scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

カーニヴァルの季節が来た

カーニヴァル

暖冬だと、雪道に悩まされることなくイタリア側のスイスへと行くことができます。スイスの高速道路というのは、とてもよく除雪されているので降っている最中でなければ、大抵は問題なくいけるのですが、いつ降ってくるかわからない状態だとちょっと怖いのですよね。

昨日の日曜日は、午前中晴れていたので行ってみました。道の状態は完璧でした。早く帰って来たので、帰りに家の近くでほんの少し降り出した状態で済み、ラッキーでした。

イタリア側のスイスは、例年よりも更に暖かく、お昼に4℃くらいありました。食事をしてから外に出たら妙に暖かい。この時は9℃くらいあったでしょうか。あ、もちろん摂氏プラスですよ、マイナスで話をしているわけではないです、今回は。

この日は、私たちが行った村で、子供たちのカーニヴァル行列がある日だったのです。そう、あまり暖かいので忘れていましたが、もうそういう時期なのですよね。

日本ではクリスマスほどには知られていないお祭りなので少し説明すると、カーニヴァル(謝肉祭)というのはキリスト教のカトリックの地域で行われる祝祭(みたいなもの)です。けれど、正確にはキリスト教の祝祭ではありません。カトリックのカレンダーと密接に結びついていますが、カトリックがこれを祝えということはありません。

クリスマスと同じくらい大切なキリスト教の祝祭が復活祭(イースター)です。イエス・キリストが十字架につけられて亡くなった三日後に復活したという信仰を祝う祭りです。彼が十字架につけられたのは、ユダヤ教の過ぎ越しの祭の始まる直前の金曜日でしたので、復活祭は「春分の日を過ぎてから最初の満月の直後の日曜日」と定められています。そのせいで、毎年復活祭の日は変わるわけなのです。

カトリックでは、この復活祭までの四十日間は肉や嗜好品を断って、イエス・キリストの苦難を思うべしという習慣があります(もしくは、ありました)。この四十日の断食の始まりが「灰の水曜日」という日です。この日にはミサがあり、司祭が参列者の額に灰を塗るのです。

さて、「明日から四十日間、肉も食えんし、酒飲んで大騒ぎなんて論外だ、なら今夜は騒ぐか」という日が、この直前の火曜日です。フランス語では「マルディ・グラ(太った火曜日)」といいますが、この大騒ぎがいわゆるカーニヴァルなのですね。とにかく飲んで食べて大騒ぎ、何もかも無礼講、という日なのです。

ヨーロッパの断食というのは日本人が普通イメージするような断食とは違います。肉断ちといっても、魚はノープロブレム、場合によっては家禽もOK。「全然断っていないじゃん」と思うんですが、それは習慣の違い、敬虔なカトリック教徒は、この「苦行」を黙々と四十日間続ける訳ですが、日本ほど「無宗教と言い放つことが普通」ではないにも関わらず、ヨーロッパでも敬虔な信者というのは激減していまして、私の近くの地域では四十日間の断食をしている人たちというのはそんなにたくさんはみません。もっとカトリックの強い地域では(スペインやポルトガルなど)では、今でもこの時期は魚だけという人たちがたくさんいるらしいです。

断食はしてもしなくても、カーニヴァルはなくなりません。「断食しないなら飲みだめ、食べだめはいらないだろう」という問題ではないようです。これはクリスマスが終わってから、春がくるまでの寒い時期を大騒ぎして吹き飛ばそうという祭りとなってしまっているからです。

私の住む州の州都は市町村としてはプロテスタントを採用しているのですが、カトリックの大司教座があるせいなのかカーニヴァルを盛大に祝います。たくさんのブラスバンドのグループが、それぞれの社会風刺をこらした仮装と山車を用意して、街を練り歩きます。参加者がカトリックなのかプロテスタントなのかはもはや関係ないようです。そして、大人も子供も楽しみます。中には、「一年間をカーニヴァルの準備のためだけに使う」と豪語する人すらいます。

昨日行った村は小さな村で、子供のための小さな行列がありました。それぞれ工夫を凝らした仮装で楽しむ子供たち。冬の風物詩です。

カーニヴァル
関連記事 (Category: 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内)
  0 trackback
Category : 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内

Comment

says...
日本で節分や七五三なんかをやるのとそんなに変わらないみたいですね
実は日本のほうが宗教的だったりするんじゃ…?

なんで肉食がカーニバルになるのかと不思議に思っていたんですが
そういうことだったんですね
リオのカーニバルを想像してもっとHな意味かと思ってました///
2015.02.02 08:37 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

日本だと、神道系のお祭り、仏教系のお祭り、それに騒ぐことだけ貰ってきた西欧のお祭りなど、いろいろありますよね。
ふつうの村祭りやお正月のお祭り、七五三や豆まきなども、日本は確かに宗教的意味合いがもうちょっと残っていますよね。

あ、そっちの肉食? たしかにあの半裸状態では、その方がイメージされるかも!
ヨーロッパでは、とても寒い時期なので、半裸にはなれません(笑)

コメントありがとうございました。
2015.02.02 19:24 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
2015.02.04 06:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/987-1638e6d4