scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「Meu Fado Meu」

「Infante 323とポルトの世界」カテゴリーの記事です。オリジナル小説「Infante 323 黄金の枷」を書くにあたってイメージの構築に使った題材をこのカテゴリーに置いています。

今日は、Marizaというファドの歌い手の「 Meu Fado Meu」とその歌詞(ならびにその和訳)をご紹介しようと思います。



「Infante 323 黄金の枷」の作中にはファドを歌ったり聴いたりするシーンは全く出てきません。書こうとしている世界といわゆるファドの色調が少し違うので、あえて避けているのです。それでいて、この作品の裏テーマ曲にしているのがこの曲です。いわゆるファドよりも少し大衆歌謡の薫りが少なく、それでいて、ファドで歌われている代表的なモチーフが含まれており、さらに、歌詞の中に、私の作品で扱っているモチーフがバンバン入っているのです。この歌に合わせて書いたわけではないし、見つけたのも偶然です。こういう奇跡みたいなめぐり合わせは大好きです。ポルトガル語の歌詞の下に、私による和訳を載せました。ポルトガル語は出来ませんので、英語、ドイツ語に訳されたものの助けを得て、なんとか訳しました。ですから、大体の意味がこういうものだという理解でお願いします。

ポルトガル語と和訳を対比していくとわかるように、ポルトガルの国民的歌謡の名称である「ファド」とは「運命」のことを意味します。つまり、歌のことと運命のこと、両方を表すのです。「サウダージ」は通常は「郷愁」というように訳されることが多いのですが、「懐かしみ、想いを馳せる」と訳しました。この言葉は「望郷」だけではなく「叶わない願い」「手に入らぬものへの憧れ」「もうなくなってしまったものを懐かしむ」というような感情を表す時にも使われます。作品中でも、サウダージが何度か現れるのです。ひと言で説明するのが難しい、ポルトガル語の概念を、ぜひMarizaの素晴らしい歌声で感じていただければと想います。

Meu Fado, Meu
 
Trago um fado no meu canto

Canto a noite até ser dia

Do meu povo trago pranto

No meu canto a Mouraria

Tenho saudades de mim

Do meu amor, mais amado

Eu canto um país sem fim

O mar, a terra, o meu fado


Meu fado, meu fado, meu fado, meu fado

De mim só me falto eu

Senhora da minha vida

Do sonho, digo que é meu

E dou por mim já nascida

Trago um fado no meu canto

Na minh'alma vem guardado

Vem por dentro do meu espanto

A procura do meu fado


Meu fado, meu fado, meu fado, meu fado

Copyright: Writer: Paulo Carvalho
Copyright: S.p.a.(Sociedade Portuguesa De Autores)


わがファド

私の歌には宿命がある
宵に歌う、夜が明けるまで
聴く人びとから涙を絞る
ムーア人の地を歌って

私自身を懐かしみ
何よりも大切な愛へ想いを馳せる
国境のない国を歌い
海を、大地を、そして、わが宿命を歌う

わが運命、わが定め、わが宿命、わがファド

私に欠けているのは私自身
わが人生の女神
夢は、それは私のもののはずだと言う
そして、もう私のために生まれているのだと

私の歌には宿命がある
魂で抱きしめている
私の怖れの中から生まれてくる
運命を探しもとめながら

わが運命、わが定め、わが宿命、わがファド



全く関係ないことですが、このブログの検索キーワードのトップ2が、二年前に記事にした「アレグリア」の歌詞和訳です。この和訳はどのくらいの方が興味を持ってくださるのか、ちょっと今から楽しみです。



この記事を読んで「Infante 323 黄金の枷」が読みたくなった方は……

「Infante 323 黄金の枷」「Infante 323 黄金の枷」をはじめから読む
あらすじと登場人物
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
ファドはほんの2~3回聞いたことがあるだけですが、
以前に聞いた時は、もっと泥臭い印象がありました。
日本の演歌みたいのものかなあと思っていました。
これは、映像の歌手が美しいせいか、洗練されている感じがします。
2014.06.09 12:12 | URL | #em2m5CsA [edit]
says...
サキにとってファドって
「ギター弾きを見ませんか」 久保田早紀
この曲が始まりかな?
古い曲ですけど結構好きです。
夕さんのご紹介くださった「 Meu Fado Meu」。素敵だなぁ……という感想です。
このメロディーも揺らめきがとても良いです。
なんだか心の揺れが表現されているようですもの。

そして44444HIT、おめでとうございます。
今回は遠慮しちゃいました。
皆さんのリクエストも読んでみたかったですしね。

2014.06.09 13:59 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

おっしゃる通りです。この曲はかなり異色だと思います。ファドにもいろいろあるらしいのですが、ごく普通の、ポルトガルの街で耳にするファドはもっと「ド演歌」っぽいです。
それが典型的なポルトガルの音楽でありつつも、今回の私の小説から排除した理由でもあるのですが。
この曲を他の男性歌手が歌った動画もあるのですが、それは同じ曲なのに演歌っぽかったです。

コメントありがとうございました。
2014.06.09 17:05 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

サキさんが久保田早紀をご存知なことに驚いた私です。
ああ、「ギター弾きを見ませんか」の歌詞に出てくるのですね。
確かに、哀愁あふれる歌が多いかもしれません。ショーでは、同じくらい楽しそうな歌も歌ってくれるんですが、やはりイメージとしては「ファドと言ったら悲しい歌」ですよね。

今回ご紹介した曲は、あまり典型的なファドっぽくないのですが、歌っているMarizaは現代ポルトガルのトップ・ファド・スターの一人です。素晴らしい歌声だと思います。それに歌詞が「ファド&ポルトガル入門」みたいだし。で、勝手に裏テーマにしています。(なんだそりゃ)

そして、氣を遣ってくださったのですね。ありがとうございます。今回、事前に「狙いたい」とおっしゃっていた方お二人ともにお応えできたのは、サキさんのおかげですね。でも、次回はどうぞご遠慮なく(笑)

お祝いとコメント、ありがとうございました。
2014.06.09 17:18 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
リクエストに夢中になっていて、すっかり、おめでとう!を忘れていました。
44444、おめでとうございます!!
思えばすごい数ですよね。夕さんの色んな思いが重ねられて、その上にこの数字があるのですね(^^)
と言いつつ、しっかりリクエストを楽しみにしているのでした。

そして、おぉ、ファド!
ポルトガルギターに魅せられて、ギター奏者さんを追っかけてポルトガルに行ったことのある私ですが、その人の曲に出会わなかったらファドとも出会うことはなかったなぁと思います。そう、出会いって思いがけないし、素晴らしい。
でも確かに、こちらの曲はちょっと洗練されていて、泥臭さが少なく感じました。
そう、私のイメージのファドはもっと「ど演歌」です。
港で父ちゃんの帰りを待ってもう幾月、あぁ、父ちゃん、今頃どの海の上、でもあたしはこうして魚を捌きながら、父ちゃんを想っている、これが人生~v-341みたいな。
ただ、言葉の中にはファドの要素が感じられますね。宿命、なのですよね。
これが奥底に流れている世界、どんなふうに展開していくのか、楽しみです(^^)

2014.06.10 18:10 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

お祝い、わざわざありがとうございます。
最初のころの閑古鳥を思うと、本当にありがたいと思います。
しばらくは小説を更新すると「し〜ん」だったのが、最近は小説を読んでくださる方が増えて嬉しいです。
44444は現在の彩洋さんのブログの勢いだったらすぐじゃないでしょうか。
私は志も低く、しばらくはこのぬるま湯で行こうかと……。

ファドも好きなんですけれどね。
「Infante 323 黄金の枷」の世界観とは全く合わないのですよ。なんでしょうね。ああ、そうか、23の他に、裏設定で抱えている人たち、みんな庶民じゃないんですよ。一方、ヒロインのマイアはファドに親しむには、能天氣すぎて無理があります。マイアのイメージ曲は実は小野リサのボサ・ノヴァ。ええ、ふわふわ軽いんです。

一方、ポルトガルギターは出てきます。こっちはばっちり。クラッシックギターとは全く違った音でいいですよね。ギターラの追っかけでポルトガルに行かれたのですね。彩洋さんらしい〜。ということは、再びボロが出そうな予感がしますが、ええい、もういいや。毒を食わらば皿まで! (威張ってどうする)

半にゃライダー、今、六割くらいですかね。完璧におちゃらけ、内輪受け作品になりそうです。今からあやまっておこ。すみません……。頑張ります。

お祝いとコメント、ありがとうございました。
2014.06.10 22:15 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/841-4f77d322