姿になる。
実に 治水の難しさを表しているようだと感じます。
すいません 実にロマンのない感想ですね。
2013.05.04 08:00 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

何を信じるか、もしくは信じないかは個人の自由なので論議をする意味は全くないのですが。
「科学による証明で真実が明らかにできる」も実はただの信仰ですよね。
学校に通っている人に、そんな事を言うと先生に怒られるかも。

コメントありがとうございました。

2013.05.04 12:37 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。

私自身は「見えない」人ですが、平安時代の「見えない」巫女を書きつつ、魔法少女もどきの話も書いています。小説は面白ければいい、という持論ですので、わりとなんでもOKな感じです。
で、「樋水龍神縁起」シリーズはですね、これはこれで世界観がきちんと出来上がっているので、読んでいて楽しいんですよね。

ちなみに、私の仕事仲間に「見える」人が何人かいらっしゃいまして、やはり「そういうところ」に行くと、見えたり、気分が悪くなったりするらしいんですよ。その人たちからすれば、「見える」のが普通なので、「見えない」ことが信じられないのだそうです。
書いていたら、ちょっと怖くなってきました。だれか、トイレについてきて……。
2013.05.04 16:58 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよ。小説は、あくまで小説ですから。ただ、TOM-Fさんの「フェアリーテイルズ」でも、お嬢さんがお饅頭を使ってきちんと説明しているように、単純な「超能力だからいいの」にしないで、その世界の外から入ってきた読者が納得して入り込める余地を残すのはとても大切だなあと思います。

座敷童とか、見える方もいますよね。金縛りによくあって、その時にこの世ならぬ人が見えるという人もいます。私は全く見えないのですが、その人たちがありもしないことを言うような性格の人ではないことを知っているし、本人たちも否定されることに慣れて滅多な人にはいわないので、その人たちはその人にとっての真実を語っているんだろうと思っています。むしろ見えない方は「存在しない」と言う選択の余地があってありがたいことなんだろうなって、思います。

怖い話を聞いた後の厠は……。林間学校のトイレ怖かったです。

コメントありがとうございました。
2013.05.04 18:07 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
 おはよう御座います。
何か 言葉が不足して 不快にさせてしまったでしょうか。

僕は 信じないと言うよりも 其の  見える と言う事の 怖さを 多少知っています。
母方の実家が寺の為に…
寺の修業で 中途半端な時期に 中途半端に 見える時期があります。
その時に 自殺を選んでしまいます 十代 二十代の若い頃に…

其の為 僕は 其の類には 敢えて距離置いた考えで 近付かない 自衛ですね。

命を懸けて修業して 実際に 自殺を選ぶ者も少なくない… そーゆー世界なのに TV タレント程度が 
「私 見えるんです」とか言うのが 胡散臭く 信じられない と言った感じでしょうか。

 
2013.05.04 22:43 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

不快だなんてとんでもないです。
かえって困らせてしまったのでは… ごめんなさいね。

単純に、見えていない同士で、存在の是非を論じても
意味がないってことですから。

実は、本編の方にそういう話が出てくるのです。
見えていない人は信じるか信じないか、つまり本質的にはどうでもいいことが、見えている人には現実の問題であるって話が。

まあ、近づかないというのは、賢い選択でしょうね。ゲームとは違いますし。

コメントありがとうございました。
2013.05.04 23:03 | URL | #MAyMKToE [edit]
says...
俺はオーラというのは基本架空のファンタジーで愛用してますが、
科学的には証明できないものであって、それだからこそ幻想的!
って考えてますね。

よく人には第六感があると言いますが、
それもホンマはあるんとちゃうん?って思っているほどです。

結局、あらゆる物事を信じるか信じないかはその人次第ってことっすね。
2013.05.05 02:53 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

実際には「ある」ことを証明するより「絶対にない」事を証明するほうが難しいのでしょうね。

私の友人に「神なんか絶対に存在しない」「あの世もない」と豪語する人がいますが、その人、毎年お墓参りして節分に太巻き食べています。私はそのどちらもやらないんですけれどね。それを考えると、人間の生活にしみ込んでいる「よくわからないもの」を排除するのも、とても難しいのではないでしょうか。

「ないかもしれないけれど、あるかもしれないよね」ぐらいにしておくのがいいのかもしれませんよね。

コメントありがとうございました。
2013.05.05 17:43 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/553-774cd2fa