scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

細部に宿るすべてへの想い

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」の「即興曲」の章につけていただいた 羽桜さんのイラストを改めてご紹介させてください。(実はこれは昨日の挿絵の別彩色バージョンです。全部で三バージョンも作ってくださったのです)

樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero - 即興曲
イラスト by 羽桜さん
このイラストの著作権は羽桜さんにあります。羽桜さんの許可のない二次利用は固くお断りします。


「即興曲」で瑠水が拓人のピアノを聴いているシーン。お願いしたのはこんな内容。そう、つまり丸投げ状態です。羽桜さんは「Dum Spiro Spero」の全部を通して読んでくださっているのですが、昨日のシーンを読んでいただいてもわかるように小説では絵を描くのに必要な情報の多くが欠けています。それを一つひとつ読んだ文章の中から想像して作者の私が驚くような細部に再現してくださるのです。

高校生時代の瑠水の制服、水の中に入った時の肌着もそうでしたが、今回の瑠水の服装に関しても完全に羽桜さんにおまかせでした。でも、見てくださいよ。色も、表情に現れている不安を表したかのような模様も、あまりにぴったりになるように考えられていて、唸ってしまいました。そして細かいレース、影に至るまで本当に丁寧に描き込まれているのです。

そして拓人の方も、私は「拓人の部屋にはグランドピアノが置かれていた」で済むのですが、羽桜さんはそれを描かなくてはならない。そして、情感を込めてそれを弾いている拓人を合わせなくてはいけない。絵の精彩さと人物と感情のドラマが見事に調和しています。ピアノに、鍵盤と拓人の指が映っているのですよ。わかります?

私は自分ではイラストを描けないのですが、一目見ただけでどれほどの時間をかけて、丁寧に仕事をしてくださっているかがわかります。

こんな風に挿絵を描いていただけるのが当たり前だとは思っていません。小説を読み、どんなイラストにするか構図やポーズを考え、資料をあたって、そして本当に丁寧に描き込む、大切な時間をたくさん私の小説のために割いてくださっている。本当に感謝してもしきれません。

そして、これだけでは足りずにまだお願いしているとんでもない私です。羽桜さん、本当にありがとうございます。
関連記事 (Category: いただきもの)
  0 trackback
Category : いただきもの
Tag : いただきもの

Comment

says...
こんばんは、TOM-Fです。

いやあ、ほんとうに見事なイラストです。
視覚って、凄まじく情報量が多いですね。あらためてそれを感じます。同時に、文字による描写の限界も思い知らされますね。
でも、モノ書きの端くれとしては、いつか視覚を上回る描写の域にたどり着きたいものです。……ん、無理だろ、っていう声が聞こえたような気がする(笑)
2013.08.29 12:11 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
 こんばんは。
いいイラストですねーーー  八少女さんの文章にあってます。
柔らかい色彩でありながら 意志の強そうな感じが… あっ 描かれている人物の意志が強いではなく
イラストの持っている雰囲気が このように表現したいって意志が感じられます。

うーーん 一つのシリーズを一人の方がイラストを描いてくれる いいですね。
2013.08.29 12:39 | URL | #- [edit]
says...
書いた文章を基にイラストを描いてくださる方にはいつもいつも頭が上がりません。

ただ、俺の小説はこの頃小説初心者向けではない内容になりつつあって、
何か方向性も間違ってる気がして、ただ今大幅に修正しつつ、
文章を書いては校閲してもらって修行中です。

夕さんみたいに流麗で読者を惹きこませる文章書けるようになりたいです。
2013.08.29 13:54 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。素敵でしょう?

ある有名な作家の作品でも、小説そのものよりも表紙のイラストの画像に憧れていて、挿絵画家が変わった途端、なんかがっかりで読まなくなってしまった、なんて事がありました。作家としては「私の作品なのは一緒なのに!」と叫びたいところでしょうが……。

文字による描写が挿絵に勝る事もあると思います。オリジナル小説の作者としては、そうでなければいけないんでしょうが(笑)ただ細かい事を書きすぎる事によって読者の読みの進行を妨げる事もあって、匙加減はとても難しいですよね。イラストではどこまで描いても主題が邪魔される事はなくてさらにそれが引き立つって面がありますよね。ちょっと羨ましいです。

コメントありがとうございました。
2013.08.29 18:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

文章に合ってると言っていただけて嬉しいです。

羽桜さんは描くイラストによって雰囲氣を自在に変えられるのですよ。普段お描きになるイラストは、ふわっと優しい感じの女性や、ウルトラかっこいい(版権ものの)青年など、このシリーズとは感じの違う作品が多いのです。小説を読んで、こうやって描いていただけるなんて、本当に願ってもない事ですよね。

私も最初は一回だけだと思っていたのです。それでもこのクオリティに驚愕していたのに、まさかこんなに何度も図々しくお願いするとは自分でびっくりです。宝物ですね。

コメントありがとうございました。
2013.08.29 18:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

自分で全く描けないので、もうひれ伏しちゃいます。ほんとうにありがたい事ですよね。
自分の小説の世界が、こんなに素敵なイラストになるなんて、夢のようですよ。

流麗だなんて、そんな、恐縮です! シュナイダーさんの文章、わかりやすいですよ。
内容も、ファンタジーの、この世には存在しないので描写が難しい内容も、とても巧みに書かれていらっしゃいますし。

続きも楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました。
2013.08.29 18:24 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
これは素敵ですね~^^
八少女さんの小説を読み込んで、イメージを膨らませられたのでしょうが、細部まで丁寧に書き込まれて、とても愛情を感じます。
イラストって、ほんの一瞬で物事を雄弁に語るアイテムですよね。
小説を書いていると、特にそれを感じます。
細部まで曖昧にできない点と、その一枚にかかる労力(時間)は、小説よりも大きいかも知れない。

私もたまに気まぐれでイラストを描きますが、こんなシーンを描いてと言って頼まれても、うまくできないような気がします。
だから、ここまで素敵に描いてもらえると、本当にうれしいですよね^^


2013.08.29 18:49 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

limeさんのように自分で素敵なイラストが描ければ、好きなように描けていいなあと思うのです。でも、できないから文字だけでなんとかしたり、写真を加工したりもしているのですが。

やっぱり絵師様に描いていただけるというのは、全然違いますよね。
そして、イラストもお人柄も前からよく知っている方をよりどりみどりで選んでお願いできるといいのですが、そうはいかないものです。羽桜さんはブログのコミュニティで知り合った方で、最初は絵柄が好きだからコンタクトさせていただいたのですが、こんなに丁寧でいい方だと知ったのはイラストを描いていただいた後でした。私にとっては本当にラッキーだったのですが、まさかこんなにたくさん描かされるとは思っていらっしゃらなかったのでは。

羽桜さんのブログでは完成したイラストの他に途中の段階も載せてくださるので、どんな風に描いていっているのかが素人の私でも想像できるようになっています。いつも新しい事を学ぼうとしていらっしゃって、資料を集めたり、いくつもデッサンしたりして、一つひとつ丁寧に仕上げていかれるのです。具合が悪くても無理してくださったりするので、どうかそんなことしないでとハラハラしたりしてしまいます。私もだらだらしていないでこの半分ぐらいは頑張ろうと想いを強くしたりもするんですよ。

ブログをはじめるまでは、「書ければそれでいいもん」と自己満足していました。が、いろいろな創作者の方と出会えて、思いもしなかった嬉しい事があって、ブログを初めて本当に良かったなと思います。


コメントありがとうございました。
2013.08.29 21:16 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノうわわわ・・とんでもないです!!(>_<)
こちらこそ、素敵な作品に巡り会えてとても幸運だったなと思います・・私が言うのもおこがましいですが、創作してる方だと、やはり読んでて自分が面白いな、魅力的だなって思うと描き(書き)たくなるものだと思うのです(オリジナルにしろ、版権にしろ なので、こちらこそリク下さってありがとうございます<(_ _)>いつもお待たせして申し訳ないですが・・(>_<)
未熟な私ですが、夕さんの素敵な世界を少しでも表現できてたら本当に嬉しいです

そういえば、このイラストをサイトにのせた時に、説明に「小説の挿絵をイメージしたイラストです」と書いておいたら、その小説読んでみたいですと書いてくださった方もいました(*´∇`*)
こうやって繋がっていくのって、本当に嬉しいですし素敵なことですよね~( ´艸`)
2013.08.30 20:47 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

わあ、羽桜さん。ありがとうございます。真弘先輩のバースデーとか、もっと大切なイラストがあったみたいなのに、私のためにたくさん時間を取らせてしまってどうしよう〜と思っていたところでした。

描いてもいいと思っていただけたのがとても嬉しいです。しかも、こんなに何度も。自分の作品は、しょーもないことにひいき目でみてしまって好きなんですが、さすがに他の人にとってもそうだとは思っていなくて、だから素敵だと言っていただけるのは本当に僥倖です。ダメもとでお願いして、本当に良かったです。小説書きのブログ友達にも羨ましがられているのですよ。

羽桜さんのサイトを通してきてくださった方が小説を氣にいってくださるといいなと思っています。

素敵な挿絵と、コメント、ありがとうございます。
2013.08.30 22:37 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/684-161ca24a