FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

タナカサン、ユージョー! の弊害

ニュースで読んだんですけれど。アメリカ人による「サイバーパンク・ニンジャ活劇小説」っていうのがあるんですって。「ニンジャスレイヤー」っていうんでしょうか。実際に読んだわけではなくて、その紹介のニュースを読んだのです。で、かなり曲解された、ありていにいうと間違った(もしかすると故意に間違えた)日本像、忍者の世界が書かれているってことなんですけれど、それを読んだ時にちょっと考えてしまったのです。

例えば、忍者の仲間同士がお互いにする挨拶が「○○さん、ユージョー!」だっていうんですよ。日本人なら「これ変だよ、ワハハ」で済むんですけれどね。問題は、これで忍者というものを学んでしまう外国人だっているわけですよ。

もちろん、「忍者赤影」や「ハットリくん」だって、歴史でいう忍者とは違います。週一ペースで徳川八代将軍吉宗が「成敗!」と叫び、お庭番が悪代官を斬ったというのもナンセンスです。とはいえ、「タナカサン、ユージョー!」が広まっていいのかなあ。

以前も書きましたが、日本人がヨーロッパの事を知っているほどには、欧米人は日本の事を知りません。ましてや日本の歴史の事などほぼ知識ゼロなんですよね。そこに忍者が一致団結して挑む悪の組織が「ソーカイヤ」だったりして、その後、それが一般知識のようになってしまって「江戸時代の悪の組織、総会屋っていうんだよね」って話になってしまうような。ま、「越後屋」だって別に悪の組織ではありませんでしたが。

とはいえ、一度耳にすると、このシュールなニンジャの世界、妙に頭に残ります。私の中でもニンジャが「ユージョー!」と叫びだしているから、ちょっと怖い。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
今ここで初めて知ったけど日本でも話題になってるみたいなんですね
漫画化のサンプルを読んで思わず笑ってしまいましたが
大真面目にこれを読む外国人がいると思うと…
2013.06.29 06:18 | URL | #- [edit]
says...
おはようございました。

今、公式書籍サイトを覗いてきましたが、なんだ「ネオサイタマ炎上」って……(笑)
試し読みでは、悪役がヒロインとの戦闘シーンで自己紹介でおじぎしているし。
このままこのシュールな世界にハマってしまいそうで怖すぎる。

出来ればこれでニンジャを学ばないでほしいですね。

コメントありがとうございました。
2013.06.29 10:12 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
まずはお礼なのですが、どこでコメントを書いたらいいのか分からなくて、ここに来ました。
記事編集、一発でした。
わぁ、これで、すごい楽になりました!!
ありがとうございます!!!!!!
夕さんはやっぱり私の師匠です(;_:)

で、この記事にもコメントです(^^)
単調な言葉ほど力があって、頭に残りますよね。
だからこういう形で誤解って生まれるのですよね。
これで興味を持って、あ、実は違うのだってところまで踏み込んでくださったらいいのですけれど。
宮本武蔵がついこの間まで生きていたと思っている人もいるんでしょうね(五輪書……)
何だか私も、ユージョー!とか叫びそう(記事読んだだけなのに、感化される……)^^;
2013.06.29 12:57 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんにちは。

おお、無事にできましたか。それはよかった。
ということは、彩洋さん、ご自分でおっしゃっているほど機械音痴ではありませんね。
だったら、他のカスタマイズもそう難しくないと思います。

それと「ニンジャスレイヤー」パンチありすぎです。試し読みコーナーで数ページ繰っただけで、つっこみどころが満載で、大笑いですよ。
これ、本物のオタクであるアメリカ人作家が確信犯でやっている感があって、「そんな事を知っているくせに、どうしてここにそれを書く!」状態です。
私、多少の変なことはスルーするのですが、これは侵蝕されてしまう〜。でも、これを真面目に信じるのはやめて〜。

コメントありがとうございました。
2013.06.29 14:43 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/613-81b24f83