scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

生きているものを手にしたら

謎の花

最近思うのですよ。ブログで訪れている方が捨てられた動物を保護した話、それに私の住んでいるところでは「え、そんな理由?」と耳を疑うような理由でペットが殺処分されてしまう話、それから鉢植えのラベンダーが育ちすぎたという理由で捨てられていたのを連れ合いが救い出して来て植えたら根付いた話など、人間のエゴでいろいろな生命が危険に脅かされているなと。

もちろん、私が食べているハーブだって生命を絶つことで味わっているわけだから、同罪と言っちゃえばそうなんですけれどね。

それでも、一つだけ声を大にして言いたいことがあります。自分の楽しみのために生命を手にしたら、本当にその生命が終わるまで面倒を見るつもりでいるべきだろうってことです。「かわいいから」「流行っているから」という理由で動物を飼うのも悪いことではありませんが、死ぬまで面倒を見る覚悟を持つべきだということです。植物もそうで、「流行のインテリアに」といって購入して来たなら、枯れるまで心を込めて世話をすべきだってことです。

この写真は、職場で私が十年にわたり面倒を看ている植物。一年に一度花を咲かせます。「君には緑の親指があるね」と言われますが、そういうレベルではありません。サボテンの世話と同じくらい簡単なことです。ところが、水をあげ時々肥料をやるくらいの簡単な世話をやりたがらない人が多いのです。そして、この間の引っ越しの時など「面倒だから捨てちゃったら」という意見すら聞きました。

「面倒だから捨てる」くらいなら鉢植えを買う資格はないと思います。私が面倒を見続けていた植物以外、会社の植物はほとんど枯れていたので処分されてしまいました。で、これも運ぶには大きすぎるし「会社が新しいオフィス用にあらためて観葉植物を注文したから」と、置いていくか、そうでなければ自分で運べということに。これは生命なんだけれどな、しかも私たちのために酸素を作り続けてくれる大事な地球の仲間なんだけれどな。でも、私一人では運べなくて困っていたところ、私の意見に賛同してくれた連れ合いが、別の友人と協力して新しいオフィスに運んでくれました。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
 こんにちは。
うん 最近は人の潔癖症がいき過ぎているように 動物を積極的に嫌う方増えましたね。
此処 ほんの数年で随分変わりました。
以前であれば ノラ猫が庭の片隅を通る程度 許していたのですよ。
積極的に 動物に攻撃を加える方は稀で…
最近は 罠をはってまで 庭先を通るノラ猫を捕まえ 保健所に連れていく… 
自分の庭に入り込む動物は 猫でも鳥でも 害獣として積極的に処分する。
其れが 本当に近所のおばちゃんといった方が そーゆー事していて 動物を許容できない方 増えています。

最近の日本では ノラ猫がのんびりと日向ぼっこしたりできない状態になりつつあります。  
2013.08.05 10:17 | URL | #- [edit]
says...
そういえば、日本では20年くらい前、ある漫画のヒットから、シベリアンハスキーが大人気になって、たくさんの人が、ハスキーを飼い始めました。
でも、ハスキーは野生の血の濃い、気性の荒い犬で、すぐに飼い主たちは飼うことを嫌がって、野山に捨ててしまったり、処分したり・・・。悲しいことになりましたよね。
本当に腹が立ちました。生き物は、流行りで飼うもんじゃないでしょ!って。
まったく、人間ってわがままで無責任。私もそんな人間の一員でもあるのですが><
だけど、今飼っている犬も亀も、絶対大事にしようと思っています。
亀は・・・なんだか私よりも長生きししそうで、不安なんですが^^;(何年生きるんだろう)

植物にも、動物と同じように愛情を向ける八少女さんは、本当に優しい人だと思います。
植物にかけた優しさは、巡り巡ってきっと、八少女さんに、帰ってきます。
あ、食べてあげるのは、最高の愛情だと思いますよ!
食べられる植物を食べてあげるっていうのは、全然罪なことじゃなく、世話もせずに、枯らしてしまうことこそ、罪なのですよ。
(私、植物だったら、種芋にされるより、食べられたいですもん・笑)

・・・最近、なんでしょう、食べられたい願望が強いのですが・・・。M?
2013.08.05 11:26 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
お怒りごもっともです。

わたしは幼少時の苦い経験から、「自分が生き物の世話ができない人間」であることを悟り、それ以来ペットもなにも飼っていません。

それはそれで間違った生き方かもしれませんが、そうするしかないのです。

お怒りまことにごもっともです……。
2013.08.05 15:49 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
こんばんは

うそ〜! 罠を張ってまで、ですか?
それに鳥なんて、庭があったら来るに決まっているじゃないですか。
世知辛いですね。

スイスだと飼い猫があちこちに別宅を持っていますけれどねぇ。
そう考えると、ウゾ家の三頭は本当にラッキーでしたね。
NNNもよくわかっているんだなあ。

コメントありがとうございました。
2013.08.05 20:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、流行りましたよね。あのマンガで私も「そんな犬がいるのか」と知りました。
でも、マンガのようにおりこうにしていないんですよね。あの犬。
それにスイスの田舎や北海道などと違って暑くて狭い東京などでろくろく散歩もしてもらえなかったら、どんな温厚な犬でもイライラするでしょうし。犬に罪はないのに!

亀は万年ですから(?)
そうですか。limeさんのお家にもらわれた子たちは幸せでしょうね。

limeさん、食べられたい願望?! 「食べちゃいたいくらい可愛い」と言われ過ぎて深層意識に擦り込まれちゃっているのでは(笑)

で、私はSなのか、ぱくぱく食べちゃっています。
先ほども大量の野菜を使ったカレーなぞを……。

コメントありがとうございました。
2013.08.05 20:35 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ポール・プリッツさんのように、「ちゃんと世話をやり続けられないから飼わない」方がずっと責任感があって、動物たちにはありがたいことだと思います。実はだから私も動物を飼わないんです。犬は毎日ちゃんと運動させてあげなくてはいけないし、旅行には連れて行けない。私たち夫婦は旅行が多いので、誰かに世話を頼まないといけないような動物は飼わず、植物もほとんど手間がいらないか、旅行の季節には冬眠するようなものだけを買っています。

殺処分されてしまう動物や、バンバン捨てられてしまう植物が、少しでも減るといいんですけれどね。

コメントありがとうございました。

2013.08.05 20:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
うちの実家は温室業で、一応植物園です。
でもって、我が家には実家から植物たちが嫁入り、婿入りしますが……
いやもう、よく枯れます……
基本的には私の手入れの悪さもあるのですが、家にいなくて光とか風とかが足りないのだろうなと思います。
しかしうちの母は、次々ともって帰るように言います。
少なくとも、植物が家にあると、風邪をひきにくくなっているような気がします。
手入れは悪いんですが……
(で、うちの親は、我が家で生き残っている植木を見て、どれが「強い」かを確認している気がする^^;)

動物は……飼えないですね。一時、熱帯魚を飼っていましたが。
実家で猫を飼っていたことはありますが、やはり、いなくなっちゃったり、死んじゃったりするのが耐えられそうにないうえ、昼間は誰も家にいないし、夜は遅いし……
飼ったら飼ったで、きっとメロメロに可愛がるような気はするのですが。
仕事を辞めたら考えるかなぁ。でもその時は歳だし、自分より長生きしたら可哀そうな気もするし。
悩ましい話題です……
2013.08.06 00:08 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

まさにその通りですね。
私も猫が好きですが、自分の生活スタイルから「飼えない」と思っています。物凄く飼いたいですけど。

妹は犬が好きで、やはりすごく大事にする人です。
実家に居る頃、あまりにもひどい飼い方をされている小型犬を近所で見つけて(小型犬なのに野外で飼われていた)
緊急避難をさせてしまった人です。
明らかに散歩させず、排泄処理もされず、鎖に繋がれているだけだったポメラニアンを。
その後、家主に話をつけて引き取ってきたことがあります。その時妹は19歳でした。
その時家主の方には「もう飼えないから飼ってくれるならどうぞ」と言われたそうです。

すでにフィラリアに侵されていて長くないといわれていましたが、世話をし、しつけをして、最後は彼女に看取られて天国へ行きました。しかもいまだにその子の写真を持っているようです。

そんな妹を知っているので、出来ないことをただ「可愛い」と思うだけで飼うなんて口が裂けても言えません。やろうとも思いません。そしてやはり、無責任に飼うぐらいなら、飼えないと言って飼わない方が絶対に正しいと言われます。
彼女は少し極端ですが、生き物には命があるということをきちんと考えなければ、飼う資格はないと思います。
2013.08.06 13:47 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
こんばんは。

私も、枯らしてしまうのですよ。でも思うんですよ。世話をしたけれど枯れてしまったのと、「もういらないからポイ」は違うんじゃないかなと。それに植物は枯れたはずが、翌年新たに出てきたりしますから、動物とはちょっと違うのかもしれませんね。

動物たちは、植物よりもさらに繊細ですよね。なんていうんだろう、自動給餌システムで定期的にエサと水が出てくるから、ほとんどいなくてもいいだろうっていうのは人間のエゴだと思うんですよね。正社員として働いている一人暮らしの方がマンションの一室に犬や猫を閉じこめておく。そのストレスで脱毛症になったりうるさくほえたりすることが理解できない。可愛い洋服は買ってあげているのに、みたいな別の方向に行ってしまう。そういう方には、いまいる動物が亡くなったら次を飼うのは考えてほしいなと思います。羊飼いみたいに仕事も一緒にできるならいいんですけれど。

自分の子供と同じで、自分のペットは本当に可愛いだろうなって私も思います。でも、まあ、そんな理由で周りのペットたちと友情を築く程度にしています。それだと老後にも安心かも(?)

コメントありがとうございました。
2013.08.06 20:00 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、まさにその妹さんの心境です。そうやって助けてあげた妹さんは本当に素晴らしい。
運動不足で閉じこめられて、さらに愛情に飢えた犬って、本当にかわいそうです。
でも、そのポメは、最後に妹さんに出会えて嬉しかったでしょうね。

スイスの田舎でのごく普通の犬たちを見ていると、東京で普通だと思っていた犬たちの状態が半ば虐待だとわかりました。広い場所を心ゆくまで走り回り、たくさんの時間を飼い主と過ごす犬たちは本当にしあわせそうです。東京の私の実家のあるあたりでは、本来の場所よりも高温多湿でつらい犬たちに、洋服を着せて歩かせないようにだっこするのが愛情だと思っている飼い主がかなりいるんですよね。

飼うなら本当にペットのためになることを、責任を持ってする。全ての飼い主がそうなってくれれば、ペットをめぐる悲劇も少なくなるんじゃないかなと思います。

コメントありがとうございました。
2013.08.06 20:09 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/658-f4bd7b64