scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」

久しぶりにトラックバックテーマです。「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」ですって。

ええと、ひと言で済みますね。硬いです。

子供の頃、バレエをやっていたことがあって、当時も「それにしちゃ」だったんですが、今はその面影もなく。

健康のためにも本当は柔軟体操などを定期的にやった方がいいと思うんですが、あまりやっていません。ストレッチというか、体を伸ばすようなことは一日に数回はしています。一日中コンピュータに向かっている仕事なので、体が強張りますしね。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当石内です。今日のテーマは「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」です。私は自分の腕で縄跳びができるくらい柔らかかったのですがなにも運動をしていないと、さすがに堅くなってきますね…今では、前屈でつま先に手をつけるのがやっとです堅いとケガをしやすくなるよ〜と言われたので最近は、お風呂あがりのストレッチを頑張っていますみなさんのカラダは、堅いほうですか?柔らか...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」




って、これだけの記事なので、昨日撮った写真を一つ。
Lago de bianco
ベルニナ峠のラゴ・デ・ビアンコ。湖は凍りはじめていました。スキー客もぼちぼち。あ、私は電車で通っただけです。
関連記事 (Category: トラックバックテーマ)
  0 trackback
Category : トラックバックテーマ

Comment

says...
柔軟体操ということを「考えただけで」関節がきしみ身体が痛くなります(笑)

はい。めちゃくちゃ身体は硬いです(^^;)

運動大嫌い(^^;)
2014.11.24 09:27 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
あはははは。

ここにもお仲間が。
柔軟体操って、「無理」ですよね〜。
サーカスのコントーションをみて「ううむ、エコエコア●ラクみたいだ」なんて思っている私です(笑)

コメントありがとうございました
2014.11.24 19:35 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
硬い方ですね。
まあ、毎日ストレッチなどしているので標準ぐらいですかね。
それでも昔よりは硬くなってきている。。。
(/ω\)

2014.11.24 21:27 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

おお、蓮さん、すごいじゃないですか。
その毎日ストレッチというのが大変なんですよ〜。
まさに継続は力なりなんですけれどねぇ。

歳とともに、哀しいくらいに硬くなります。しくしく。

コメントありがとうございました。
2014.11.24 21:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、バレエやってらしたんですね。かっこいい^^
バレエやってた子って、姿勢がいいのですよね。やってればよかった。

私も体は堅いです。昔は背中で手を襷にきゅっと結べたのに、今は出来ない。
肩が痛いのは年齢のせい?

ああ~~、なんてきれいな湖。
うちのリクに見せたら、しばらく住み着いちゃいそう(笑)
「シカに会えそう」とか、分からんちんなこと言いながら。
2014.11.25 00:02 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
ご無沙汰しています。
党首はバレエダンサーだったのですね^^ 確かに柔軟性と語学は継続していないとすぐに元通りになってしまいますね。ぼくも空手の稽古に通っていたときは、ぎりぎりの柔軟性がありましたが。。。いまや機会の体かしらんくらいwww 鋼鉄の関節です(笑) たまには風呂上りに柔軟体操でもしなきゃなぁ~ と反省させられた記事でした。
2014.11.25 03:31 | URL | #- [edit]
says...
想像通り私も堅いです…
これは!?バレエキャラ登場フラグ?
バレエのお話だとドロドロした感じでしょうか?
と、大道芸人の音楽家関連の部分とかぶっちゃいそう
2014.11.25 09:13 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは。
普通ーーーー なのかなぁ… 人並みにはできるって程度かなぁ。
綺麗な湖ーー スイスの空の色 綺麗ーー 
スイスって冬場から春先程度の頃しか行った事ないから 夏のスイスに憧れるのですが
こーゆー写真を見ると スイスの空を見る為に 冬のスイス訪問もいいかなぁ。
2014.11.25 11:07 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ええ、昔はやっていたのですよ。
しかも、後に世界的バレリーナになった方達と同じ教室にいたりして……。
でも、そこで「才能ないしな」と確認するだけになったという(笑)
でも、たしかに姿勢はよかったですね。今も、わりといい方かな。でも体硬いし。

あ、リクの絵心は刺激するかも。
でも、玉ちゃんか長谷川さん連れてきてお世話してもらわないと、何もない所だから凍死もしくは餓死しちゃう。
リフト動いていないのに、スキー客がけっこういました。クロスカントリー。

コメントありがとうございました。
2014.11.25 19:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

うわぁ、私こそ、ご無沙汰してすみません!

そうなんですよ。子供の頃ちょろっと習っていたのです。でも、ダンサーと言えるほどちゃんと踊れたわけでもなく、お稽古ごとで終わりました(笑)

あ、空手も柔軟性が必要なんですね! HIZAKIさんは、空手ファイターでいらしたのですね。プーチン大統領と戦えるかも!

コメントありがとうございました。また選挙ですね!
2014.11.25 19:31 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

いやいや、うちのキャラじゃなくて。
これはウツ子ちゃんのレオタード姿&開脚シーンなんてのはどうでしょうか!
(こういう親爺なリクエスト、どうよ……)

そういえば、蝶子とヴィルとレネは踊っているんですよ。バレエじゃないけれど。

コメントありがとうございました。
2014.11.25 19:33 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そりゃ、ウゾさんは若いから、柔軟だろうなあ。
そのままキープした方がいいですよ! 歳とってからだと、また柔らかくするの大変で無理だから。

そして、この写真、きれいでしょう?
こういうスイスの冬が観たければ、グラウビュンデン州にどうぞ。
スイスの他の場所が霧に覆われてどんよりしているときも、うちの州だけはこうなんですよ。
スキーが好きだったら、なおいいかも。

コメントありがとうございました。
2014.11.25 19:36 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
綺麗なお写真ですね。こんな景色が身近にあるというのは、本当に素晴らしいことですね。あ、身近ではないのか……でも、きっと夕さんちのお住まいの周りもこんなふうなんですよね。
ここんとこ、夕さんの意図と違った方向へあれこれコメントしている私ですが(ブラウンポテトとマッシュポテトは違うのね……とか^^;)、身体が堅い話なら大丈夫そうかな。
昔は軟らかかったんですが、今ではすっかり堅くなりました。一日中同じような姿勢を強要されると、本当に体が堅くなりますよね。ちょっと柔軟体操すればいいのは分かるけれど、なかなか現実にはできない……ですね。
あ、背骨を伸ばすポールに乗ろうっと!
2014.11.26 15:26 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

というより、彩洋さん!この間のコメントをする時には見落としていたんですが、腱鞘炎は大丈夫なのでしょうか!
うちへのコメントで酷使したりせずに、ゆっくり休めてくださいよ〜(>o<;)

で、とても綺麗でしょう?
我が家は標高700mで谷底なんですけれど、ここは標高2300mで、年間を通じてスキーもできるらしいんですが、今はオフシーズン、さらに新雪が積もってとても綺麗になっていました。今は暖冬状態で、うちのあたりはまったく雪がなく、通勤には楽ですが、変な感じです。夏も来なかったし、冬も……いまいち。

あ、コメントの方向性はお氣になさらないでくださいね。

ハッシュポテトやブラウンポテトの違いみたいな話は、設定として頭の中にはあっても、基本的には「どうでもいいこと」として詳しく説明しないように書いちゃってる私のせいですから。何をどこまで掘り下げるかはいつも悩むんですが、特に読み切りではできるだけ説明を切り捨てるようにしているのです。美穂は「プチ野心をもってニューヨークに来たくせに、その器ではない」のコンセプトがあります。だからポールみたいに自分を売り込めないし、ダイアナのようにすばやく上に行きそうな相手を見つけてコバンザメすることもできない。でも、自分の境遇に満足もできずにぐるぐる、がこのシリーズのテーマなんで、それでちゃちゃっとは作れない料理のレシピにこだわっただけでして。

でも、実をいうと「十二個も野菜の話思い浮かばないよ〜」の苦悩の方がずっと……。かなり「やっつけ」で作っているシリーズです。来月の話はますます「おいおい」です(しくしく)

コメントの方向性と言えば、先日の23の話もですが、あれも私のせいなんですよ。ごめんなさい、ごめんなさい。主人公の輪郭がいっこうに浮かび上がらないのが私の小説の弱点のような。「そうか」というエピソードが真ん中以降にあるんですよ。23は来月分で印象ががらっと変わると思います。「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」も同じことをやって読者の方を戸惑わせているみたいだし。ううう。「Infante 323 黄金の枷」は、もともと月一連載向きの話じゃなかったな〜と。

さて、柔軟性のお話。
彩洋さんも何か運動をなさっていらしたんでしたっけ。私のような「やんないほうがまし」タイプと違って、彩洋さんがなさるとかなり本格的に違いないと、勝手に想像してます(^^)

> あ、背骨を伸ばすポールに乗ろうっと!
あ、お持ちなんでしたね。うん……我が家にあったら数日でハンガーラックになるような……。

コメントありがとうございました。
2014.11.26 20:04 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/935-307dce72