scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「大道芸人たちの足跡をたどる」ツアー、組んでみました

この間のバトンの時のコメント欄で話題になっていた「大道芸人たち」特別企画、考えてみました。コンセプトは「大道芸人たちの足跡をたどる旅 スペイン・イタリア周遊12日間」です。
こんなプランはいかがでしょうか。行きたいと思う方はいらっしゃいますかね〜。


(あ、この企画はあくまで自作小説から発展した妄想です。募集予定は今のところ全くありませんので、検索等でいらっしゃった方はご注意くださいませ)

【大道芸人たちを知らない方のために】
「大道芸人たち Artistas callejeros」は2012年に当ブログで連載していた長編小説です。興味のある方は下のリンクからどうぞ

「大道芸人たち Artistas callejeros」を読む このブログで読む
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(別館に置いてあります)
あらすじと登場人物



「大道芸人たちの足跡をたどる旅 スペイン・イタリア周遊12日間」
Wine

1日目:
日本(成田または関空)を出発して一路スペインへ。快適な空の旅をお楽しみください。到着後は、蝶子たちが滞在したバルセロナ郊外のコルタドの館で夢の滞在。
バルセロナ(スペイン)泊


2日目:
サクラダ・ファミリア教会をはじめ、ガウディの様々な建築の溢れるバルセロナを観光します。ハイライトはArtistas callejerosが『銀の時計仕掛け人形』の芸を披露したグエル公園。ご希望の方は同じメイクで記念撮影も可能!
バルセロナ(スペイン)泊


3日目:
アンダルシアのイスラムの香りの残る古都、グラナダへ。アルハンブラ宮殿、バザールなど、Artistas callejerosがたどったのと同じ道へとご案内します。お泊りはアルハンブラ宮殿内のパラドール。王侯貴族氣分をお楽しみください。
グラナダ(スペイン)泊


4日目:
セビリヤへバスで移動。四人が稼いだヒラルダの塔をはじめ観光名所にご案内します。午後はアンダルシアの白い街、カルモナへ。ヴィルの愛した小さな城下町です。夜はセビリヤのタブラオ、「エル・ソニード」で、マリア=ニエヴェスらヒターナ(ジプシー)による本格フラメンコショーをお楽しみください。
セビリヤ(スペイン)泊

Sevilla


5日目:
崖の上にある街、ロンダを訪問した後、太陽海岸のリゾート、マラガへとご案内。蝶子とレネが戯れた海岸や、四人で働いた高級バーなどを自由にご訪問ください。四人のようにバルで昼食をとってみては。
マラガ(スペイン)泊


6日目:
空路、イタリアのミラノへ。Artistas callejerosが全員揃った街。ドォーモ前広場で大道芸人たちのパフォーマンスを楽しんだ後は、ショッピングをどうぞ。アウトレットへご案内します。
ミラノ(イタリア)泊


7日目:
様々な映画にも用いられたコモ湖畔のヴィラで室内楽アンサンブルを聴きながらランチをどうぞ。その後、四人がドライブしたのと同じルートでスイスのルガーノに行きます。
コモ(イタリア)泊

Como


8日目:
バスでフィレンツェへと移動。Artistas callejerosが本編や番外編でそれぞれにめぐった場所を追体験できます。パラティーナ美術館、レザースクール、ウフィツィ美術館、ヴェッキオ宮、ボーボリ庭園、プラトリーノなど。
フィレンツェ(イタリア)泊


9日目:
フィレンツェに別れを告げてローマへ。ローマでは、蝶子とカルロスの出会った最高に美味しいビストロへとご案内します。イタリア料理の真髄をお楽しみください。
ローマ(イタリア)泊


10日目:
蝶子が願いを込めてコインを投げ込んだトレヴィの泉や、スペイン階段、そしてバチカン市国などを訪問。終日ローマ観光とお買い物をお楽しみください。
Rome
ローマ(イタリア)泊


11日目:
楽しい旅の想い出を胸に、帰国の途に。再び快適な空の旅をお楽しみください。
機中泊


12日目:帰国

ご参加の方全員に「大道芸人たち Artistas callejeros」のサイン本と、サントラをプレゼント! ご希望により、ビジネスクラスへのグレードアップも承ります。



どうでしょうか。私はすごく行きたいなあ。っていうか、自分で勝手に行けってことでしょうかね。この他にフランス・ドイツ10日間の旅ってのも計画できそう。
関連記事 (Category: 大道芸人たちの見た風景)
  0 trackback
Category : 大道芸人たちの見た風景

Comment

says...
これは巷で人気の聖地巡礼ってやつですね
私も参加します

大金持ちになったら…
2013.12.21 06:27 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは。
この旅は楽しそうーーー 程よくグルメもショッピングも観光も バランス良く 
無理の無さそうな旅ですね。
特に 七日目いいなぁ 室内楽とランチ そして スイスへ気持ちよさそうーーー
フランス ドイツの旅もいいなぁ。魅力的!!!!!

僕の方では 「自称 稀代の名探偵と行く美食の旅」でしょうか。
2013.12.21 11:48 | URL | #- [edit]
says...
やっぱり、楽しいツアーになりましたね!
スペインの幾つかの町はコハクが行った町と重なっています。
呼び出してもっと詳しく聞いてみようと思っています。

そして、確か日本からスペインへの直行便は無いようです。
どこかで乗り継ぎで大変みたいですよ。
ではまた。
2013.12.21 15:41 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

い、いや、その、聖地巡礼というほどのすごいものでは(汗)

ぜひぜひご参加くださいませ! 
やっぱり時期は六月くらいでしょうか?

コメントありがとうございました。
2013.12.21 17:52 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そう、よく考えたら、Artistas callejerosは、実に観光名所にばかり行っていました。
グルメもショッピングも観光もどれも組みやすいのなんの……。何やっているんだ、このキャラたちは。

フランスとドイツも近いうちに考えてみようかな。

「稀代の名探偵と行く美食の旅」いいですねぇ。アリアさんの絶対的おすすめとか、貯金箱が予約してくれる高給レストランとかもよさそうです。ちょっと楽しみに待っちゃいますよ。

コメントありがとうございました。
2013.12.21 18:49 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

コハクは新婚旅行で行ったんでしたっけ。
バルセロナ以外も重なる所がありましたか?
コハクがどこで何を見たか、興味ありますよ! 急ぎませんので、またちょっとずつ開示してくださいね。
楽しみにしています。
もしかしてコハクにはモデルがいるのでしょうか。そうすると、エスの作品の中のコハクはもいれると三人なのかな? そういうのも面白いです。


今ってイベリア航空の直行便ってなくなっちゃったんですね?
そういえば、日本行きのスイス・インターナショナル・エアラインで、スペインにいらしたと言うツアー客と隣り合わせでした。直行便がないからチューリヒ経由だったりするのですね。

コメントありがとうございました。
2013.12.21 19:32 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
行きたい!けど・・・

それだけの連休が取れない!\(´゚д゚`)/

取れても年末年始の4連休ぐらいしか取れないのが現状(´・ω・`)
今だに海外旅行なんて行ったことがない私。
2013.12.22 09:20 | URL | #- [edit]
says...
すごく行ってみたい!メディチ家の話が大好きだからフィレンツェとかにも行ってみたい!
休みはともかく、お金がな……orz
2013.12.22 15:16 | URL | #- [edit]
says...
御無沙汰しております。日本ではヒンニュー団という団体と小競り合いをしています。
ユウ酸ガイドの旅良さそうですね。もう少し日程をショートにしたら(基本編)お客さん集まるかもですね!
来年・・・再来年には何とかしたいのですが!
2013.12.22 15:43 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

連休の最長が四連休ですか、それは大変ですね。
最近は毎年最低でも二週間とるのが当然になってしまっているので、日本式の細切れ休みはきついです。

この旅行はどっちにしても妄想なので、大丈夫ですけれど……。

コメントありがとうございました。
2013.12.22 21:32 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

綺羅星さんのお好みに合いましたか。それは嬉しい。フィレンツェはいいですよね。あそこだけで五日くらいいられる一カ所集中の旅もいいですよね。どっちにしても、お金はかかりそうですが(笑)

コメントありがとうございました。
2013.12.22 21:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

こちらこそご無沙汰してしまい、すみません!
小競り合い? 都知事選でしょうか?
ツアーって、普段は全然参加しないのですが、こういう趣味に走った旅は楽しそうです。ブログのお友だちと一緒にわいわい行ったら、盛り上がりそうですよね。

こちらは、当分スイスにおりますのでご無理なざらずゆっくりどうぞ!

コメントありがとうございました。
2013.12.22 21:36 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
まさに聖地巡礼……と思ったら、ダメ子さんも同じことを書いておられました(*^_^*)
私もよくやるのですけれど、ロケハンと聖地巡礼……小説やドラマの舞台になった場所を巡る、読者(ファン)にとっては魅惑的な、そして勝手に盛り上がる旅……日本では『冬のソナタ』の『聖地』を巡る韓国旅行のパッケージがあったりしましたねぇ。あれを思い出しました。
イタリアは複数回行っているのですけれど、スペインは実は未体験。
行ってみたいなぁ。ゆっくり休みが取れたら、あるいは先立つものがあれば……^^;
もう若い頃みたいな貧乏旅行がしんどくなったし……こんなグルメ付きのツアーがいいなぁ。
で、これはどこかで蝶子たちを囲む会みたいな、ファンサービスはないのかしら??
2013.12.23 01:04 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
はい、は~い、参加しますよ。お金とヒマがあれば(笑)
いや、なかなかいいところを巡るツアーですね。これに近いツアーって、リアルにありそうな気がします。
モロッコとドイツを入れた大周遊コースに、ロンドンの一日オプショナルツアーも企画しちゃいましょう。あと、千葉・東京・京都・広島・出雲・神戸を巡る日本版も、よろしくです(笑)
2013.12.23 10:45 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

実はですねぇ。この小説を書き出した時に、iPhoneアプリに出来ないかなという野望があったのですよ。一章ずつ小説と、音楽、それから観光案内を入れて、一個100円で販売とか。だから、最初の方はかなり真面目に観光案内しているのです。それが途中から「だめだこりゃ、長くなってきたし、話は観光からどんどん外れていく」担ってしまい、アプリ企画は頓挫しました(笑)

イタリアに詳しい彩洋さんは「竹流といくヴォルテラ家の秘宝をめぐる旅 慎一のピアノ演奏つき」なんてのも企画できそうですね。

スペインは、イタリアのラテンの雰囲氣に少しアラブの影響が混じり、もうちょっと深刻なトーンがついています。どちらも好きですが、キャラを考える時に、やっぱりこの旅の印象がすごく影響しているような思います。だから、「大道芸人たち」もスペインに行くと話が深刻な方向に動いてしまう(笑)よかったら一度、このツアーにご参加いただいて体験してみてください。(いや、妄想ですけれど……)

実は、実際には存在しないものもツアーに入れちゃっています。コルタドの館と「エル・ソニード」は小説の世界。だからArtistas callejerosを囲む会だってOKだし、それどころか「園城真耶と行く大道芸人たちの世界」だって可能! (おいおい……)

旅行企画は面白いので、いずれまたやろうかと思います。

コメントありがとうございました。
2013.12.23 21:37 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

神戸編はTOM-Fさんに特別添乗員をお願いしますよ! そして、左紀さんの所の「絵夢お嬢様のお館」もコースに入れてもらうんだ〜。(妄想が進みすぎ)

そしてロンドン編では、やっぱり「公爵様とお茶会」もコースに入れたい所です。プランBとしては、ハロッズで失恋するレネの追体験もいいけれど、エミリーが来てくれるかなあ。

京都と出雲編では「根の道を通ってワープしましょう」ってのがいいかも! (もう、何でもいいやい状態です)

コメントありがとうございました。
2013.12.23 21:43 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
なんと! こんな掘り出しものの記事を見つけた^^

面白いです~^^
行きたい~。湖のほとりで演奏聴きた~い。
えっと、そういうサービス、あるんですっけ?

田島の旅でやろうかと一瞬思いましたが、あれ、10ヶ月もあるんだった・・・(><)
2014.12.30 08:48 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

面白いでしょう?
コメントでみなさんが提案してくださったのですよ。

このツアーは全部でまかせなので、なんでもありです(^^)

あ、祥吾版もみたいです。
ぜひ企画してください! 新春のファンクラブ専用企画ってことで。
楽しみにしています。
そういうのでscriviamo!参加もありですので( ^ ^ )/□

コメントありがとうございました。
2014.12.30 11:28 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/738-71cb50b1