scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】花見をしたら

scriviamo!


「scriviamo! 2014」の第八弾です。ウゾさんが、もともとこの企画のために書いてくださったという掌編にお返しを書いてみました。ウゾさん、ありがとうございます!

ウゾさんの書いてくださった掌編『其のシチューは 殊更に甘かった 』

ウゾさんはその年齢とは思えないものを書くことで定評のある中学生ブロガーさんです。書いてくださった作品も隅の老人視点ですよ。そして書いてくださったのは何故か今年やたらと注目を浴びている「マンハッタンの日本人」の美穂の話。はい、続きを書きました。あまり進んでいませんが。

特に読まなくても話は通じるかとは思いますが、このシリーズへのリンクです。(そろそろ新カテゴリーにしようかな)
 マンハッタンの日本人
 それでもまだここで - 続・マンハッタンの日本人

ええと、今年の参加一度目の方が全部終わってからにしようと思ったのですが、二度目参加の方がお二人になりましたので、来た順でガンガン発表しちゃうことにしました。はい、そうです。scriviamo! 2014は何度も参加してもかまいません。あ、締切は変わりませんので、二度目にトライしたい方はお急ぎくださいませ。


「scriviamo! 2014」について
「scriviamo! 2014」の作品を全部読む
「scriviamo! 2013」の作品を全部読む



花見をしたら 
 〜 続々・マンハッタンの日本人
——Special thanks to Uzo-san


 最悪。美穂は口を尖らせながら歩いた。五番街を通ったら、トレイシーとすれ違っちゃった。正真正銘のキャリアウーマンで、八ヶ月前まで同じオフィスで仕事をしていた。美穂は彼女に憧れて、いつもにこやかに挨拶をしていたのだが、ある時彼女が仏頂面で言ったのだ。
「用もないのにヘラヘラしないで」

 ムシの居所が悪かったのかもしれないし、失恋でもしていたのかもしれない。でも、そのいい方に美穂はひどく傷ついたし、それからしばらくして銀行をクビになり、五番街のオフィスから追い出されてしまってからはより一層逢いたくない女になった。トレイシーはそんな美穂の想いを全く無視して「ハロー!」と笑いかけてきた。

「久しぶりね。今、どこでどうしているの?」
「仕事を見つけて働いています。小さなダイナーですが」
「この辺りなの? 私の知っているお店かしら」
「いいえ、普段勤めているのはユニオン・スクエアのあたりです。それに、あなたが行くような洒落たお店じゃないんです」

 トレイシーは、あら、と氣まずそうな顔をしたが、すぐに何ともないように言った。
「今日はオフなの? 買い物かしら」

 安食堂に勤めている私が五番街でショッピングをするわけないじゃない、そう思ったが怒ってもしかたない。そうだった、トレイシーってこういう無神経なことをいう人だったわね。
「いえ、今日も仕事です。ときどき、オーナーが経営しているもう一つの店にヘルプで行かされるんです。メトロポリタン美術館の近くにあります。こっちのほうが少しはマシだけれど、それでもあなたの行くような洒落たお店じゃないですね。《Cherry & Cherry》っていいます」

 あまり来たくもなさそうなのに愛想笑いをするトレイシーとハグをかわして、美穂は先を急いだ。好きでもないのにハグしたり、キスしたり、愛想笑いよりずっと偽善的じゃない。数年前はこんなことは考えなかった。アメリカは全てにおいて日本より優れていると思っていたし、日本にいるのは井の中の蛙で偏狭な人たちだと思っていた。

 でも今はそんな風には考えていない。日本の方がいいとは思っていないけれど、アメリカの方が優れている、マンハッタンにいる自分が素晴らしいとも、全く思えない。どちらの国にもいろいろな人がいる。いろいろなことがある。その中で、精一杯生きていく、それだけだ。

 ダウンタウンにある《Star's Diner》に勤めるようになったのは、もとはといえばアパートから遠くなかったからだが、もとの勤務先のある五番街や華やかな地域から離れられてほっとしていた。クビを言い渡した上司や、未だに肩で風を切って通勤している同僚たちに遭うのはつらかったし、今まで親しかった街に拒否されているようで悲しく思っただろうから。だから、二ヶ月ほど前にオーナーから《Cherry & Cherry》のヘルプに行ってくれと言われた時にはどきっとした。

 《Cherry & Cherry》と目と鼻の先にあるメトロポリタン美術館は、五番街に勤めている時の美穂のお氣にいりスポットだった。100ドルの年間パスを購入して、何度も訪れたものだ。今はとても払えないので、年間パスは買わないし、行くとしても美術館側の一回入場の希望額25ドルも高すぎる。でも、たとえば5ドルで入ることにも抵抗がある。だから、行かない。五番街を通って、メトロポリタン美術館を目にするようなところで働くのが不安だった。古傷をえぐられるみたいで。

 でも、ズキッとしたのは最初の日だけで、後はごく普通の日常になった。五番街は違って見えた。最初に海外旅行で来た時の憧れ、働くようになって「これが私の住む街なの」と誇りに思っていたこと、そのどちらの五番街とも違って見えた。それはアスファルトと石畳に覆われた道だった。憧れや誇りではなくて、通過する場所だった。トレイシーだって、他のもと同僚たちだって、きっと何ともなくなっていくに違いない。

 迷いもせずに《Cherry & Cherry》に辿りつき、ドアをあけようとした時、風に飛ばされてきた白い花びらが手の甲に載った。あ、桜! そうか、もう四月も終わりだものね。故郷の吉田町では一ヶ月も前に終わったであろう桜。ふいに子供の頃の春の光景が浮かんできて、美穂はぐっと涙を飲み込んだ。泣いている場合じゃないし。仕事、仕事。

 ドアを開けた。品の悪いフューシャ・ピンクのソファーが目に入る。ウェイトレスのキャシーが露骨に嬉しそうな顔をした。遅番である美穂が来たら帰ってもいいことになっているのだ。相変わらずぽつりぽつりとしか客がいない。後から他のウェイトレスたちも来るだろうし、18時にもなれば息をつく間もなくなるのだろうが、しばらくはのんびりできるだろう。エプロンをしてカウンターに立った。

 カウンターの一番奥に、茶色い鳥打ち帽を被った老人が座っていた。美穂は帰ろうとするキャシーをつかまえて訊いた。
「あの人の注文は?」
「ああ、まだよ。さっき入ってきたとき、息があがっていたので、あとでまた注文に来ますって言ったんだ」
手をヒラヒラさせながら、キャシーは出て行った。

「こんにちは。ご注文を伺います」
美穂は老人の前に立った。

 老人は、ゆっくりと視線を上げた。
「見ない子だね。新入りかい?」
「ええ、まあ。普段はユニオン・スクエアの店にいるんです」
「外国人だね」
「はい。日本人ですよ」

 なるほどとつぶやいたようだった。なにがなるほどなのだかわからないけれど。

「桜は見たかね。今日は満開だったよ」
「いいえ、今年はまだ。さっき花びら一枚だけ見ました。普段は思いだしもしないのに、軽いホームシックにかかりましたよ」
「ああ、日本の桜は有名だからね。華やかで綺麗な花だな」

「華やか……ですか。まあ、そうですね。私たちはそんな風に表現しないかな」
「では、なんと」

 美穂は言葉に詰まった。言われてみれば満開の桜は間違いなく華やかだった。だが、桜にはそれとは別のファクターが常に付いて回っている。儚い、幽玄な、それとも潔い……う~ん、なんだろう。ぴったりくる言葉がみつからない。というよりも、それを言葉で説明しようとしたことがなかった。

「ごめんなさい。ぴったりくる表現がみつからないわ」
「英語にはない概念かい?」
「そうじゃないの。私が感じているものを理論的に言葉にして考えたことがないのを、今ようやくわかったの」
老人はびっくりしたようだった。
「感じているのに考えたことがないって?」

 美穂は肩をすくめた。不意に自分は完膚なきまでに日本人なのだと思った。

 老人はそれ以上追求してこなかった。メニューを見もせずにスペシャル、つまり格安の定食を頼んだ。昨日残った肉や野菜を詰め込んで煮たシチュー。少し固くなったパン。アメリカらしく半リットルもある飲み物だけは太っ腹だが、それ以外はケチなメニューだ。だが、老人はスペシャル以外は頼まないと心に決めているようだった。

「アメリカに来てどのくらいだね」
他に客もいなくて、手持ち無沙汰の美穂は素直に老人の話し相手になることにした。どうせよく聞かれる質問だ。

「五年ちょっとです」
「ニューヨークにずっと?」
「ええ。最初は留学、それから五番街の銀行で一年半。失業三ヶ月、それから今の仕事です」
「日本に帰りたくないのかね?」

「ふるさとは遠きにありておもふもの」
美穂は思わずつぶやいた。

「なんだって?」
日本語を知らない老人には呪文のように聞こえたことだろう。美穂は英語に切り替えて言った。
「室生犀星という日本の詩人による詩の一節です。故郷というものは遠く離れた所で懐かしがっているのが一番いい。帰ったから天国ってわけじゃないんです」

「この世に天国はないからね」
やはり天国には住んでいない老人はそうつぶやくと具の少ないシチューを口に運んだ。

「桜を見に行ってきなさい。日本のと同じかどうかは知らないが、あんな綺麗なものを見過ごすのはよくないよ。あれは金持ちも貧乏人も関係なく平等に得られる幸福の一つだ」
「そうね、そして時が過ぎると、金持ちも貧乏人も関係なく見られなくなってしまうものだものね」

 ふさぎ込んでいても、傷ついていても、人生は前には進んでいかない。どこにも天国がないのはわかっている。だったら、それなりに楽しくやっていかなくちゃ。

 そう考えたら銀行をクビになって以来感じなかったほどにすっきりとした心持ちになってきた。そうだ、花見に行こう。日本とかニューヨークとか、こだわるのではなくて、ただ花を楽しもう。美穂は笑って老人の皿にお替わりのシチューを入れてやった。

(初出:2014年2月 書き下ろし)
関連記事 (Category: scriviamo! 2014)
  0 trackback
Category : scriviamo! 2014
Tag : 小説 連載小説

Comment

says...
 こんばんは。
ああっーー まったく纏まらなかったモノにまで 掌編書いて下さるとは…
有難う御座います!!!!!

上手い表現ですねーーー マンハッタンを通過する場所とは ピッタリだと感じます。
アメリカの乾いた空気 雑踏のざわめき… 美穂が主人公のシリーズなのだけど
マンハッタンの街 其の物が主役に感じられるシリーズです。
何か 此のシリーズ 雰囲気が映画の一シーンの様で面白いです。
  
2014.02.14 11:14 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

いえいえ。そのままにするのがもったいない素晴らしい作品だったので、書こうとは思っていたのですが、一度目の方が終わってからと待っていたのです。そうしたら、一度目の方が切れちゃって。さらに左紀さんからも二度目もらったので、こうなったら二度目もGoしちゃえということに(笑)

そうですねぇ。ニューヨークにしろ、ロンドンにしろ、お上りさん状態の時には「すごい所」と感じるんですけれど、住んで、いいことも悪いこともあった後では、ただの場所になりますよね。美穂はちょうどその分岐点にいるのだと思います。

そうですね。ヨーロッパの他の街のように何度も訪れていなくてうろ覚えで書いているのですが、ヨーロッパとは違う世界をこのシリーズで出せればいいかなあと思っています。

素敵な掌編でのご参加、ありがとうございました!
2014.02.14 20:39 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
美穂は素敵ですね。
とても好きです。
こんなにニューヨークに憧れ、5番街で働き、そして挫折して、また立ち上がろうとして、ちょっと屈折していて、うわ!また使ってしまいそうです。
けどニューヨークは全く未知の世界、と言うことで無理です。はい。
でも、チラチラと日本人の感性が垣間見えて、あ、そういうことがあるんだなぁと思いました。夕さんならではですね。
桜の扱い方最高でした。たった一枚の花びらから始まって、そして桜の表現ですね。どういう日本語を使うとピッタリくるんでしょうか?
感じているものを理論的に言葉にして考えたことがない……そういうこと、結構あるように思いますが、何か当てはまる日本語があるかもしれません。何しろたくさんの言葉がありますからね。
美穂は桜を見に行くべきです。
きっと何か感じる物があると思います。
何しろ桜ですもの。
美しい、そして暖かいお話し、楽しく読ませていただきました。
2014.02.15 09:47 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
更新、お疲れ様でした。

このお話、シリーズ化しましたね。人気あるなぁ。
美穂は、なにかをふっきれた、あるいは、ふっきれかかっているという感じがしますね。
五番街が「通過点」というのは、美穂がたどってきた道だからこそ、重みと意味があるように思えます。
こういう人物だからこそ、コラボしてみたいなぁと思うのかもしれません。
私の方は、ぐずぐずしていてなかなか形になりません。やばいなぁ~。がんばろう。
2014.02.15 16:48 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。日本の大雪、すごいことになっているようですね。お怪我をしないようにお氣をつけて!

美穂を好きになってくださってありがとうございます。
もともとは、別にニューヨークの話でなくてもよくて、単純に話をわかりやすくするためにマンハッタンにしたのですが、今では切っても切り離せなくなりました。実は私もニューヨークは一週間くらいしかいたことがなくて、それも911よりも前のことでうろ覚えなのです。だから、この話もネットで調べて裏を取りながら書いています。だから、もし書きたくなったらどうぞご自由に遊んでくださいね。

日本人が海外で感じる日本と、その国と、やっぱりどこかに自分が普段感じていることが入りますね。たとえば桜には昼の姿と夜の姿があって、それぞれ感じるものが違うと思うのですが、欧米の人は夜桜には何の感慨もないようです。それに「桜の下には……」「風さそう花よりもなほ……」といった日本人ならどこかに感じている哀しみや幽玄、場合によっては暗いイメージは言葉にするのがとても難しいです。晴れた日の晴れ晴れしい桜と、こうした暗い桜の両面があってこそ日本の桜なんですよね。そこが薔薇やリンゴなどとは違うように思います。

きっとこの後、美穂は桜を見に行ったでしょうね。彼女は少し振り切れて、このあと少しずつ変わっていく予定です。もともと書くつもりはまるでなかった話が、こうやって皆さんのおかげで育っていくのは嬉しいですね。

これからも美穂をよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2014.02.15 20:58 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよね。何故か今年はこれがブームに。

この子、登場してからずっと挫折しまくりなんですが、それでもしつこく頑張っているところに共感していただけているのかなあと、ちょっと分析してみました。アメリカ自体も以前のようなドリームランドではないことを日本の方も皆わかっていて、だからこそ美穂の屈折と奮闘の舞台としてしっくりくるのかなと自分でも思いはじめています。

TOM-Fさんのお話も楽しみにしています。大丈夫ですよ、あと二週間ありますって。(と、プレッシャーかけてどうする)
もし締切に間に合わなくても、一度宣言なさった方の分はずっと待ちますのでご心配なく。

コメントありがとうございました。
2014.02.15 21:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
日本人って、あるいは日本という国では、物事に二面性がある、好いよう見えても裏では寂しいとか、神様にもいろいろいるとか、そういう多面性までも含めて、複雑なことを当たり前に受け入れいてるんですよね。
この老人の驚き、というのか、理解できないよって感じ、よく分かる気がしました。
で、つべこべ言ってないで「見に行きなさい」と……
逆に、あれこれ思わずに一歩を踏み出しなさいというのは、この物事を複雑に考えない国民とか民族の良さでもあるのかもしれないと思いました。
美穂はそのどちらも強く感じながら、また一歩を踏み出せるのですね。

トレイシーの出ている前半と、老人との会話の後半と、同じように少し噛み合わない感のある会話なのに、テイストが違う対比が面白かったです。
あ、噛み合わないというのは……前半は違う民族というのもあるけど立場が違ってしまったこともあって結構溝が深くなってしまった感じで。後半は、夕さんが書いておられるようにベースにある感覚が民族的に、あるいは経験的に違うものがあるという噛み合わなさだけど、違う岸辺にいるのに同じ流れを見ている感じがします。感じることは違っても、美しいと感じる気持ちは同じで、そこからまた新しい明日を歩こうと思える。
私の三味線仲間は、留学中にニューヨークで初めて津軽三味線を聴いて、帰国してから始めたそうです。
異国で感じる自分の中にある民族性。それが自分の力の源になったらいいですね。
2014.02.16 03:32 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんにちは。

日本人じゃない人と会話をする時に、表現する単語を知らなくてもどかしい、ということももちろんありますが、もっと多いのが、この日本的な言葉で表現しづらい、同時に備え持つまったく相反する概念のことだったりもします。竹を割ったようにどちらかには分類できない感じ、それができない私をガイジンは「なんなの?」と思うみたいです。

で、確かに「つべこべ言わずに進め」というやり方も習って、その国で生きることを再び学ぶ、みたいな流れになっているんですよね。美穂の屈折や迷い、それに再生、全く同じではないながらも日本を離れてから感じた何かがやはり混じっていて、海外で生きていく日本人という私の小説のテーマの一つが上手くでるといいなと思っています。

トレイシーと老人の対比、これもけっこう重要で、溝って単純に国民性の違いだけでなくって、立ち位置の違いや感情の違い、さらにいうとシンパシーの違いなんかも溝を深めたり、縮めたりすると思うんですよね。美穂にとってはトレイシーみたいな悪氣はなくてもこちらを傷つけてくる人物に対する防御も強めていかなくちゃいけませんし、その一方で、同じアメリカ人と言ってもこの老人のように道を示してくれる存在も必要で、一人ではなく、でも、自分の力で立ち直っていかなくちゃいけないのだと思っています。

海外で民族の文化に目覚めるっていうのはわかります。私も日本にいた時には全くやらなかった中秋の名月のお供えやら、時おり着る和服やら、ずっとジャパニーズ化していますし、日本の歴史や文化などについても、以前よりかなり意識して調べるようになりました。

美穂の話のブームはまだ続いております。また次回もお読みいただければ幸いです。

コメントありがとうございました。
2014.02.16 15:32 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
美穂、一生懸命に生きてる女性だなと感じます。
自分ではきっと、理想に届かなくてがっかりしたり悔しい思いを抱えてるのでしょうが、その肌で、日本にいるときには感じられ無かった様々なことを感じ取れている、何も無駄なことはないのだな、と。
老人との会話、いいですね。ウゾさんの生み出した老人が、ここでまた新たな味わいを出してくれています。
このあと桜を眺めた美穂は、改めていろんなことを思うのでしょうね。
日本を出て、いろんなことを日々感じ取っている夕さんに重ね合わせ、羨ましいな、なんて思ってしまいました。
2014.02.18 00:02 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

美穂は、一度っきりの登場で、ひっそりと一生懸命に生きるはずだったのですが、どうやらポール・ブリッツさんに再発見されて以来、うちのオリキャラの中でも特に皆さんに応援してもらいつつ、雑草のように生き延びるキャラになってしまいました。

日本にいても学ぶことは多いのかもしれませんが、海外ではいろいろなことが対比されて強烈な印象を残すのかもしれませんね。

あまり裕福そうでないこの老人、だからこそ経験してきた人生の深みがあって、美穂にはいい導き手になりそうですよね。

ソメイヨシノは日本だろうとアメリカだろうと、クローンだから同じなんでしょうけれど、違う土地で目にして、美穂はどう感じるか、アメリカで生きようとしている一人の日本人としての彼女のの支えになるといいなと思います。

同じ海外でもド田舎ライフの私とはまた違うんでしょうが、外から見る日本、異文化のなかにいる日本人という切り口をとっかかりに、このシリーズ、せっかくだから続けてみようかなと思っています。

コメントありがとうございました。
2014.02.18 22:47 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/766-3fdef35c