scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

冬は冬らしく

土曜日(スイス時間で)に54321Hitに届きました。このブログを訪れてくださるみなさまのおかげです。ありがとうございました。現在「scriviamo! 2015」開催中につき、恒例のリクエストは今回は受け付けていませんが、感謝の氣持ちは一緒です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

馬

寒いのが苦手な私ですが、ちゃんとした夏も来ず、まともな冬も来ないここ数年の天候には辟易しています。この週末にようやくちゃんとした雪が降り、今ごろ冬らしい景色となりました。でも、今週はまた暖かくなってしまうんですって。

どこまでも続く雪景色と宇宙に続いていくような深い青空、そして肌が痛いほどの冷氣、わたしにとってちゃんとした冬とはこういう光景です。マイナス10℃からマイナス15℃あたりになると、例えば郵便受けを覗きにいくだけでもきちんとしたコートの閉じて手袋をつけていかないと後悔することになります。

以前、まだ車を持っていなかった頃、一時間に一本のバスを逃したので、徒歩で30分の街まで徒歩で買い物に行こうとした事がありました。普段はどうってことはないのですが、この日はマイナス15℃でした。で、15分歩いた所で、音を上げました。そこは私の村の中心地で(といってもレストランが三軒あるだけ)、レストランに入って熱いお茶を飲みました。本当に遭難するかと思うくらい寒かったです。

今は車も持っているので街まで歩こうなどという事はしませんが、朝の通勤は真冬でも可能な限り自転車です。マイナス15℃くらいになる朝もありますが、自転車を漕いでいると体も温まるので20分くらいはなんとかなります。もっとも一度だけマイナス23℃という時がありまして、この時は会社に辿りつく前に倒れるかと思いました。これはちょっと危険でした。

でも、去年の冬と今年の冬はまだそこまで寒くなった事がありません。いってもマイナス5℃程度。こういうのは通勤は楽なのですが、氣持ちがすっきりしません。やはり冬は冬らしく、夏は夏らしくあってほしいと思うのです。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
54321hit、おめでとうございます。

えらくイケメンな馬の写真に、しばし見とれてしまいました。
氷点下10度とか15度って、関西ではまずないですね。気温がマイナスになっただけで、もうガタブル状態で、通勤すらイヤになります。
都会のコンクリートジャングルだと、「寒いだけ」になっちゃうのかな。スイスの美しい風景があるから、寒さも「また良し」ということなのかもしれませんね。

次は55555hitですね。このペースだと、scriviamo! 2015の会期中になりそうですね。なにか、お祝いします?
2015.01.19 16:43 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

ありがとうございます!
54321も、すぐ後に見ちゃった54345も滅多にない数でしたが、それに間もなく来る55555も、本人としては嬉しくてルンルンですが、企画やると、みなさん「いい加減、もう飽きたわ」になるだろうなと思って。scriviamo!の参加者も減っちゃいそうだし。あ、お祝いしてくださるのは、ええ、超ウェルカムです。もしくは挑戦状でも、バトンでも、質問でも、構っていただければそれでハッピーでございます。

この馬、なんか目が離せなくてシャッター切っちゃいました。前見えているのか?

中途半端に暖かいと、雪が変に溶けて、道が歩きにくくて、汚くてテンションも下がるのかな。
本当に寒いのが続くと、晴れの日は-15℃くらいがデフォルトで「あれ、妙に暖かいなあ」というのが−5℃くらいで雪が降ってくる、ってパターンになるのです。ところが今は「あ〜、寒くなってきたな、雪降るかも」って、東京じゃないんですから! そのかわりヨルダン辺りに大雪らしくて。

個人的には冬が寒くないのは許せるんですが、このパターンだと、また夏が来なくなるんです。それはイヤなんですよね〜。四季のある日本がいいように、やっぱりメリハリがある方がいいなあなんて思ったりしています。

あ、あと、スイスの家は断熱がしっかりしているので、家の中は暖かくて、東京にいたときよりも快適なんですよ。

コメントありがとうございました。
2015.01.19 21:05 | URL | #- [edit]
says...
私もこの馬に、ドキリとしちゃいました(笑)
昔の少女漫画に出て来そうな馬。
でも、前、見えてるのかな??リボン付けてあげたい。
あ、馬の話じゃなくて。

54321、おめでとうございます。
カウンターを見る癖が無いので、踏んじゃって見過ごしたかも。
でも今回は企画がダブっちゃうから、お預けですね。

それにしても氷点下15度って、体験したこともないです。
氷が張ることはあっても、それでも日中に氷点下になることはほとんどないですもん。
私は寒いのが何よりダメなので、やはり北の国には行けないなあ・・・。
でも風景写真でそういう極寒の景色をみると、きれいだなあ・・・と見惚れてしまいます。
寒いのが苦手ても、がっつり極寒を味わいたい夕さん。なんかストイックなものを感じました^^
日本ではインフルエンザが流行っています。
夕さんも、風邪など引かれません様に。
お互い、自転車通勤、気を付けましょうね。
2015.01.19 22:52 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

少女マンガにこういう髪型の男よくいましたよね。
実際にこんなだと、結びたくなるでしょうけれど……。
本当に見えているのかな。

お祝い、ありがとうございます。
ちょっと珍しい数字で、嬉しかったのですけれど、scriviamo!中はほかの企画は全て吹っ飛んでしまいます。
limeさんのように654321までブログが続いていたら、ぜひ何かやりたいですけれどねぇ。(超・遠い目)

−15℃を下回ると、もう寒いとは感じなくなるのです。「痛い」なんですね。ここに来て、感じ方で今日はどのくらい寒いのか、大体わかるようになりました(笑)
私も、東京より寒い国なんか住めないと思っていたんですけれど、実は冬はスイスの自宅の方が、日本の実家よりも快適なんです。冬の朝にパジャマでうろつき回るなんて、実家では不可能でしたもの。断熱って大事だなと思います。

ウィンタースポーツもしないし、冬はがーっと寒くなって、さっさと終わってほしい(七ヶ月ありますが)、そして、夏ですよ、夏! 爽やかなスイスのちゃんとした夏が来てほしいです! 冬がぬるいと、夏が寒くなるんで、それが何よりもイヤなんです。ああ、でも、地球の天候、変になってますよね……。

limeさんも、冬も自転車通勤続行なんですね。お互いに怪我をしないように!
インフルエンザも、かかったら大変ですからどうぞご自愛くださいませ。

コメントありがとうございました。
2015.01.19 23:29 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
Ausも同じです。今夏なのですが、夏暑くないとその先の一年の天候が懸念されます。
40度超えるとヤバイですよ~。外は危険です。
農家のお父さんたちも40度越えのときは仕事できません。
うちは田舎地方なので、クーラーの使いすぎで町の電気がバスンと切れ、停電になることも。
でも今年はそれ、改善されているかも。今年はまだない(^^;)

夏がそれなりに暑いと冬寒いのですが、それもまた次の夏の暑さにつながるわけで。
そういう季節の中で暮らすことで、人の体も出来上がっていくんだよね、と。

40度の下での自転車通勤は絶対にお勧めできません(><)
お体をお大事に~^^
2015.01.20 03:34 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

40℃。そ、それは。
うちの連れ合い、お風呂だって40℃は熱すぎるって言うのに〜、そんな熱くちゃ通勤できませんよ!

さらに、40℃でクーラーが死んだら、もう、全員シエスタするしかないですよね。

スイスは湿度が低いので、真夏の36℃くらいのときでも、家の中はクーラーなしで27℃くらいなんですが、オーストラリアは海に近かったりすると、日本みたいなのかしら。オーストラリア大陸だから、場所によって氣候は全然違うのでしょうね。

そういえば、真夏の暑いときと、本格的に寒い時は通勤に自家用車を使うと、車に乗れる状態になるまでに15分くらいかかるのです。自転車の方が早く家に帰れたりして。オーストラリアでも、そんなことあるのかな……。

あ〜、お互いに体調管理に氣をつけて季節を乗り切りましょう。

コメントありがとうございました。
2015.01.20 18:42 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
54321ってすごい数字だなぁ。こういう語呂のあった数字って見た瞬間、得した気分になりますね。でも、残念、見れなかった……何はともあれ、おめでとうございます!!
すごいなぁ、すごいなぁ、と拍手を送る一方で、いつもこんな大きな数字の記事を拝見すると、私はこの数字に至るまであと何年かかるんだろう、いや、それよりもその数字まで続けていられるのかしら、とか一抹のふあんを感じる今日この頃です。でも、どんどん引き離されていく後ろ姿を見ながら、地道について行こうと思うのでした。
でもきっと、そんな数字までは続いていないなぁ…

私も冬はやっぱり活動性は落ちてしまいます。
冬、嫌いじゃないんですけれど、何だか出不精になるなぁ。京都に住んでいる時は家の中も寒かったので、結構飲み屋にいた気がするけれど、神戸は出かけるのも遠いし……家に籠もっています。
でもこれが自然ですよね。
何故か冬に北海道に行くことがままあるのですが、確かに寒い。でも北海道は家の中は、こちら関西よりも暖かい……中途半端な暖房ではだめなので、気合を入れて暖房するからなのかしら。
ただ……東北でもそうですが、寒さ・雪による事故って、家から遠く離れたところで起こるよりも、家の近くで起こっていることを考えると、やっぱり気を抜いちゃダメなんですよね。
本当に万全の態勢で冬を乗り越えてくださいませ(*^_^*)
2015.01.21 00:10 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

今回は日本時間の丑三つ時で、自分で見えるということはほとんどの方は見えなかったと思うんです。
すごいように思えても、たぶん彩洋さんも意外とすぐだと思います。
私も「1000だ」ってドキドキしていたんですもの。

でも……。訪問者はコンスタントで、それに小説をじっくり読んでくださって、丁寧にコメントをくださる方は一年半くらいほとんど変わりなくてとてもありがたいんですが、どうやら「読むだけは読む」の層は激減しているみたいです。訪問者が入れ替わっていて、新しい方は小説には興味がないのか、興味はあっても私の小説には興味がないのか。単純に前は読んでくださっていた方に「こいつの小説はもう読まない」判断されちゃったのか。ブログのお友だちの半分くらいが半休止状態になりつつあるのですけれどねぇ。まあ、どれでもしかたないかなあと思ったりしつつ、今読んでくださる方に感謝しつつ更新していくしかないよなあとか。一喜一憂してもしょうがないとは、わかっているんですけれどねぇ。ふう。

北海道のお家の中が冬に暖かいのは、断熱の差だと思うんです。
神戸のお家の平均はわかりませんが、東京の実家や他の一軒家が寒かったのは隙間風のせいでした。
スイスって三重窓で、断熱のために壁が一mくらいあるのは当然で、結露なんてしないんです。
でも、イタリアやポルトガルはスイスほど寒くないので、やっぱり隙間風のあるような建物がデフォルトで、冬に行くとスイスより寒く感じます。

あ、事故が危険というのは本当です。
地元民はわかっているので、氣をつけなくちゃわかっていますが、私みたいな移民や、旅行者が「知らないって怖い」なことをするんですよね。冬のスイスに来るときは、ええ、ファッションよりも身の安全。私も慣れたことに慢心せずに、氣をつけます(笑)

コメントありがとうございました。
2015.01.21 20:44 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
お、54321おめでとうございます。
そういうのにまみえるのも珍しいですね。
そちらはななかなか四季がないのでしょうね。
二ホンみたいに四季がある方が珍しいと聞きますからね。
冬らしい冬がくるとそれはうれしいですね。
2015.01.24 00:00 | URL | #- [edit]
says...
こちらにも、そしてお祝いありがとうございます。
珍しい数字ってなんだか嬉しいのですよね。

こちらにも四季はありますよ。
常冬ってわけではないのです。
ただ、4シーズンの中で冬の割合が長いというのはありますね。七ヶ月くらい冬です。
でも、このくらい暖冬だと、だれますね。
やっぱり冬らしい冬がきてこそ「春と夏よ来い」と思うものなんでしょうね。

コメントありがとうございました。
2015.01.24 11:25 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/973-6b365d60