scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】暗闇の決断

本日発表するのは私にはちょっと珍しい魔法もの(?)でしょうか。慣れないものを書いているのでちょっと不安ですが、感じが出ていると嬉しいなと思います。


暗闇の決断

 その部屋には窓がなかった。幾重にも垂れ込めた暗い臙脂の天鵞絨カーテンが、外界のわずかな光をも遮断していた。四人はそれぞれが真剣な面持ちで目の前の分厚い革表紙の書物を繰っていた。羊皮紙のように思われる古いマーブルがかった紙の上には整然と古き時代の筆記体が浮かびあがっていた。

 テーブルの上には、銀の燭台がおかれ、長い白いロウソクがジジジと音を立てて四人を照らし出していた。

「Guiso de trigueros con morcilla, miel, hierbabuena y chipirón de anzuelo…」
四人のうちの一人、巨大な目をぎらつかせたスペイン人が苦しい運命に立ち向かっているにもかかわらず穏やかに口を開いた。四人は一瞬瞳を見合わせたが、やがて誰からともなく静かに首を振り失望が暗い部屋に広がった。スペイン人は思い詰めた様子で言った。
「君はこの状況を打破することができるのか」

 黒いマントを着た男がそれに答えて厳かに口を開いた。いにしえの古き呪文を唱える、あのゆっくりとしたリズムで。
「Esparguete bolonhesa com queijo e pão de alho…」

「やめておけ。そんなことをすると、お嬢ちゃんのピラピラしたお衣装が紅く染まるぜ」
正面に座っていたくるんとした髭の男が言った。それは奇妙なイタリア人で、赤と青の縦縞のとても目立つ上着を着て、やたらと高いシルクハットに白い手袋を付けていた。

 若い娘が顔を上げた。真珠色に輝く髪をした美しい女だった。年齢に合わない鋭い目つきで円卓を囲む三人の男をじろっと見回した。サファイアのような碧い瞳とルビーのような紅い瞳を同時に持つ印象的なその娘は、四人の中では一番年若かったが、氣魄ある態度では全く引けを取っていなかった。

「まったくファッションショーじゃあるまいし、毎回毎回可愛いお洋服でやってくることだ」
イタリア人は、娘のフリルと襞のたっぷりついたクリーム色のスカートを見やって言った。

「あなたこそ、毎回全く同じ上着で、代りばえのしない事」
ツンと答える娘。ファッションには人一倍氣を遣っている目の大きいスペイン人は、まあまあと言う顔をしてなだめようとしたが、娘とイタリア人の間に流れている不和の空氣を変える事は容易ではなかった。

「あなたのその傲慢な口を血で真っ赤に染めてあげてもいいのよ」
娘が紅い瞳を光らせ、そっと右手を空中に掲げた。
「ま、まさか、ここであの『ローエングリン』の呪法を発動するつもりか……!」
スペイン人が青くなって椅子から立ち上がった。

 イタリア人は鼻で笑った。
「やらせとけよ。どうせあれは『ニーベルングの指輪』がなけりゃ発動できないんだよ」

 娘は冷たく微笑んだ。
「どこからそんなガセネタを仕入れてきたのかしら。指輪なんて必要ないわ。Befehl: Aktivieren psychologisch Vermeidung Barrier. Starten alle Schild-Generatorenlink…」

 黒マントの男が娘の右手をそっと降ろさせた。
「やめておけ」
「あなたも、私にはできないっていうつもり?」

「そうは言っていない。だが、我々に残された時間はわずかだ。争っている場合ではないのだ。そう思わぬか」
黒マントの男は冷静に諭した。三人ははっと我に返った。

「その通りでございます」
声にぎょっとして振り返ると、幾重にも重なったカーテンの陰に一人の男が辛抱強く立っていた。きっちりとしたスーツに身を固め、首に黒い蝶ネクタイをしていた。しかし、その男には大きな瞳が一つしかついていなかった。四人ははっとして身構えた。

「そろそろラストオーダーの時間でございます」

「なんだよっ。またラストオーダーか!」
イタリア人が叫んだ。

「決まらないんですよね。ああ、どうしたらいいんでしょう」
スペイン人もオロオロした。

「何か、我々にふさわしい提案はあるかね」
黒マントの男は一つ目の男に問いかけた。

「そうですね。たとえば本日のメニューなどはいかがでしょうか。ハンバーグ、チキン入りケチャップライス、海老フライ、目玉焼き、スパゲティナポリタン、それにカラフルなゼリーが一皿に乗ったお得なセットです。男性の方は車の形の器、女性の方には花の形をした器で提供させていただいています」

「女だからって、量が少ないんじゃないでしょうね」
娘はきつく問いただした。
「そのような事はございません。量は全く同じでございます」

「うむ。悪くないな。ケチャップライスの上には?」
スペイン人が期待を込めて問うと、一つ目の男は厳かに答えた。
「みなさまのそれぞれのお国の国旗を掲げさせていただいております」

「じゃあそれだ」
縞の上着のイタリア人はパタンと革表紙のメニューを閉じてウェイターに渡した。他の三人もそれに続いた。一つ目の男は深々とお辞儀をすると、静かに個室を後にすると、騒がしい食堂ホールを抜けて四カ国語で記載されたメニューを棚に放り込むとキッチンに向かって叫んだ。

「お子様ランチを四人前! いつもの四カ国の旗を用意するように!」

 それから小さくつぶやいた。
「まったく、毎日毎日、同じものしか頼まないんだから、メニューを検討なんかしなきゃいいのに」

(初出:2014年4月 書き下ろし)

追記

上の作品は、去年味をしめたエイプリルフール企画でございます。はい、魔法ものではなくて、ただのレストランでのオーダーのお話でした。

まずお詫びを!
三名のブログのお友達のところの人氣キャラに無断で演技をさせてしまいました。はじめに許可を取ろうかと思ったのですが、そうすると三名様にネタがバレてしまうので……。ごめんなさい、ごめんなさい。

配役は以下の通りです

黒マントの男
ウゾさんの「ワタリガラスの男シリーズ」よりワタリガラスの男さま(強制友情出演)

真珠色の髪とオッドアイを持つ娘
TOM-Fさんの「フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス」よりエミリーさま(強制友情出演)

一つ目のウェイター
栗栖紗那さんの「まおー」よりユーニスさま(強制友情出演)

目の大きなスペイン人
大道芸人たち Artistas callejeros」よりカルロス

縞の上着のイタリア人
夜のサーカス」より団長ロマーノ



横文字の解説です。
「Guiso de trigueros con morcilla, miel, hierbabuena y chipirón de anzuelo…」はスペイン語で「ソーセージ、蜂蜜、ミント、アンズエロ風イカの入ったアスパラのシチュー」という何がなんだかわからない料理で、他の三人に即座に却下された模様です。
「Esparguete bolonhesa com queijo e pão de alho…」はポルトガル語で、「スパゲッティミートソースのチーズとガーリックブレッド添え」無難な提案でしたが、団長ロマーノの指摘通り、トマトソースがつくとエミリーちゃんの綺麗なドレスが汚れちゃいますからね。
「Befehl: Aktivieren psychologisch Vermeidung Barrier. Starten alle Schild-Generatorenlink」はTOM-Fさんの小説に実際に出てくる呪文(?)の一つです。

エイプリルフール企画、けっこう楽しくてクセになります。来年は何にしようかな。
関連記事 (Category: 読み切り小説)
  0 trackback
Category : 読み切り小説
Tag : 小説 読み切り小説

Comment

says...
そう来ましたか!
おもしろかったです。

お子様ランチのレシピだなぁと思いながら読んでましたがw

こういうのは大好きですw

ではでは!
2014.03.31 23:53 | URL | #- [edit]
says...
シリアスぽかったのにコメディなんですね
面白いわぁ(o^^o)

窓のない部屋に幾重にも重なったカーテンって何だろ?て思いましたけど、外界の光を遮断というから、個室の間仕切りだったのでしょうか?

別々のを選んでもよさそうなのに、みんなで同じメニューを食べよ、てするなんて、仲良しですね^ ^

2014.04.01 00:23 | URL | #- [edit]
says...
すっかり騙されました
にしてもラストオーダーまでずっと悩んでたんでしょうか?
迷惑な客だなあw
2014.04.01 09:27 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは。
此の組み合わせで 真剣に悩んでいると 可愛い感じがします。

此れは… きっと人形が なんで連れて行ってくれなかったの酷いって言って 拗ねてそう。
そして 毎日毎日 同じメニューって… 意外に仲良しなのか…

すっかり騙されました 楽しかったです!!!!!

 
2014.04.01 11:14 | URL | #- [edit]
says...
エイプリルフールにふさわしい、可愛らしいひっかけでした。
こういう軽いタッチも、夕さんならではですね。
そのうえ、皆さんのキャラを上手に織り交ぜて、喜ばせてあげるあたりの優しさもたっぷり。
なにより楽しんで次々にSSを生み出される夕さん、うらやましいです。
2014.04.01 11:26 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
エイプリールフールのネタも、八少女夕さんの手にかかると、極上のジョークになりますね。
いやぁ、面白かったです。
あの「濃い」面面で、しかも暗闇での不穏な会話。いったいなんの陰謀が……と思いきや、まさかアレを選ぶのに迷っていたとは(笑)
皆様のキャラの使い方や、ネタの使い方が、じつにツボにはまっていて心憎いですね。
ウチの子を使ってもらえて、すごく嬉しいです。見た目とか性格とか、もうお見事で。共演していただいた皆様に、多大な迷惑をおかけしているようで、心苦しいやら嬉しいやらですが(コラ!) とくに、「量が少ないんじゃないでしょうね」には爆笑しました。
楽しいお話、ありがとうございました。
ぷぷっ……(笑)
2014.04.01 12:57 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
あぁ!エイプリルフールを忘れていました。
何か企画をすればよかったなぁ。
そう言えば去年もそんな事を考えていたかも。
サプライズでとても面白かったです。
団長のくそ度胸は相変わらずですね。あの「アクティべーション……」でびびらないなんて。
4人の個性の組み合わせがとてもよかったです。
でも何でお子様ランチ?
2014.04.01 14:25 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

去年から温めていたネタでした。
ええ、お子様ランチですよね。
日の丸が定番ですけれど。
大人になってからは、注文できないので、かえって憧れです。
もっともヒデ王さんがオフ会で召し上がっていらっしゃったような豪快なナポリタンもいいかも……。

コメントありがとうございました。
2014.04.01 18:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

面白がっていただけて嬉しいです。一年に一度のおふざけでございます。(あ、その他にも時々ふざけていますが……)

カーテンは個室のしきりでもありますが、やっぱり妖しすぎる連中を隔離していたのかも(笑)
そうですね。結局毎日同じものを食べているらしいです。
(いや、オリキャラのみなさんは毎日こんな事をしているほど暇じゃないですね)

コメントありがとうございました。
2014.04.01 18:51 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

えへへ。年に一度のお楽しみですものね。
ええ、ラストオーダーまで悩んでいるだけでなく、毎日らしいです。
超迷惑な軍団かも(笑)

コメントありがとうございました。
2014.04.01 18:53 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

勝手にお借りして、失礼しました!
あ、人形。たしかに文句言うかしら。シロフクロウも……。人形はお子様ランチは好きでしょうか。

きっと仲良しなんでしょうね。文句を言いつつも同じご飯を食べているんですから。

ワタリガラスの男さまにもお礼をお伝えくださいませ。
ありがとうございました。
2014.04.01 19:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

実生活ってエイプリルフールできないので、ブログでやるのが楽しみなんですよね……。
勝手に借りたりしていますが、原作者さま、みなお優しい方達ばかりなので甘えています。
こういうしょうもない話を書くの、けっこう好きです。来年の事をこれから考えます。(鬼が笑いますね)

コメントありがとうございました。
2014.04.01 19:46 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

勝手にエミリーちゃんお借りしました。(あれ、セシルの方かな? あ、でも量にこだわっているのはエミリーですよね)

このエイプリルフール小説、一年かけて構想練っていたんですが、エミリーちゃんは要でした。
妖しさ全開のロマーノに対抗していただき、ありがとうございます。

濃すぎる面々の中での堂々たる紅一点ぶり、どうぞ心からのお礼をお伝えくださいませ。
お子様ランチは好きかな……。

ありがとうございました!
2014.04.01 19:53 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

一年かけて考えていたのに、ポルトから帰ってくるまですっかり忘れていて、速攻で書きました。
エイプリルフール、一度やるとやめられませんね。

団長ロマーノは、エミリーちゃんのあの怖さをわかっていないので、のんきなものです。

お子様ランチは、最初との落差のためでもありますが、実は私がオーダーしたいんですよね〜。あの濃いメンバーと一緒に食べたいです。

コメントありがとうございました。
2014.04.01 19:59 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます~(*´∀`*)

真剣に「おお、凄そうなファンタジーだ」と読んでいましたら。
最後に笑えるオチだったので思わず机叩いちゃいましたよ~~

横文字さっぱりわからなかったので「さすが八少女さんだ横文字呪文カッコイイ~」とか間に受けちゃった('-'*)

出だしはワンダーランドのような不可思議な背景を思い浮かべてました。
友情強制出演(笑) の、ブロガーさんたちのキャラクターの魅力も不可思議な雰囲気に一役貢献されてたのですねw
面白かったです(*´∀`*)

八少女さん流の魔法ファンタジーもいつか読んでみたいな(^ω^)
2014.04.01 21:19 | URL | #mQop/nM. [edit]
says...
こんばんは。

実生活ではエイプリルフールってやった事がなくて、去年はじめて試して味をしめました(笑)
この横文字のメニューは、一年かけて各地で集めた「日本人にはバレにくい、料理だとはわからない」ものなんですよ。イタリア語やフランス語、ドイツ語も探したんですけれど、みなさんよくご存知ですからね〜。

うちの子たちは、この手の魔法使いみたいなことをできる風格のあるキャラがいないので、ブログのお友だちのところからお借りしました。本当はアルカネットさんにも出演していただけたらよかったんだけれど、あのすごい回を読む前に書き終えてしまっていたので残念! いずれは別の冗談小説でキューリさんのお仲間にも助けていただく事があるかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。(ここで宣言してどうするんでしょうね)

ま、魔法ファンタジーですか……。そ、それは難しいかも。短編でお茶を濁すくらいなら、いずれはトライしてみたいな……。

喜んでいただけて嬉しいです。
コメントありがとうございました。
2014.04.01 21:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
これはエイプリルフールの厄払い、ですね。面白かったです(*^_^*)
確かに、メニューを決める時って、しかもラストオーダーが近いとなると、結構殺気立つかも(^^)
しかもこのメンバー^^;
楽しい会話と、楽しい展開、確かに厄払いになりました!

あ、でも、この人たち、「いつもの四か国の旗」「毎日毎日」ってことは、毎日一緒に(*^。^*)
そこが一番笑える^^;^^;
2014.04.05 05:49 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
見事にだまされました(^^)

ラテン語は習ったけど読めんからなあ、と思った時点でわたしの敗北です。

来年はどんなネタで来るのか楽しみです(^^)/
2014.04.05 08:38 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
去年と同じ事はできませんからね。
何をやろうか悩みましたよ。

かなり濃いメンバーですからね。他の方のご指摘にあるように、別のものを頼めばいいんですけれど、この人たち食い意地が張っていて、他の人のを見ると自分も食べたくなるから、同じものを頼まないとまた一悶着に……。

そう、はじめから「お子様ランチ」と注文したら二秒で終わるのに(笑)そして、お昼ご飯を一緒に食べるつもりで毎日ラストオーダーまで粘っているらしいです。(本当か?)

コメントありがとうございました。
2014.04.05 17:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

わ〜い。シニカルなポールさんは騙すの難しいですよ。
一年かけて集めたメニューに見えない外国語、役に立ちました!

来年、どうしましょうかねぇ。だんだんハードルが上がっていく……。

コメントありがとうございました。
2014.04.05 17:18 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

見事に騙されました!
おお、横文字の呪文、と思って読んでいたのに……

でも、この騙され方はいいですね。
思わずくすりと笑ってしまうし、落ちを知っていてもこれは楽しめます。

ブロともさんのキャラもこの奇妙な雰囲気に拍車をかけていて、シリアスさを漂わせつつもラストの落ちも完璧。
それぞれの性格もきちんと立っていてよかったです。
一つ目、ことユーニスも出してもらえてうれしかったですよ!

それにしても、昼からラストオーダーまで……
そりゃ、オーダーを取りに来たユーニスが愚痴るのも無理はない(笑) しかも、結局毎日同じメニューじゃなおさらですよ。

さて、このお店にまおー様はどうかかわってくるのか。
それを妄想してみるのも面白そうです。
2014.04.10 14:58 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
こんばんは。

PCの復活、おめでとうございます。
あれ、本当にある日突然やってくるんですよね。
一度痛い目に遭って、外付けHDを買いました。バックアップ、勝手にとらせています。

この呪文に見える横文字メニューを探すのにとても苦労したのです。
今どきの日本の方は、フランス語やイタリア語の大抵の料理名はご存知ですからね。

一番、魔法使えそうなユーニスさんには、ウェイターになっていただきました。
無断でお借りしまして、すみません!
でも、一度遊んでいただきたかったのです。
もしかして、まおーが店主かしら? でも、だったら、こんな迷惑な四人組には鉄拳を下しているかも。
四人ともお子様ランチがとても好きなのに、素直に言えなかったみたいです。ホント迷惑。

あらためて、ありがとうございました。
来年はどうしようかな……。
2014.04.10 22:02 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/793-acf36cd1