scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

熊だらけの街・ベルン

需要があるのかわからないけれど、よく考えたら、あまりスイスやヨーロッパの観光情報って書いていないかもと思ったんですよね。もともと、ここは海外情報ではなくて小説のブログなので、わざと書いていなかったのですが。

検索ワードを見ても、スイス関係でここに来る人はほとんどいないんですよ。リンクしているお友達のところには結構行くみたいなんですが。まあ、いいか。そんなわけで需要はゼロかもしれないけれど、最近ネタに困ったりすることもあるので、書いてみようかな〜と。

ネタ詰まりの他に、なぜ突然そんなことをと思うかもしれませんね。
実は、スイスのことが大好きで調べている日本の方とお話をする機会があったのですよ。そして認識しちゃったのですが、どうやらその方が必死に調べるようなことを、片手間に書けるくらいのネタが私の頭の中にあるみたいなのです。そういうわけで時々スイスまたはヨーロッパ案内みたいな記事も突然出てくるかもしれません。あしからず。

で、今日はベルンの話。
ベルンの時計台


スイスの首都なんですけれど、ご存知でしょうか。チューリヒやジュネーヴの方が大きいし有名なんで「え、首都違うの?」って方もいらっしゃるんじゃないかなあと。そう、ベルンなんです。

スイスのちょうど真ん中あたりにあって、そんなに大きくないのですが、とても素敵な街なのですよ。実をいうと私はチューリヒやジュネーヴは便利だと思うのですが「スイスに行くならどこを観たらいい?」と訊かれてお薦めすることはあまりないのです。まあ、大体の方はどちらかは通るので、私がお薦めしようがしまいが観光なさるんですけれどね。

で、ベルンに話は戻りますが、とても素敵な小都市なのですよ。昔ながらの建物、アーケードが残り、アーレ川を眺める素敵なテラスもあります。そして、ベルンは名前もそうなのですが熊にゆかりがあり、やたらと熊モチーフのある街です。

街の中心部にある時計台では定時になると、音楽とともに熊が出てきてまわる仕掛けがあります。熊の彫像も道の真ん中に建っていますし、本物の熊もいるのですよ。

美術館も充実しています。サイズも適当で観光があまり疲れないのもポイントですよね。

スイスらしさを満喫するには都市と田舎と両方を観る必要があるのですが、都市の代表としてぜひ立ち寄っていただきたい街なのです。

関連記事 (Category: 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内)
  0 trackback
Category : 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内

Comment

says...
こんにちは、TOM-Fです。

うおう、ベルン。
アーレ川の渓谷に囲まれた、丘の上の町ですよね。
綺麗な町並みだけでも十分ですが、ここはなんといっても、アルバート・アインシュタインが若き日を過ごし、結婚して家庭を持ち、特許庁の職員をしながら、特殊相対性理論を完成させた町なんですよね。彼の家も、仲間たちと議論を重ねたカフェも残っているそうですね。
うわぁ~、行きたいなぁ……。
2013.08.20 10:37 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
 こんばんは。
おそらく 八少女さんにとっては 何の興味も引かない様な亊だと思うのですが…
スイスの日常的な亊って興味あります。
たとえば スーパーのチラシとか 牛乳は紙パック 牛乳瓶 其れとも アメリカの様なリッター売りとか
スイスの天気予報とか…
偶に そーゆー 実際に住んでいる方にしか分からないような情報も載っていると嬉しいです。
2013.08.20 10:51 | URL | #- [edit]
says...
スイスって?って尋ねられて……。
真っ先に浮かぶのがスイス銀行。
いろんな小説に登場しますから。
そしてアルプスの山々。ハイジの印象。
ああ単純!!!
夕さん!たまにでいいですから、日常のスイス、そして欧州を記事にしてください。
穴場情報なんか面白いかも。興味津々です。

サキはしばらく悶々としていましたがやっと書き終わりました。
ポールさんのリクエストで、「メテオで最後に生まれた女の子」と「万華鏡」のお題、完成です。
後は先の校正と推敲を残すだけです。
まもなく発表できるかな?
では。





2013.08.20 14:11 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
そうでした。昔、地理で首都を覚えるとき、スイスとオーストラリアは何だかよく知らない町が首都だというので、マークしていた記憶があります^^; チューリッヒではなく、メルボルンではなく……で? なんだっけ? という感じで。
私も夕さんのスイス日記、読みたいです(^^)
いま日本で時々?やっている番組で『秘密のケンミンショー』というのがあって、地元県民しか知らないことをカミングアウトするってのですが、そんな感じで地元民しか知らない秘密、みたいなの。
といっても、あの番組も、実はローカルすぎて県民でさえ知らない話題が……^^;

チューリッヒには一度行ったことがあります。
ソ連から脱出?して最初に降り立った土地。本当に本当に、いつもは意識したことはなかったけれど資本主義の国の人間で良かったと思った瞬間でした。
そして、チューリッヒ・トーンハレを聞きに行ったこと。たまたまですが、ヨーヨーマ氏がソロでした。
あと、馬鹿の一つ覚えみたいにチーズフォンデュを食べました^^;
2013.08.20 16:00 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

そうそう、アインシュタイン博物館もありますよ、確か。
それにアーケードの下の地下レストランが、かつての感じをよく残していますから、きっと「ああ、ここで相対性理論について語ったりしていたのかなあ」なんて想像に浸れるかもしれませんね。

ベルナープラッテという素朴な食べ物もあってお勧めですよ〜。

コメントありがとうございました。
2013.08.20 19:05 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そういえば、南アフリカに行った時に牛乳が2リットル単位で売られていたのに衝撃をおぼえましたっけ。うん、生活情報って当たり前すぎて忘れていますけれど、今度はそういうのも書いてみましょうかね。
牛乳は一リットル単位で、基本はプラスチックの瓶、または農家にマイ容器を持っていって入れてもらうんですよね〜。

コメントありがとうございました。
2013.08.20 19:08 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうか、まだ夏は終わっていないんでしたね。
こちらはすっかり「終わった」という感じで、子供も学校に行きはじめて。
夜は涼しくなっちゃいましたね。
まだまだ夏が続くんでしたら、熱中症にはお氣をつけてくださいね!

そういえば、スイスの都市の話って、日本じゃあまり聞きませんよね?
まあ、日本みたいに大きくないんですけれど。
需要もないわけではなさそうなので、時々、こんな話も載っけていきますね。

そして、先さんに渡ったのならば、もうすぐですね。
例の出張先に行ってしまった作品ですよね。
万華鏡をどう使うのか、ちょっと興味津々。
楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました。
2013.08.20 19:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
国としても、あまり重要視していない感じが。大きな企業はあまり本社を置かないし、国際空港ないし(笑)

私も最初のスイスはチューリヒでした。
アフリカに行った時の航空会社が当時のスイスエアーで、帰りに二泊して一日観光することになったのです。ジンバブエで偶然であったスイス人(現在の連れ合い)に「チューリヒで一日時間があるんだけれど、何を観たらいい?」と訊いたら「う〜ん、チューリヒ湖!」といわれて「何だ、そのつまらなそうな都市は」と思った記憶鮮明です。

トーンハレでヨーヨー・マですか! それは素晴らしい偶然だったじゃないですか。
ロシアの後だと、「資本主義って素晴らしい」って思われたでしょうね。私もアフリカの後だったので「先進国って素晴らしい」って思っちゃいました。ちょっと。

チース・フォンデュ、美味しかったでしょうか。場合によっては「チーズ臭い、酒臭い」と苦手になってしまわれるレシピで出てくることもあるのですよ。スイスのグルメも、また時々お伝えしましょうね。

コメントありがとうございました。
2013.08.20 19:25 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/673-6d664fbb