FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

『オリキャラ対談バトン』を渡されちゃいました

TOM-Fさん、山西左紀さんのなさっていた『オリキャラ対談バトン』をいただいてきました。
で、左紀さんの所で対談していたお二人と縁の深いうちの子たちがご指名により登場しました。
さりげなく(?)作品紹介になっているはずです。よかったらお読みくださいませ。




まず司会をご紹介します。
「こんにちは。俺の名前は東野恒樹です。今日登場する二人と接点が多いオリキャラということでしゃしゃり出てきました。実はロンドン在住です。あ、訊いていませんか、すみません。では、本題に入ります」

【1.お互いを知っていますか?】
恒樹「最初の質問です。お互いのこと知ってる? って、馬鹿っぽい質問だな、これ」
キャラ1「知っているよね〜」
キャラ2「うん。もちろん」
キャラ1「だって、私たち一緒に暮らしているんだもの……」
キャラ2「ちょっと! その言い方は誤解を生むから! ホームステイってちゃんと言ってよ」


【2.知ってても知らなくても、互いに自己紹介してください。】
恒樹「だ、そうです。自己紹介して」
キャラ1「こんにちは。私はリナ・グレーディクです。スイス人で16歳。交換留学で日本に来ました〜」
キャラ2「僕は遊佐三貴、東京に住む中学生です。リナ姉ちゃんは家にホームステイしています」
恒樹「ちなみに、三貴君のお兄さんの栄二くんは、俺が日本にいた時の高校で一年後輩でした。その同じ高校には、栗栖紗那さんの作品「Love Flavor」のオリキャラが通っています」
リナ「私の話は?」
恒樹「あ、俺とリナは、ロンドンで偶然知り合ったんだよね。まさか栄二の家に行くとは思わなかったけれど」
リナ「ね〜。すごい偶然よね。ロンドン面白いから、また行きたいな」
恒樹「それよりも、作品名とか言わなくていいわけ?」
ミツ「あ、忘れていた! 『リナ姉ちゃんのいた頃』シリーズです。どうぞよろしく」

【3.お互いを初めて見た時の印象は?】
恒樹「さて、次の質問。お互いの第一印象を答えて。確か二人は成田空港で初対面したんだよね」
リナ「そうなの。迎えにきてくれたのよね。あの時のミツは怯えているみたいだったかな。でも、お父さんは全然英語を話せなくて、ミツが通訳してくれたからびっくりした。よくわからない英語だったけどね。最近はずいぶんマシになってきたけど」
ミツ「悪かったね。日本人が英語を学ぶのは、リナ姉ちゃんみたいな、似た言語の人が学ぶのと違って大変なんだよっ」

恒樹「で、君の方の第一印象は? リナをみてどう思った?」
ミツ「派手だなって。いや、今でも派手だけど。あと、すごい美少女が来たって思った」
リナ「今でも美少女でしょ」
ミツ「それを意識させないほどの破壊力がある……と思う」

【4.あなた達の共通点は?】
恒樹「共通点ってある?」
ミツ「ないです」
リナ「そんな断言することないでしょ!」
ミツ「あえていうなら未成年ってことくらいかな」
恒樹「英語が話せるってのは?」
リナ「そうそう。コーキもそうよね。ねえ、私、スコットランドにも行きたいんだけれど、連れて行ってくれる?」
恒樹「え? いいけど、ミツ君も来る?」
ミツ「え、いいんですか? ご迷惑じゃないかなあ」
恒樹「君、中学生なのにずいぶん氣を遣うんだね」

【5.共通の知り合いはいますか?】
恒樹「次の質問。共通の知り合いはいますかって、そりゃあいるよね。」
リナ「コーキでしょ。三羽がらすでしょ。コトリとヤキダマ(山西左紀さんのオリキャラ)でしょ。あと斉藤専務!」
ミツ「ちょっと待った。僕は斉藤専務は知らないんだけど。それは父さんの上司だよ」
リナ「まあまあ。そのうちにミツも知り合いになるから。あとねぇ、スイスの友達のドミニクが遊びに来たいって言ってるのよね。そのうちに来るかも〜」
ミツ「ええっ。なんか波瀾万丈の予感が……」
リナ「あとねぇ。100円ショップで会った女の子たち!」
ミツ「あ、紗夜先輩たち?」
(作者注・この女の子たちも栗栖紗那さんの「Love Flavor」からのみなさんです)

【6.共通の知り合いがいる場合,その人はあなた達にとってどんな存在ですか?】
恒樹「いっぱいあげられちゃったけど、どの知り合いについてでもいいや、どんな存在?」
リナ「斉藤専務はねぇ。パパの知り合いなんだけれど、困ったことがあったらいつでも相談してって言ってくれて、けっこうピンチを救ってくれたよね」
ミツ「あ、銀行事件とか、ツーリングにいかせてくれた件とかのこと? 確かに。知らない人だけど、いっぱい助けてもらっているや」

恒樹「コトリさんとヤキダマさんは?」
ミツ「とても親切で、面倒見のいいお二人です。コトリさんは、首都高の入口でヒッチハイクしていた見ず知らずのリナ姉ちゃんを連れてきてくれたし、二人でバイクのツーリングに連れて行ってくれたんですよ」
リナ「美味しいものも好きなのよ。連れて行ってくれる所どこでもすごく美味しいものが出てくるの」
ミツ「姉ちゃん、そこしか見ていないの(苦笑)」

恒樹「100円ショップの女の子ってのは?」
ミツ「紗夜さん、美汐さん、高音さんっていう先輩です。」
リナ「ミシオはドイツ語もペラペラだったよね。百均の攻略法をいろいろと教えてもらったんだー」
恒樹「ドイツ語で攻略するようなことかな……まあいいか、次いこう」

【7.最後の質問です。あなた達は仲良く出来そうですか?】
恒樹「仲はいいんだよね?」
リナ「いいよね?」
ミツ「え。も、もちろん。リナ姉ちゃんが来てから退屈することないし」
リナ「スイスにも絶対遊びに来てね」
ミツ「うん。まだ先の話だけれどね」

【8、関係が気になる人の居るサイトマスターさんに回して下さい。】
恒樹「というわけで、誰かにまわしてくれって」
リナ「まわせと言われても、他のサイトはあまり知らないのよね。サヤはどこのブログで会ったんだっけ?」(作者注・栗栖紗那さんのところですよ!)
ミツ「コトリさんとヤキダマさんから回ってきたから、あそこにはまわせないし。恒樹さん、誰かご存じないですか」
恒樹「え。だったら、蓮たち「Love Flavor」の面々……。あ、でも、栗栖紗那さんがOKしてくれたら、だけど。」

他にもなさりたい方がいらっしゃいましたら、ぜひどうぞ!
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター

Comment

says...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.04 10:09 | | # [edit]
says...
夕さん、早速ありがとうございます。
難しいのでスルーするとおっしゃっていたのにコトリが勝手に……
なんちゃって、無茶振りだなぁとは思ったんですけど、久しぶりにリナと三貴の2人の声を聞きたくなってお願いしてしまいました。
本当にすみません。
でもサキは東野恒樹さんをちゃんと知らないんですよね。
なぜ読んでいないんだろう?
今度ちゃんと探して読んでおきます。
しかもコウキ(コーキ)、ヤキダマと同じ読みなんですね。
偶然とはいえ驚いてしまいました。

あ、ここでもコトリとヤキダマ、名前を出してもらってる。あの2人は幸せ者だなぁ。考えてみれば、この2人もコトリとヤキダマにとって共通の知り合いなんですもんね。
やっぱりリナが暴走して三貴がなだめるパターンは健在ですね。
『リナ姉ちゃんのいた頃』シリーズの展開を期待してお待ちします。
バトン繋がったら面白いんですけど。
ではまた。

2014.01.04 12:58 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
明けましておめでとうございます。

こちらこそ、ご挨拶が遅れてしまい、申しわけありません。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

楽しみにしていますね。
今年が全てにおいて好転するいい年となりますように。

コメントありがとうございました。
2014.01.04 18:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

えへへ。難しくてスルーするはずだったんだけれど、リナ姉ちゃんたちで書き出したら、簡単に書けちゃいました。難しく考え過ぎたのかな。

そうそう。東野恒樹、氣付いていなかったけれどヤキダマと音がおそろいでした。
もともとは紗那さんのscriviamo!で描いてくださったイラストへのお礼の「Love Flavor」トリビュート二次創作のために生まれたキャラで、その後にやっぱり紗那さんからのリクエストで登場した時にリナ姉ちゃんと絡んだのですよ。どちらも「リナ姉ちゃんのいた頃」カテゴリーに入れてあるので、すぐに出てくると思います。で、「Love Flavor」にもリナ姉ちゃんとミツを登場させてもらったり、バトンに恒樹を出してもらったりと、かなりカテゴリー全体でよく絡ませていただいているのです。

うん。コトリとヤキダマは、このシリーズと縁深いですからねぇ。異次元パターンだけれど、リナ姉ちゃんは勝手に日本での親友に加えちゃっていますので。そして、ミツは恐縮する(笑)

そろそろリナ姉ちゃんシリーズの新作も考えないと。三羽がらすと一美姉ちゃんの話や、ウゾさん待望の斉藤専務の登場、それにドミニク来日とかいろいろと考えててはいるのですが、一本も書いていないので……。

バトンはどうなるでしょうね。私も楽しみにしています。

コメントありがとうございました。
2014.01.04 18:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

おおっ、今回はリナ姉ちゃんのお二人なのですね!
リナ姉ちゃんは読んでいたので、いつも以上に楽しめました♪
やはり大道芸人にも手を出すべきだなあ……

夕さんの対談系バトンって、本当生き生きしていて凄いです。

いやあ……いいなあ! いいなあ……!
楽しいです。
只、私の小説はどうもこういうのには向いていない……(涙)
現実舞台の小説書きたいけれど難しくって……。
書いてみようかなあ……(対談系バトンの為に 笑)
2014.01.05 01:18 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

おっと、恒樹つながりで紗夜たちまで出てきましたか!
これはこちらでも拾わないといけないバトンですね。
近日中にはやろうと思います。

サキさんの『254』のコトリとヤキダマも出てきて、懐かしく思いつつも楽しめました。

考えてみると、リナさん(ミツくん)周辺の人間関係って、結構凄いですよね。
『バッカス』の時に出したキャラも含めると、さらに凄いことになりそうですが……
そしてミシオこと美汐さん。ちゃっかりリナさんにとんでもないこと吹き込んでいる気もしますけど。

しかし、この三人が対談するとミツくんが若干萎縮していまいますよね。
恒樹はともかくとして、やはりリナさんが強いですから。

では、近々バトンに取り掛かるので、少々お待ちを。
そして、今年もよろしくお願いします!
2014.01.05 12:05 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。
バトン、お疲れ様でした。

リナ姉ちゃんと三貴くんできましたか。
バトンを読んでいて、リナ姉ちゃんが来日したときのシーンを思い出しました。あれ以来、リードされっぱなしの三貴くんですが、なんだかんだ言っていいコンビですよね。
このお二人もそうですが、八少女夕さんのキャラたちは、みんな交友関係が広いですよね。キャラのつながりで、バトンが渡っていくというのも、面白いものですね。
2014.01.05 15:59 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

今回はサキさんからのご指名により、リナ姉ちゃんたちになりました(笑)
対談系バトンに出せるのって、確かに特定のキャラに限られるような氣がします。ほっておいてもペラペラ喋る系かな?

「星恋詩」のようなもの静かなキャラだとたくさん喋らせるのは難しいかもしれないけれど、「アゲイン」もたくさん喋ってくれそうですし、他にも、たとえば「Note!」のみんなならどうかな? そんなことも妄想して楽しめちゃいますよ。

「アニーと仲間たち」もけっこう待ち遠しい私。三月からはお忙しいでしょうが、今後のスカイさんの作品の発表を楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました。
2014.01.05 19:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

すみません! サキさんの真似して、許可なくまわしちゃいました。

リナは人見知りしないので、あちこちの皆さんの作品を荒らしている……。今ごろ氣がつきました。
「Love Flavor」関係で言うと、恒樹もですが、リナとミツもお邪魔しているし。
ミツはリナがいてもいなくても氣を遣っているんでしょうが、彼女がいるとよけいそっちばかりに思いが行っていますね。そういう性格なんでいいということにしましょう。

そして、強引に渡したバトン、拾ってくださるのですね。嬉しいです。
三人娘も捨てがたいですが、蓮君と刹那さんにも出てきていただきたいかも〜。
かなりの大所帯になっちゃいますかね。

急ぎませんでどうぞごゆっくり。楽しみに待たせていただきます。

コメントと、バトン拾ってくださり、ありがとうございました。
2014.01.05 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

今回はコトリに指名されてしまいました。そして、「ええ、難しいし〜」と渋っていたらリナが「でる、でる、でる〜」とうるさいので(笑)

来日したのって2012年の夏ですよね。あのころから読んでいただいているんですよね。ちょっと感激。リナは本当は一年間しかいない予定で本来ならとっくにスイスに帰っているはずなんですが、なんかそこだけ時間が停まっている模様です。

この二人は絡みやすいキャラみたいで、皆さんに遊んでいただけてありがたいです。もしよかったら、いずれTOM-Fさんん家のキャラとも(笑)

バトンを強引に渡すの、始めてでしたが、受け取ってもらえてラッキーでした。次回から、こうやって強引に渡すのもありということにしましょう、うん。(何一人で納得しているのか)

コメントありがとうございました。
2014.01.05 19:21 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/747-f9793e4f