scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

お披露目されたばかり

カモの親子

日本のリアル友人は一ヶ月以上前に「カルガモの赤ちゃんがかわいい!と騒いでいたのですが、私が毎日通るカモの池には成鳥しかいなくて、今年はもう生まれないのかと思っていたのです。

ところが先々週あたりから、急にこのようにひな鳥オンパレードになっていました。そして、その数も半端じゃないのですよ。一羽のは羽鳥から七、八羽なんて不思議じゃないと思うのですが、一羽で田舎の小学校の一学年分くらい連れているんですよね。数えたわけではないんですが、20から30羽くらいが一羽の雌ガモを追って泳いでいる。「もしかして、これは保育園か?」なんて思いながら、微笑ましく眺めていますよ。
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 こんにちは。
うんうん カルガモ可愛いですよね!!!!
京都の疏水には 毎年カモの親子がいますよ。
観光地から外れた処なので 人通りも少なく のんびりとカモ眺めています。

それにしても 凄いーー 保育園状態ですね。
カモもじっと見ていると 性格の違いがあって 面白いです。
2013.07.08 05:59 | URL | #- [edit]
says...
カルガモって愛くるしいっすよね^^
ただ、人生で本物を見たことがないという。

そのカルガモの保育園観たいっす><
2013.07.08 14:51 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

京都のカモは風流なイメージがありますよ。
観光客は来ない穴場なんですね。

カメラを向けると二羽くらいがフライイングで逃げるんですが、総まとめの雌が動かなければ残りは動かないんですよ。雌がちょっと動くと、一クラス分がわ〜っと水の中にジャンプ。面白いです。

ちなみに自信がなかったので調べたら、私の見ている方はカルガモでなくてマガモですね。雄が派手です。

コメントありがとうございました。
2013.07.08 19:09 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

私も、自分の観ているカモの種類が何なのかもよくわかっていなくて。
ふだんは「Ente(鴨)」と言っているだけなので。真面目に調べたら「マガモ」でした。
通勤路に「カモのお池」と言われるところがあって、冬は凍っているんですが、夏には鴨がたくさんいるのですよ。
ミニは本当にかわいいですよ。あんまりゆっくりみていると遅刻しちゃうんですけれどね。

コメントありがとうございました。
2013.07.08 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
俺の地元の近くには池すらありません。

田んぼなら腐るほどあるんですけどね(笑)


そういえば、だいぶ前に鉄腕ダッシュでカルガモを観た記憶があります。

動きから、容姿まで、全てが可愛かった。


こういうのを見てると癒されますよねぇ(*´∀`*)
2013.07.09 13:15 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

癒されています。毎日少しずつですが大きくなっているのですよ。
でも、どうも最初よりも数も減っている?
自然は厳しいですが、みな無事に成長してほしいですよね。

コメントありがとうございました。
2013.07.09 20:35 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/628-31b04298