scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

陳腐?

スイスの話やグルメの話と違って需要はあまりないだろうなと思うんですが、やっぱりここは小説のブログだし、小説書きの方と盛り上がるのも好きなので、無理矢理こういう記事を投下してみます。興味のない方はスルーしてくださいませ。

小説書くにあたって、登場人物のキャラクター設定も大事だし、テーマも大切ですが、ストーリーもとても大切だと思うのですよ。

なんですが。ストーリー、どうなんでしょう。

ブログ始めるまでは、いろいろな方の反応に触れなかったので、好き勝手に書いていて、「自分が好きならそれでいいや」だったんですけれど、ブログをはじめてコンスタントに読んでくださる奇特なお友だちに恵まれ、その反応を読んで驚くことになったわけです。「こういうのがウケるのか」って。

で、キャラクター設定は(好き嫌いは別として)わりとウケていて、ある程度独自のものを生み出せているみたいなんですけれど(っていうか、へんなキャラ多すぎ?)、それに住んでいる所や経歴の利で、設定に関してはかなりオリジナルと言っていいみたいなんですが、その分、ストーリーが今ひとつ、つまり、ありがちなものに偏っているじゃないかと。想像力が足りないのか、陳腐なものがもともと好みなのか、どうもベタな感じになっているような。それとも、ベタのままでいいのかなと、なんだかわからなくなってきました。

読み切り短編はいいんですよ(本当はよくないけど)。読んでくださる方も、週をまたいで期待したりしないじゃないですか。でも、連載ものだと「これだけ(一年以上)ひっぱっておいて、これかよ!」って、思うんじゃないかなあと。別に、もったいぶって「次回に乞うご期待」ってやっているわけではなくて、ブログという媒体の性質上、あまり長いと読む方もつらいだろうなあと思って切り、間を空けた連載になるわけです。でもねぇ。

「大道芸人たち」にしても「Dum Spiro Spero」にしても「夜のサーカス」にしても、行き着いた終着点で肩すかしを食らった方、多いんじゃないかしら。

自分としては、「こうなるしかない」と思ってストーリーを組立てているわけです。(しょうもないことに、自分で書いているもののことはけっこう好きなのです)そして、二次創作でもなければ、誰かと誰かのカップリングを楽しむためだけの目的におざなりにストーリーを付けるのではなくて、あくまでもそれがメインです。社会正義を問うような深いテーマを扱っているわけでもないし、今どきの言葉で言うと「萌える」題材を扱うわけでもないし。なのにその肝心のストーリーが陳腐なのっていかがなものかと。

それともストーリーってある程度普遍的なもので、設定がオリジナルなら、かえってベタな方が読む方としては安定していいのかなあ。う〜ん、本当にわからなくなってきました。わからないまま、結局、同じようなベタな話を書き続けるんだろうなあ。このブログで小説を読んだことのない方、そうなんです、そういう小説が置いてあるブログです。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
私は基本的にキャラクターに好き勝手やらせてますからね。
軸のキャラクターが何人か作って、その結果の産物が物語になっている感じですね。
ストーリーを作ってもその通りキャラクターが動いてくれないので。。。
私がストーリーを作ると。
ですが、私は読む分には設定は大好きですね。

今は違いますけど。
私がゲームシナリオを作っていた時は、
私が設定を作って、シナリオは別の人が作っていましたからね。
私としては、キャラが設定通り動いてくれればそれでよかったので。
2014.07.08 12:54 | URL | #- [edit]
says...
キャラクターももちろんそうですけど、
ストーリーは好き嫌いの幅が大きい気がします。

前作は毎回読んでくださっていた読者さんが
今作は1回目と2回目を読んで、それ以降読んでくださっていないとか
微妙にショックです。

うーん、でもどうなのかな、
魅力的なキャラクターが出ていたら
キャラたちが勝手に動いて物語を作ってくれることもありますしね。

とにかく、新連載を始めるには、淡々としたモノローグで始めるよりも、
魅力的なキャラクターを動かして、ストーリーをぐいぐい進めて
「え?どんな話になるんだ?」と興味を持ってもらうことが大切だなあと
やっと気づきました。←物書き歴まだ1年と2ヶ月半
2014.07.08 13:01 | URL | #41Gd1xPo [edit]
says...
ストーリーですか、たしかに悩ましいですね。
テーマは書く人の数だけあるといってもいいですけど、それに比してストーリーの種類は限られていますからね。しかも、ウケのいいストーリーは多用されますから、どうしても陳腐に見える。
でも、裏を返せば、それは王道であり主流であるということですよね。
自己満足のための小説(私の作品がいい例ですけど)ならば、読者がついてこれないようなストーリーもアリでしょうけど、少なくとも伝えたいこと(テーマ)がある小説なら、それを過不足なく伝えられるストーリーでなければダメでしょうし。エンタテイメント性を追求した小説でなければ、王道的なストーリーによる安心感も必要なんじゃないかなと思います。
そもそも、八少女夕さんの小説を読んで、陳腐なストーリーだと思ったことはないのですけど……。
2014.07.08 13:45 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
 こんばんは。
八少女さんの小説の魅力は 其の世界観だと思えるのですよ。
徹底的に調べ上げて書かれる世界は 流石に雰囲気抜群で 読者を惹きつけているかと。
そして 八少女さんの文章は とても読みやすいですよ 其れも魅力ですよ。
僕も ベタベタなもの書いていますよーーー 探偵もどきとか ベタ過ぎるのを遊んでいます。
2014.07.08 13:59 | URL | #- [edit]
says...
小説を書く。そのこと自体がまだよく分っていないような気はしています。
すごく自己満足な作品ばかりで、読んでくださる方が良く付いてきてくださるなぁ。などと最近思うようになりました。ご迷惑をお掛けしています。
イラストや絵画からふと思いつくキャラクター、或いはほんの一瞬の動作、たった一言の台詞、チラリと出てくる表情、そういう所から物語が膨らんでいくことが多いです。
先にキャラクターが居て、その人物を動かすためにストーリーや舞台を考え、設定していくやり方は、テーマの欠落や、ストーリーの陳腐化をもたらしているんじゃないかと思っています。
夕さん始め、小説を書いておられるブロガーの皆さんやの書かれるストーリーは、やはりそれなりの経験を感じる物が多くて、とても勉強になります。
サキは皆さんほど読書量も無いですし、文章に関する知識も全然足りてないなぁと感じます。
でも、もうコソコソと書き始めて3年目になるんですね。進歩しないなぁ。

夕さんの書かれる物語は、雰囲気も展開も、そして設定もとても好きです。
陳腐さを感じたことなんか一度も無いですし。肩すかしを食らったことなんか“ほとんど”無いですよ。
2014.07.08 14:33 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

なるほど。ストーリーはキャラクターに任せるって感じでしょうか。

私の場合、長編を書く時に、メインとなるキャラクターと世界観(現実にあるものでも空想でも)はきっちりと設定するのですが、ストーリーそのものはその途中で何となく浮かんでいるものを骨にするのです。
それに肉付けしていくのですが、その最初のイメージしたストーリーが、オーソドックスなものになってしまっているように思うんですよね。

別の方がシナリオを作ってくれるというのもいいですね。
自分がイメージしていたのとはまた違う、奥行きのあるものになりそうです。

コメントありがとうございました。
2014.07.08 18:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ショックを受けられるのは早計かと……。もちろん好き嫌いもあると思いますが、いろいろな要素があると思うんですよ。
今連載しているものが「よい悪い」「好き嫌い」以前に、読者の方が「忙しくてすぐには読めない」とか、こちらが大量に作品を発表しすぎで、「そんなにいろいろは読めない」ということで連載をスルーされるなんてこともありますよね。だから発表後数日の反応で「つまらないと思われている」と思うことはないのではないでしょうか。完結してからまとめて読もうと思う方もありますよ。私は、連載を始めたらどんなに反応が寂しくても最後まで発表します。不可抗力でできないことももちろんあるでしょうけれど、心構えとして。

私が長編を書く時には、「ここで興味を持ってもらわないと飽きられる」というようなブログ読者対象の書き方は一切しません。だから、大体四章ぐらいになるまで、全体像が見えてこないことが多いです。そういう小説をブログで連載すると、Sha-La さんがおっしゃるように、はじめの二話くらいで飽きて去ってしまう方も多いようですが、それはしかたないことだと思っています。作品としての全体的バランスの方が私にとっては大切なので。ただ、我慢してその辺りまでつき合ってくださる読者の方は、最後まで読んでくださることが多いようです。とてもありがたいことですよね。

うちのキャラたちも、かなり自主的に動いてくれるのですが、やっぱり最終的にはベタな結末に落ち着くなあ。これは40年間近くほぼ同じです。どんだけ、この趣味続けているんだろう……。

コメントありがとうございました。
2014.07.08 19:05 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうですよね。ストーリーの種類って限られていますよね。
その中でも、「これかな」と多くの人が想像するタイプの結末を選んでいるように思うんですよ。
端的に言うと「あらすじと登場人物」を発表した時点で「ああ、こうなるんでしょ」と予想できるストーリーを選んでいるような。違うのは「樋水龍神縁起」ぐらいかも。

TOM-Fさんの小説は、キャラや設定も秀逸ですが、ストーリー運びがとても上手だと思うのです。必ず「ええっ」って驚きが入っている。それでいてそれが奇異ではないんですよね。この采配って天性のものに左右されると思うのです。だから、真似はできない(涙)

だから、これからもひねりの異様に少ないベタなストーリーを書いていくように思います。さて、「王道」「安定」「安心感」って呪文を唱えて自分を慰めるかな……。

コメントありがとうございました。
2014.07.08 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、そうかもしれません。
できるだけクセのないものを書こうと思っていて、文章もそうだけれど、だからストーリーもベタになるのかも。
世界観は、魅力と言っていただけて嬉しいです。書いている間中、入り込んでいるもう一つの世界を感じていただけるのは何よりもの歓びです。

ああ、探偵もどき! ベタベタかなあ。ウゾさんらしいぴりっとしたスパイスが利いているから、そんな風に感じたことなかったけれど。ああ、でも、「ワタリガラスの男」シリーズなどと比較すると、たしかに氣楽についていける安定感ありますよね。もちろん、どちらも魅力的な作品ですが。

コメントありがとうございました。
2014.07.08 19:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

サキさんの小説、キャラクター優先なんですか? それは意外です。
「シスカ」や「絵夢」はそうかなと思いましたが、「クウ」や「コトリ」「アルマク」のシリーズはストーリーの方がメインだと思っていました。

実は、私の読書量は平均的日本人よりもずっと少ないです。映画やアニメもほとんど観ません。今はもちろんですが、日本にいた時からそうでした。だから豊かなストーリーのバリエーションが思いつかないのかもしれませんね。いま一番よく読むのはもちろんブログのお友だちの小説ですが、内容がオリジナルなのは当然ながら文章や表現でも今さらながら勉強させてもらっています。サキさんの小説も、その細やかで心の入った表現方法に対していつも唸っていますよ。

“ほとんど”ってことは肩すかし小説も……。どれだろう。って、心当たりがあり過ぎてどれだかわからない。ま、いっか。このちゃらんぽらん具合が上達を妨げているんですよね……。

コメントありがとうございました。
2014.07.08 19:36 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さんの物語の魅力は、しっかりと確立された世界観にあると思うんです。そしてキャラの個性。
きっと夕さんが軸のしっかりした方だからなんだろうな、と感じます。
キャラで読ませるか、ストーリーで読ませるかは、書く前の段階で想定は難しいですよね。夢中で書いてみて後から「これはキャラものだったかな」と思うよな感じで。
プロでない私たちはまず、自分が楽しんで夢中で書ける物語を書くことが、やはり一番なんじゃないかなと感じます。
沢山の物語を読んできた夕さんが熱くなれる物語ならきっと、王道とかそうでないとか関係なく、ひとを惹きつける物語になっていくんだと思います。
私も、自分が今一番読んでみたい物語を想定してお話を書いています。
(私が変わり者なので、それが受け入れられるのか毎回びくびくなんですが・・・^^;)
こんなに安定した独自の世界を書ける夕さんです。この先も自信をもって書いて行ってくださいね^^
2014.07.08 23:44 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
キャラクターを重視するとストーリーは作りづらくなりますよね
まさか、いきなりバタバタと死んでいくって訳にもいかないでしょうし
(そういうのもありはするけれど)

キャラクターと設定にこだわって話はベタ(特にいい話)ってのが
一番人気が出るのじゃないかと私も思いますです
でも、人気のために書きたくないものを書くのもどうなんだって気もするし
難しいところです
2014.07.09 09:00 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは、はじめまして。
 ちょくちょく作品拝見させていただいています。今のところ読み終わったのは『夜のサーカス Circus notte』と『十二ヶ月の野菜』(現在アップされている分)だけなのですが、 他作品に関してもこれからちょいちょい楽しもうと思ってます。

 記事にある『ストーリー』ですが、個人的にはむしろ「大抵の作品のストーリーは、普通に陳腐化している」のではないかと考えています。既にあるパターンにはまっているストーリーを陳腐とするなら、ありがちなものをベタなストーリーとするなら、世に出ている作品の大半は陳腐じゃないかなと。
 ある映画監督なんかは「ストーリーなんか26パターンしかない」とおっしゃってますが、その数はさておきこれは中々に的を射ているような気がします。ハリウッド映画なんかは露骨で、「感動するための物語」であればそれに沿ったパターンがきっかり存在しています。一説にはほんとにしっかりパターンが存在して、そうしたパターンに作品が沿っているかのチェックまであるとかないとか。

 主題や世界、人物と比べて、「物語」はそれほど個性の出る場所ではないんじゃないかと、そう思います。勿論人物や主題にも類型は存在しますが、物語はキャラと違って一つの話の中にいくつもいくつも埋め込んで組み合わせで色を出すということが難しい。実際、人物や主題や、SF的アイディアやミステリ的ギミックにおいて非常に個性的な作品は多くありますが、「物語の展開」そのものにおいて斬新で奇抜な作品は少ないように思います。存在しているのはあくまでパターン分けできるようなものか、もしくは「物語」としての起伏や盛り上がりを一切無視した作品だけではないかと。

 そもそも我々人間の生活(というか生活の認識の仕方)自体が起承転結を始めとした「ある種陳腐なパターン的な認識」によって認識されており、物語もその枠からは逃れられないのかもしれません。小説が持つ魅力は、だからそこで決まるものではない気もします。「夜のサーカス」の最後で肩すかしを、と記事にありますが、私にはあまりそういったことはありませんでしたし、逆に最後にとんでもないどんでん返し、予測不能の超展開、といったものがあったとして、それはそれでミステリなどで「よくある」展開だと言えてしまいそうです。
 意外性は重要かもしれませんが、意外性を重視すべき作品とそうではない作品という別も存在すると思います。『夜のサーカス』は個人的な感想で恐縮ですが、「世界」としてのサーカス像と、人物によるドラマが過剰な演出抜きでしっとりくっついてるところが魅力だったので、ありがちかどうか以前にああいう形が良かったんじゃないかなと思います。

 長々と、かなり好き勝手な物言い申し訳ありません。作品これからも楽しみにしています。
2014.07.09 19:08 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは

おっしゃる通りですね。
頭の中で世界観とキャラと流れが浮かんで走り出したら、結局、なるようになるしかないというか、終わってから「こうだったか」と思うことは多いです。

この週末たまたま、日本のアニメ界を牽引してきた方と個人的にお話しする機会があって、やはりプロとアマは全く違うと感じたのは、どこで資金を回収するかという発想だと思ったのですよね。そうした縛りがない私たちは、本当に書きたいものを書ける自由もあるのだと感じました。

limeさんの物語、多くのファンをつかんで離さないのが納得のストーリーですが、それもlimeさんご本人の読みたい小説が最優先というところに共感をおぼえます。評価のためではなく、あくまで書きたいこと、伝えたいことを書く一貫した姿勢、それにやはりそれを支える文章力、その二つがあってこその人氣小説群だと今さらながら認識します。

真似は到底できないし、書きたいものの方向性もだいぶ違いますが、そうであっても自分らしさを心がけてまた書いていこうと思います。

コメントありがとうございました。
2014.07.09 20:16 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは

そうなんですよね。
何もかも独自を狙うと、こんどは誰もついて来れない話になる可能性も。
バタバタ死ぬのは、それまた難しいです。
アメリカのヒーローが、敵をなぎ倒すみたいなのも、いちいちキャラに個性をつけていたら永久に終わらない話になりそうです。

人氣は、うちのブログの場合、かなり始めから諦めているのですが、せっかく読んでくださっている方をガッカリさせているような。

でも、まあ、結局同じように頑張ると思います。

コメントありがとうございました。
2014.07.09 20:21 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。そしてはじめまして。
改めましてようこそscribo ergo sumへ。
そちらのブログにもよくお邪魔させていただいています。ご挨拶が後になりましてすみません。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

わあ、そして、あの長い「夜のサーカス」を読んでくださったのですね。ありがとうございます。
「十二ヶ月の野菜」も読んでいただけて嬉しいです。

おっしゃる通りですね。
たしかに一つの小説にいくつもの複雑なストーリーを絡めさせることは(可能かもしれませんが)難しく、それでより話が魅力的になることはあまりないように思います。
プロでも26パターンですか。むしろ「そのどれかでいいのか」と開き直る方がいいのかもしれませんね。

「夜のサーカス」は一応「ヨナタンの謎」というものが申しわけ程度にありましたが、もともとミステリーでもなんでもなく、モザイク的に配置したサーカスに所属する人たちの人生の一つとして書きましたので、あの形でよかったとおっしゃっていただけて嬉しいです。個人的にステラとヨナタンの仲に関する「やきもき」を引っ張り過ぎたあとのあの結末だったので、「結局そうなるのね」となったかなと。

これでいいのかなと迷っていた部分を、とてもわかりやすく解き明かしていただけたので、これからは迷わずに書けそうです。また、ご教示いただけるとありがたいです。

また、そちらに伺わせていただきますね。これからもどうぞよろしくお願いします。

P.S. 月刊Stellaで、書いてくださるブロガー小説家さまを募集中です。もし、興味がおありでしたらぜひ……
2014.07.09 21:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
お久しぶりです
なかなコメントできてないのですが、ストーリーについての悩ましさには深く(勝手な)共感を覚えたので書かせてもらいます

夕さんの物語はどれも話題性に富んでいて、おそらく皆様が仰るとおり、世界観がどれも独特だと思います。ストーリーが一辺倒に感じるというのであれば、結局のところ、プロットを緻密に描いたり、お馴染みの王道テーマを自分流にアレンジしていくしかないわけですし、その点は少しずつ工夫を凝らしていくのが一番いいかと思います
新しいものを書くには自分の取り組んだことのないジャンルを目指すのが手っ取り早いとも言われていますし、他の手段となると……物語の筋だけ、どこかの有名な小説から取ってくるのも手かと思います

うーん、下手の横好きが偉そうなこと言いましたが、そんなにすぐガラリと変えれるものでもないですし、時々アドバイスを意識して見る程度でいいのではないでしょうか? 個人的には、ランダム三題噺が練習におすすめです

以上です。




2014.07.10 10:35 | URL | #iVT7Zno6 [edit]
says...
こんばんは。

お忙しい所、Stellaの運営、いつもありがとうございます。
土曜日に、私の方のブログでも参加者を募っている件をお知らせしますね。

さて、熱いコメントをありがとうございます。

なんか、私自身があまり面白いことを考えつかないタイプの人間のようで、プロットを立てる時もかなりオーソドックスな結末に落ち着いてしまうのですよね。

全く右も左も分からないジャンル(探偵もの、ハードボイルド、BLなど)は、書いても明らかにゴミを量産することになるので、まずは身近なところからトライしていこうかなと思います。

ランダム三題噺はけっこう大変そうですよね。以前、33333Hitで三名様からお題とキャラを募集してまとめて作品を作ったのですが七転八倒しました。勉強になりそうなので、時々トライしようかなと思います。

コメントありがとうございました。
2014.07.10 20:53 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
そう言えば、文章教室の先生が「聖書と神話の中にすでに物語のパターンは出尽くしている」と言っておりました。だからきっと、物語のパターンの大抵は陳腐なんじゃないかと思ったりします。
「それでもなぜ書くのか」「いかに自分の世界を描くか」って部分にはきっと大事なものが含まれているんでしょうね。
私の真シリーズは「源氏物語」構成なので(そもそも、あの長大な物語に対抗すべく書きはじめた探偵小説?? あれ、なんで源氏なのに探偵小説、ってのは置いといてください^^;)、そういう意味ではパターンの模倣に過ぎなかったりしますし……

アルファポリスさんの恋愛小説大賞に応募した時に思いました。
うわ、恋愛小説ってこんなにエントリー者が多いのか!って。こんなに読まれているのか!って。
渡辺淳一も言っていましたが、なぜ恋愛小説なのか、思えば男と女が出会って愛し合って、でも何だか障害がいっぱいあって、くっついたり別れたりってだけの話なのに……
そこに普遍があるから、なのでしょうね。
テレビドラマでお涙ちょうだいの病気ものが受けるのも、水戸黄門の印籠が出てきたらほっとするのも、やっぱりみんなが物語のパターンを愛しているからなのかも、と思ったりします。

その上で、どんなスパイスがかかっているのか、どんなふうに料理されているのかってのは、作者の料理の腕や癖が関係している、のかしら……
そして読むほうはそれを愛しているから、その作者さんのファンになるのかしら。
陳腐。大いに結構、と思ったりします。
夕さんの世界観は、やっぱり独特です。ストーリーなんて所詮陳腐なので、それはそれでいいような気がします。それよりも紡がれている世界が魅力的であること……きっとキャラや舞台設定やら小物やら、色んな味わいをみんなが楽しんでいるってことなんじゃないかなぁ、と思いました。
特に、舞台は夕さんの大きな強み、だったりするんじゃないかなぁ。
大道芸、サーカス、そしてたくさんの短編・掌編でも。

えぇ。蝶子さんがすでに「陳腐」を越えて、存在を主張していますから(*^_^*)
2014.07.12 01:24 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

そっか、文章教室でもそうなのですね。いつもベタになる、というよりはベタ以外ないってことなのかもしれませんね。

ああ、源氏なのですね。妙に納得します。源氏は竹流か〜。いや、そういう意味じゃないですね。でも、世界が深くと広くとの両方向に発展していき、時間軸も世代を超える所はまさに源氏のパターンに繋がるものがありますよね。

私の小説のほとんどはどこかに恋愛が絡んでいて、それ以外の要素がないものも多いんですよね。探偵もの、謎解きもののように、それ以外の要素がメインになってるのと違って、要約すると「AとBがあってくっついた」なんてのだったりして。それは同じでも、その過程にどれだけ読者を引き込めるかが、小説への共感を得られるかどうかの分かれ目になるのだと思います。

時代劇好きなので、偉大なるワンパターンも実は好き。読者を置き去りにしない限りは、それでもいいのかもしれませんね。

設定にしろキャラにしろ、もちろんどこかには、これまで自分が見てきたもの、読んできたもの、多くの他の人からの影響も混じっているのだけれど、あきらかに二次創作とは違う、自分だけの世界を紡ぐのが好きだし、楽しいです。それを他の方に馴染んでもらい、応援してもらうのも嬉しいです。自分の住んでいる所や経歴が、変わった世界を作るにはちょっと有利なのもありますよね。

なんとなくですが、基本的なあり方としてはこれでいいのかなと思えてきました。これからもベタな話を書き続けるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。蝶子も、まだ続きがありますしね。(いつだ……)

コメントありがとうございました。
2014.07.12 14:35 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/863-42330c18